空軍士官学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

空軍士官学校(くうぐんしかんがっこう)とは、空軍士官を養成するための学校である。士官は下士官と異なり、特別の権限・責務を有しているため、特にこれを教育するための学校として設けられている。

英語では「Air Force Academy」という。

日本の空軍士官学校[編集]

  1. 陸軍航空士官学校
  2. 航空自衛隊幹部候補生学校 - 1954年(昭和29年)9月山口県防府市に開校される。

第2次世界大戦後の航空自衛隊では「士官」に代わって「幹部自衛官」の語が用いられていることから、空軍士官学校に相当する学校を「幹部候補生学校」と呼称している(幹部学校は幹部候補生教育のための学校ではない。)。

日本以外の空軍士官学校[編集]

関連項目[編集]