海軍機関学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
海軍記念館・旧機関学校大講堂(舞鶴総監部内)

海軍機関学校(かいぐんきかんがっこう)とは、日本海軍の機関科に属する士官を養成するために、1881年明治14年)- 1887年(明治20年)と1893年(明治26年)- 1945年昭和20年)に設置した軍学校である。旧海軍三校の一つ(他の二つは、海軍兵学校および海軍経理学校)。

概要[編集]

1930年頃の海軍機関学校

戦前、舞鶴といえば、海軍機関学校を意味した。

1874年横須賀海軍兵学寮分校が置かれる。1878年に海軍兵学校附属機関学校となる。1881年海軍機関学校となる。1887年(明治20年)に廃止される(機関学校第4期生は海軍兵学校に編入され、兵学校第16期生となる。井出謙治海軍大将がこのケースに該当する)。1893年(明治26年)に再置される。関東大震災によって校舎が罹災したため、1923年-1925年江田島の海軍兵学校内に移り同校生徒と共に教育を受ける。

1925年京都府舞鶴に移転する。1942年11月に、従来、将校を兵科と機関科とに区分していた将校制度が改正されて機関科将校が「将校」へ統合されたことに伴い、1944年10月に廃止され、新たに海軍兵学校舞鶴分校となる(兵機一系化)。但し、「機関学校」の名称は横須賀・大楠に既設の海軍工機学校が改正して継承された。舞鶴分校は1945年11月30日に廃校となる。

機関術・整備技術を中心に機械工学・科学技術(火薬・燃料の調合技術)・設計等メカニズムに関わるあらゆる事象の研究・教育を推進した。また、機関科将校の術科学校であり、投炭技能や造船技術の訓練を下士官に施していた工機学校が閉校していた大正3年ー昭和3年の間は、工機学校に代わる組織として「練習科」を併設した。なお従来の機関将校育成コースは「生徒科」と称した。

また、将来将校となるべき生徒以外にも、准士官及び下士官を選修学生として教育した。

歴代校長[編集]

第一次[編集]

  1. (心得)麻生武平 6等出仕:1880年11月26日 -
  2. (兼)仁礼景範 少将:1882年6月16日 -
  3. (兼)中牟田倉之助 中将:1882年10月8日 -
  4. 真木長義 中将:1885年6月29日 -
  5. (兼)有地品之允 少将:1886年6月17日 - 1887年7月15日廃止

第二次[編集]

  1. 吉田貞一 機関大監:1893年12月20日 - 1897年12月28日
  2. 湯地定監 機関総監:1897年12月28日 -
  3. 永嶺謙光 機関大監:1903年12月31日 -
  4. 山本安次郎 機関少将:1905年11月4日 - 1908年8月28日
  5. 永嶺謙光 機関少将:1908年8月28日 - 1910年12月1日
  6. 下條於兎丸 機関少将:1910年12月1日 - 1911年12月1日
  7. 市川清次郎 機関少将:1911年12月1日 - 1913年12月1日
  8. 武田秀雄 機関中将:1913年12月1日 - 1914年4月1日
  9. 賀茂厳雄 機関少将:1914年4月1日 - 1916年4月1日
  10. 木佐木幸輔 機関少将:1916年4月1日 - 1917年12月1日
  11. 船橋善弥 機関中将:1917年12月1日 -
  12. 平塚保 機関少将:1921年9月1日 -
  13. 池田岩三郎 機関少将:1923年5月25日 -
  14. 岡崎貞伍 機関中将:1924年7月25日 -
  15. 清水得一 少将:1925年4月15日 -
  16. 山下巍八郎 中将:1928年12月10日 - 1929年11月30日
  17. 黒田琢磨 中将:1929年11月30日 -
  18. 小野寺恕 少将:1931年12月1日 -
  19. 上田宗重 中将:1934年5月10日 -
  20. 兼田市郎 少将:1935年12月2日 -
  21. 平岡イワオ(石+嚴) 中将:1938年11月15日 -
  22. 鍋島茂明 中将:1941年11月20日 -
  23. 柳原博光 中将:1943年10月25日 - 1944年10月1日 ※海軍兵学校へ統合、舞鶴分校となる

主な卒業生[編集]

第一次[編集]

  • 旧2期 1883年7月10日卒
    • 中将:武田秀雄

第二次[編集]

  • 3期 1896年12月16日卒
    • 中将:池田岩三郎
  • 5期 1898年4月29日卒
    • 中将:清水得一 優等
    • 中将:水谷幸太郎
  • 7期 1900年4月23日卒
    • 中将:山下巍八郎
  • 10期 1902年4月26日卒
  • 11期 1903年4月27日卒
    • 中将:黒田琢磨 優等
  • 12期 1904年2月29日卒

参考文献[編集]

  • 豊田穣 『同期の桜』(光人社文庫、1994年) ISBN 4769820518
  • 豊田穣 『江田島教育』(新人物往来社、新版2000年) ISBN 4404004389
  • セシル・ブロック 『江田島-イギリス人教師が見た海軍兵学校』(西山真雄訳、銀河出版、1996年) ISBN 4906436749
  • 徳川宗英 『江田島海軍兵学校究極の人間教育』(講談社、2006年)
  • 太平洋戦争研究会編『海軍江田島教育』(新人物往来社、1996年、新版2003年) ISBN 4404024444 
  • 『江田島海軍兵学校 別冊歴史読本』(新人物往来社 2008年)
  • 『今こそ知りたい江田島海軍兵学校 世界に通用する日本人を育てたエリート教育の原点』
    平間洋一、市来俊男、雨倉孝之ほか4名 (新人物往来社 2009年)
  • 海軍教育本部 編『帝国海軍教育史』第1 - 9巻・別巻 (原書房:明治百年史叢書、1983年)
  • 真継不二夫 『海軍兵学校-江田島健児の記録』(朝日新聞社、1970年)
  • 『写真集海軍兵学校 江田島本校 岩国分校 大原分校 舞鶴分校 針尾分校』(秋元書房 1990年)