原為一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
原 為一
TameichiHara.jpg
生誕 1900年10月16日
日本の旗 日本香川県
死没 1980年10月10日
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
軍歴 1922 - 1945
最終階級 海軍大佐
テンプレートを表示

原 為一(はら ためいち、1900年10月16日 - 1980年10月10日)は、日本海軍軍人。最終階級は海軍大佐

経歴[編集]

香川県出身。高松中学校を経て、1921年(大正10年)7月、海軍兵学校(49期)を卒業。翌年5月に海軍少尉任官。海軍水雷学校高等科を卒業し、駆逐艦秋風」「吹雪」「韓崎」の各水雷長、水雷学校教官などを経て、1933年(昭和8年)11月、海軍少佐に進級。駆逐艦「夕凪」「長月」「綾波艦長などを歴任し、太平洋戦争を駆逐艦「天津風」艦長として迎えた。

第27駆逐隊司令を経て、1943年(昭和18年)5月、海軍大佐となった。水雷学校教官、兼川棚警備隊司令を歴任し、1944年(昭和19年)12月、第二水雷戦隊旗艦軽巡洋艦矢矧」艦長に就任。1945年(昭和20年)4月6日、天一号作戦に参加し戦艦大和」及び第二水雷戦隊所属の駆逐艦8隻と共に沖縄へ出撃した。4月7日、坊ノ岬沖海戦アメリカ海軍第58機動部隊の空襲により矢矧は戦没したが、同艦座乗の第二水雷戦隊司令官古村啓蔵少将と共に生還した。その後は川棚突撃隊(震洋)司令を経て、第31突撃隊司令として終戦を迎え、同年11月、予備役に編入された。

著書[編集]

  • 『帝國海軍の最後 - 矢矧艦長の実戦記録』河出書房、1955年。
  • 『帝國海軍の最後』河出書房、1962年。

メディア[編集]

  • 「よみがえる戦争の記憶」(テレビ朝日 2009年6月14日)

参考文献[編集]