海軍兵学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

海軍兵学校(かいぐんへいがっこう)は、海軍の兵科将校を養成する機関のことである。

初級士官を養成する機関であり、4年程度の期間を要し、海軍将校として必要な各種の知識・技術・教養などを教育する。

海軍ならではの特徴として、艦船をもちいた長期の洋上実習が行われることが多い。ちなみに提督などの高級士官の養成機関として日本では海軍大学校があった。

日本[編集]

旧海軍兵学校校舎
現、海自幹部候補生学校

大日本帝国海軍兵学校広島県江田島に所在していた。 第二次世界大戦の敗戦により、閉校。

海上自衛隊における幹部養成は同地に設立された海上自衛隊幹部候補生学校が行っている。江田島の海軍兵学校跡地には、海上自衛隊幹部候補生学校並びに海上自衛隊第一術科学校がある。

幹部候補生学校においては、防衛大学校防衛医科大学校および一般大学の卒業生、航空学生、海上自衛隊の部隊から選抜された者、公募された幹部が海上自衛隊の幹部となるべく学んでおり、それぞれ数週間から1年程度の期間教育を受ける。

現在、同地では一般の見学も随時受け付けている。当時から残る一部の建物や記念品が展示されている教育参考館、大講堂、陸奥主砲や特殊潜航艇などを、自衛隊OBのガイドが同伴して1日3回実施される無料ツアーで見学できる。また、ツアーの後は食堂・売店の利用も可能である。

沿革[編集]

世界の主な海軍兵学校[編集]

アメリカ合衆国[編集]

アナポリスでの卒業式伝統の帽子投げ、2007年

合衆国海軍兵学校(United States Naval Academy): メリーランド州アナポリスに所在する。






イギリス[編集]

イギリス王立海軍兵学校

王立海軍兵学校(Britannia Royal Naval College): イングランドデヴォン州ダートマスに所在する。

ノルウェー[編集]

関連項目[編集]