練習艦隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

練習艦隊(れんしゅうかんたい)とは、海軍(それに準じる組織を含む)の要員の訓練に特化した艦隊である。

多くの場合、下士官及び水兵の訓練は、術科学校を除いては教育隊や海兵団で行われるので、初任士官又は士官候補生の教育末期に行われる。乗船実習自体は、単艦でも行いうるが、戦術運動訓練、ハイライン訓練及び曳航被曳航訓練等の重要な訓練は2隻以上なければ実施できないため、小規模な艦隊を編成することが多い。

士官候補生の乗艦実習[編集]

イギリス海軍では艦長に縁故のある十代半ばの年少者を艦長従卒として乗組ませて教育を施してきた。1845年10月10日アメリカ海軍米海軍兵学校を開校したが、それでも当初は艦上での実地教育が主であった。イギリス海軍は19世紀から士官候補生を特定の練習艦に集めて教育を施したが、1903年に全ての海軍士官候補生をダートマス英海軍兵学校に集めて教育を施すことになった。

海軍兵学校在学中に乗艦実習を重ねて卒業後直ちに通常軍艦に配属する米・英海軍方式と異なり、日・仏海軍などは海軍兵学校(海上自衛隊幹部候補生学校含む)卒業前後に練習艦隊で実習しながら練習遠洋航海を実施する方式を採っている。練習遠洋航海では、外国を訪問することで、国際親善を深めると共に、初級海軍士官の国際的視野を深めることに資するという長所もある。外国港入港に際しては礼砲など須要の国際儀礼も行われている。

1890年(明治23年)に遭難したエルトゥールル号も、オスマン帝国皇帝アブデュルハミト2世から明治天皇に対する答礼使節であるとともに、1889年(明治22年)にオスマン帝国の海軍兵学校を卒業した初任少尉の大半を配置しており、練習遠洋航海としての面も有していた(単艦なので艦隊ではないが)。

なお、海上保安庁は小規模なため船隊編成を採らず、個船たる練習船を使用している。

日本海軍の練習艦隊[編集]

大日本帝国海軍では、海軍の発達にともなって教育機関としての海軍兵学校卒業者も増大し、明治36年(1903)より先任艦長を指揮官とする方式を改め、司令官を据えて遠洋航海を行うことした。また「金剛」・「比叡」に代えて「厳島」・「橋立」・「松島」の三艦をもって練習艦にあてることとなった。

上村彦之丞海軍少将(海兵4期)を司令官として1903年(明治36年)2月25日横須賀を出発し、東南アジア、オーストラリア、フィリピン、朝鮮を経て8月27日に帰国。(参照資料「少尉候補生実務練習の為練習艦隊(松嶋 厳島 橋立)編制遠洋航海の件付報告書」、防衛省防衛研究所所蔵海軍省公文備考類)。

海軍兵学校第33期卒業生のために、日露戦争終結してすぐの1905年(明治38年)12月19日に、島村速雄海軍少将(海兵7期)が司令官に任じられて練習艦隊が編成された。同艦隊は巡洋艦松島、橋立、厳島によって構成され、1906年(明治39年)2月15日に横須賀を出港し8月2日に帰港した。

時代により変遷があるが、海軍兵学校卒業後に、少尉候補生として練習艦隊に配属されて、実習を経た後に海軍少尉に任じられた。但し、戦時等には遠洋航海が実施されないこともあった。

1907年(明治40年)11月20日に兵学校を卒業した海兵35期生は遠洋航海最中の1908年(明治41年)4月30日未明に巡洋艦「松島」が爆沈して候補生33名が殉職する事故が起きた。

1940年(昭和15年)8月出発の練習艦隊(海兵68期・海機49期・海経28期出身者が乗組)には竣工したばかりの練習巡洋艦「香取」及び「鹿島」が用いられた。