MAS (魚雷艇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第一次世界大戦期のMAS艇、MAS-96
ガルドーネ・リヴィエーラVittoriale degli italiani蔵。

MASイタリア語:Motoscafo Armato SiluranteまたはMotoscafo Anti Sommergibile)は、イタリア海軍魚雷艇である。当初は、Motobarca Armata SVANアクロニムであった(SVANSocietà Veneta di Automobili Navaliの略)。

概要[編集]

概ね、20–30トンの船体を10名前後の乗員で運用し、魚雷2発と機銃で武装していた。

第一次世界大戦においては、信頼性の高い民間船から発達した多くの艇が、イタリア海軍によって使用され、オーストリア=ハンガリー帝国海軍に対抗したり対警戒に当たった。1918年6月10日MAS-15が、戦艦セント・イシュトヴァーンを撃沈したことが、最大級の戦果として知られている。

第一次大戦終結後も開発は続けられた。第二次世界大戦当時には速力45ノットに達し、1940年の時点で48隻の500級が就役し、1937年から1941年までの間に75隻が建造された。旧式のMASは、イタリア領東アフリカ等の脅威度の低い戦線へ配備された。

第二次世界大戦では、イギリス海軍の軽巡洋艦ケープタウンマッサワ沖で雷撃し損傷させたことや、黒海で浮上中あるいは停泊中のソ連赤色海軍の潜水艦数隻を撃沈したことがあり、またイギリス海軍の輸送船の阻止にも活躍している。

しかし、MASはアドリア海での活動には十分であったが、地中海で行動するには小さすぎると判断され、より大型の50 - 90トン級の魚雷艇によって置き換えられていった。その大型魚雷艇MSMoto Siluranti)は、ドイツで建造されたユーゴスラビアの魚雷艇を元にして建造された。このMSが、イギリス海軍の軽巡洋艦マンチェスターを撃沈している。

要目(第2次世界大戦時)[編集]

船体諸元[編集]

  • 全長18.7m
  • 全幅4.7m
  • 排水量29.4t
  • 最大速度43kt(80km/h)
  • 航続距離395km(最大速度時)
  • 機関出力2400馬力×2
  • 乗員13名

武装[編集]

  • 45cm魚雷×2
  • 20mm機関砲×1
  • 6.5mm機関銃×1

海外での使用[編集]

フィンランドの旗 フィンランド

1942年にラドガ湖に派遣された伊海軍第14戦隊所属の4隻を購入して使用。

日本の旗 日本

参考文献[編集]

『イタリア軍入門 1939~1945』吉川和篤、山野治夫著、ISBN4-87149-788-7、イカロス出版2006年