伊地知彦次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
伊地知 彦次郎
Japanese Rear Admiral H. Ijichi, 1909.jpg
生誕 1860年1月6日
日本の旗 薩摩国
死没 1912年1月4日
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
軍歴 1883 - 1912
最終階級 OF-7 - Kaigun Chujo (collar).gif 海軍中将
テンプレートを表示

伊地知 彦次郎(いぢち ひこじろう、安政6年12月14日1860年1月6日 )- 明治45年(1912年1月4日は、日本海軍軍人。最終階級は海軍中将

経歴[編集]

薩摩藩士・伊地知季太の二男として生まれる。明治7年(1874年)10月、海軍兵学寮(7期)に入学。明治16年(1883年)に海軍少尉任官。「畝傍分隊長、「鳳翔」分隊長、参謀本部海軍部第2局員、横須賀鎮守府長官伝令使、フランス出張、イタリア公使館付、海軍大学校教官などを経て、日清戦争では「橋立」分隊長として出征した。

その後、「大島」分隊長、「武蔵」副長、呉水雷団水雷艇隊司令、軍令部第1局員、「富士」副長、「龍田艦長海軍省軍務局第2課長、第1駆逐隊司令、常備艦隊参謀長、「松島」艦長などを歴任。日露戦争では、連合艦隊旗艦三笠」艦長として従軍し、東城鉦太郎作の「三笠艦橋の図」にも描かれている(詳しくは東城鉦太郎を参照のこと)。

海軍教育本部第1部長などを経て、明治39年(1906年)11月、海軍少将に進級。兼教育本部第2部長、練習艦隊司令官、将官会議議員などを歴任し、明治43年(1910年)12月、海軍中将となった。馬公要港部司令官、将官会議議員を務め、現職で死去した。

親族[編集]

  • 現在、軍事雑誌『Jウィング』『J-SHIPS』等を発行しているイカロス出版の創業者であり同社の現会長である伊地知猛は、彦次郎の曾孫である。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 福川秀樹『日本海軍将官辞典』芙蓉書房出版、2000年。


先代:
玉利親賢
馬公要港部司令官
第8代:1910年12月1日 - 1911年12月1日
次代:
小泉鑅太郎