吹雪 (吹雪型駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
吹雪
Fubuki.jpg
経歴
運用者  大日本帝国海軍
建造所 舞鶴工作部
発注 大正12年度艦艇補充計画
起工 1926年6月19日
進水 1927年11月15日
就役 1928年8月10日
除籍 1942年11月15日
最後 1942年10月11日戦没
要目
種別 駆逐艦
クラス 吹雪型
排水量 基準:1,680t
公試:1,980t
全長 118.5メートル
全幅 10.36メートル
吃水 3.19メートル
機関 艦本式タービン2基2軸
艦本式ロ号専焼缶4基
出力 50,000馬力
速力 38.0ノット
航続距離 5,000/14ノット
乗員 219人
兵装 12.7cm50口径連装砲3基
7.7mm機銃2基
61cm三連装魚雷発射管3基9門 他
テンプレートを表示

吹雪(ふぶき)は、大日本帝国海軍の一等駆逐艦[1]。重武装(砲塔式12.7cm連装砲3基と61センチ3連装魚雷発射管を中心に配備し9本の予備魚雷も搭載した)で凌波性に優れた本型の出現は、当時の列強海軍に衝撃をあたえた。「吹雪」は特型駆逐艦ネームシップ[2]、同時に雪級の一番艦[3]。この名を持つ日本海軍の艦艇としては2隻目である(初代は春雨型駆逐艦の「吹雪」)。 本艦は1942年10月11日のサボ島沖海戦で沈没し、吹雪型は白雪型駆逐艦と改名された[4]。その後、初雪型駆逐艦として再登録された[5]

艦歴[編集]

舞鶴工作部1926年(大正15年)6月19日に起工、1927年(昭和2年)11月15日に進水、1928年(昭和3年)8月10日に竣工した[6]。建造中は「第三十五号駆逐艦」という名称で、竣工直前の昭和3年8月1日附で「吹雪」と改称された[1]。 吹雪型初期姉妹艦(吹雪、白雪初雪深雪)と共に第11駆逐隊を編制していた。 1930年(昭和5年)12月には南雲忠一大佐が同隊駆逐隊司令を務める[注釈 1]太平洋戦争開戦時までは、主に中国方面で活動した。

1931年(昭和6年)、「吹雪」は第11駆逐隊から除籍され、あらたに「吹雪、東雲磯波」の3隻で第20駆逐隊を編制することになった。 この間、「深雪」は昭和9年の事故(駆逐艦と衝突)によって沈没した[7]

1935年(昭和10年)9月26日の第四艦隊事件で吹雪型「初雪、夕霧」は艦首切断の損害を受ける。艦体強度が問題となり、「吹雪」も改装されている。 1936年(昭和11年)年末の編制変更により第20駆逐隊は除籍され、「吹雪」は第11駆逐隊、「東雲」は第12駆逐隊、「磯波」は第19駆逐隊にそれぞれ復帰した[8]。 1939年(昭和14年)11月、有賀幸作中佐が第11駆逐隊司令に着任[注釈 2]。「初雪」も第四艦隊事件の損傷を修理して第11駆逐隊に復帰した[9]。さらに第11駆逐隊は空母2隻(蒼龍飛龍)と共に第二航空戦隊を編制(司令官戸塚道太郎少将)[10][11]。1940年(昭和15年)8月下旬から9月中旬、「吹雪」はサイパンポナペトラック泊地等で開かれた演習に参加した[11][12]。この間、「飛龍、初雪、白雪」は北部仏印進駐に投入されている[13]。演習と仏印進駐作戦を終えた「吹雪、白雪、初雪」は連合艦隊期末演習に参加、第二水雷戦隊と共に仮想敵艦(飛龍、蒼龍)に対し雷撃訓練を実施した[11]

その後、「吹雪」は1940年(昭和15年)10月11日の紀元二千六百年記念行事に伴う紀元二千六百年特別観艦式に参加する。第11駆逐隊は第二列の17隻の最後尾(長門、陸奥、伊勢、摂津、凉風、江風、村雨、春雨、夕立、五月雨、漣、綾波、浦波、初雪、白雪、吹雪)に配置されていた[14]。 同年末の編制替えにより第11駆逐隊は第三水雷戦隊に編入され[15]、第二航空戦隊には第23駆逐隊(菊月夕月卯月)が編入された[16]。駆逐隊司令も有賀大佐から荘司喜一郎大佐(のち川内艦長)にかわった[17]

1941年(昭和16年)9月12日に内示された昭和17年度海軍戦時編制によれば、第11駆逐隊(吹雪、白雪、初雪)は最新鋭の翔鶴型航空母艦翔鶴瑞鶴)と第一航空戦隊を編制し[18]、それまでの一航戦(赤城加賀)は第五航空戦隊となる予定であった[19]。しかし太平洋戦争の勃発により、「吹雪」以下第11駆逐隊が同大戦で空母機動部隊に配属される事はなかった。

太平洋戦争緒戦[編集]

1941年(昭和16年)12月の太平洋戦争勃発時、「吹雪、白雪初雪」の3隻は引続き第11駆逐隊を編制[20]。荘司大佐が座乗する駆逐隊司令艦は「初雪」で、「吹雪」は駆逐隊3番艦であった。さらに第三水雷戦隊(司令官橋本信太郎少将:旗艦川内)に所属し、南方作戦に参加した。 開戦と同時にマレー半島上陸船団護衛、ボルネオ島攻略戦、クチン攻略作戦船団護衛等の諸任務に従事した。作戦任務中の12月17日、かつて「吹雪」の僚艦だった三水戦・第12駆逐隊所属「東雲」がオランダ軍飛行艇に空襲されて沈没、乗組員全員戦死[21]。12月24日、三水戦・第20駆逐隊所属「狭霧」がオランダ潜水艦「K XVI」に雷撃されて爆沈[22]。開戦1ヶ月もたたぬうちに第三水雷戦隊は吹雪型2隻を喪失した。

1942年(昭和17年)1月26-27日、「吹雪」はマレー半島南部東海岸で生起したエンドウ沖海戦に参加。当時の日本軍戦力は、輸送船2隻(関西丸、かんべら丸)を第三水雷戦隊「川内」、第20駆逐隊(朝霧、夕霧、天霧)、第11駆逐隊(初雪、白雪、吹雪)、および掃海艇・駆潜艇数隻である[23]。26日16時30分、イギリス東洋艦隊の残存艦であったオーストラリア海軍駆逐艦「ヴァンパイア」とイギリス海軍駆逐艦「サネット」は、米軍駆逐艦4隻が第四水雷戦隊(旗艦「那珂」)を翻弄し輸送船5隻を撃沈したバリクパパン沖海戦の再現を狙い、各艦の残魚雷は3本だったにもかかわらずシンガポールから出撃した[24]。 一方の日本軍は、前日より英軍機の波状空襲を受けていたが、陸軍の九七式戦闘機の援護や各艦の回避行動により、輸送船2隻が小破したにとどまった[23]。「吹雪」に対空戦闘による損傷はなかった[25]。だが英巡洋艦2隻出撃という航空隊からの通報で、第三水雷戦隊は対水上艦戦闘に備え警戒態勢をとる[24]。 27日夜戦では、まず午前4時10分に掃海艇4号が連合国軍2隻を発見して通報、続いて4時35分に「吹雪」が全軍に報告する[24]。「バンパイア」は「川内」に魚雷1本を発射したが命中しなかった[26]。これに対し「白雪」が探照灯を照射しつつ砲撃をおこない、「バンパイア」を撃退[27]。続いて「白雪、夕霧、掃海艇1号、川内、朝霧、吹雪、初雪、天霧」が「サネット」を砲撃し撃沈した[28]。「バンパイア」は煙幕を展開しつつ南方へ脱出したが、のちにセイロン沖海戦で南雲機動部隊により撃沈された[26]

本戦闘で「吹雪」は「サネット」に対し12.7cm主砲102発を発射、他艦も軒並み主砲70発前後を発射している[29]。三水戦の戦闘詳報では、撃破した敵艦(サネット)に拘りすぎて別の敵艦(ヴァンパイア)への攻撃が不徹底に終わった事、各艦が「サネット」に探照灯を重複照射したため他の敵艦(ヴァンパイア)が見えなくなった事、各艦が三水戦司令部(川内)の命令を待ちすぎて離脱する敵艦への追撃が遅れた点を指摘し、『遂に之ヲ逸シタルハ遺憾ナリ』と評価している[30]。日本艦隊の砲弾が探照灯照射中の「白雪」に集中し、橋本少将が射撃中止を命じる場面もあった[26]大本営発表では『二対二の駆逐艦戦』『第二には大東亞戦争勃発以来最初の軍艦と軍艦との戦ひ』として水上戦闘における初勝利を宣伝したが[31]、実際には軽巡1駆逐艦6と駆逐艦2の水上戦闘であった[26]。なお本海戦の以前に起きた水上艦同士の戦闘としては、1月12日夜、駆逐艦「山風」と第38号哨戒艇(旧椛型駆逐艦「蓬」)によるオランダ敷設艦「プリンス・ファン・オラニエ」の撃沈がある[32]

シンガポール方面掃蕩[編集]

2月上旬の時点で連合国軍はいまだ巡洋艦数隻を保持しており、馬来部隊指揮官小沢治三郎中将は対水上艦戦闘を想定して第二護衛隊の軽巡「由良」を主隊に編入、練習巡洋艦「香椎」を第二護衛隊に編入した[33]。2月9日、第一護衛隊(川内、初雪、白雪、吹雪、朝霧)は輸送船団8隻を護衛してベトナムカムラン湾を出撃[33]。 2月12日、主隊(重巡「鳥海」、第七戦隊《熊野、鈴谷、三隈、最上》、由良、第19駆逐隊《綾波、磯波》、第12駆逐隊《白雲》)、第三航空部隊(空母「龍驤」、駆逐艦敷波)は第一護衛隊と合流した[33]。小沢中将は連合国軍のシンガポール方面からの脱出が盛んな事を受けて、敵脱出部隊の補足撃滅を下令[33]。ここで「由良」が第三水雷戦隊の指揮下に入り、「吹雪」以下各艦はシンガポール方面で通商破壊作戦を行う[34]。さらにスマトラ島バンカ島間のバンカ海峡およびムントク泊地にむかう輸送船団の護衛もおこなった[35]。 13日[36]、 14日[37]、 15日[38]、16日[39]と活動した。一連の作戦中、「吹雪」が挙げた戦果は以下の通り[40]

  • 2月13日1404:吹雪、朝霧|英特設敷設艦|撃沈
  • 2月14日
0046:吹雪、朝霧|英特設砲艦1|撃沈
1815:由良、吹雪、朝霧|英特設砲艦(1,000頓級)|第一護衛隊の後方約20浬航行中の陸軍海上トラック部隊を襲撃され1隻炎上放棄、由良・吹雪・朝霧が救援し英艦を撃沈[33]
  • 2月15日
0820:吹雪|英特設敷設艦|擱坐自爆
1715:吹雪|駆潜艇|擱座
0940:吹雪|英高速艇|捕獲
0940:吹雪|英高速艇|捕獲(二隻合同セルモノヲ捕獲)
0945:吹雪、川内|英油槽船RELAU|拿捕

18日、「由良」及び第11駆逐隊はジャワ作戦準備のためアナンバス諸島へ向かい[41]、同時に三水戦の指揮下を離れた[42]

バタビア沖海戦[編集]

2月18日、今村均陸軍中将率いる陸軍第16軍は、西部ジャワ島攻略(蘭印作戦)のため輸送船56隻に分乗しカムラン湾を出撃する[43]。第五水雷戦隊司令官(司令官原顕三郎少将:旗艦「名取」)指揮の第三護衛隊が船団を護衛しており、原司令官は附近で行動中の第七戦隊(最上型重巡洋艦4隻)や第四航空戦隊(司令官角田覚治少将:空母「龍驤」)等に掩護を要請していた[44]。 21日、「由良」、第11駆逐隊(初雪、白雪、吹雪)、第12駆逐隊等は第五水雷戦隊(第三護衛部隊)と合流する[45][46]。「吹雪」は同部隊に編入され、五水戦司令官の指揮下に入った[47]。 24日、特設水上機母艦神川丸」水上偵察機が潜水艦を発見、駆逐艦「春風」と「吹雪」は協同で爆雷攻撃を行った[48][49]。 27日、第7戦隊「熊野」の水上偵察機が「巡洋艦3隻(1隻は戦艦可能性)を含む連合軍艦隊が輸送船団に接近中」と報告[50]、原司令官は輸送船団を反転させると同時に、分散していた軽巡洋艦「由良」、第11駆逐隊、第12駆逐隊に集結を命じた[51]。そして陸軍上陸日の調整を行いつつ、「吹雪」を含めた五水戦・第七戦隊戦力をもって連合軍艦隊を撃破する意向を示した[52]。 ところが先任の栗田健男第七戦隊司令官は水上戦闘を回避する意向であり、「熊野」(栗田)と「名取」(原)との間で盛んに信号のやりとりがあった[53]。結局、両者の応酬をみかねた連合艦隊司令部が仲裁に入り、栗田を統一指揮官にして事態の打開をはかった[53]。2月28日、原少将は「由良」に三水戦への復帰を命じ、駆逐艦「松風」には第四航空戦隊の護衛を下令した[53]

その頃、カレル・ドールマン少将率いるABDA連合軍艦隊と日本海軍・第五戦隊、第二水雷戦隊、第四水雷戦隊の間でスラバヤ沖海戦が生起する。同海戦第一次昼戦・第二次昼戦・第一夜戦・第二夜戦(2月27日-28日)で連合軍艦隊はドールマン少将戦死、巡洋艦「デ・ロイテル」、「ジャワ」沈没という被害を受けたが、米海軍重巡洋艦「ヒューストン」、オーストラリア海軍軽巡洋艦「パース」は離脱に成功する[54]。28日正午、両艦は無傷のままバダビアに到着、スンダ海峡を通過して脱出を試みようとしていた[55]。同日朝、五水戦及び輸送船団もジャワ島西端のメラク湾・バンダム湾に入泊し上陸を開始[56]。「吹雪、春風」は監視艇1隻を砲撃して擱座させた[57]。 「松風」は四航戦護衛のため分離しつつあった[58]。また「三隈」から「敵艦隊接近中」との偵察結果を受け、第三護衛隊(原司令官)は第七戦隊第2小隊に船団護衛を命じた[59]

3月1日のバタビヤ沖海戦で、「吹雪」は第五水雷戦隊や第七戦隊第2小隊(三隈最上)・第19駆逐隊「敷波」と共同し、連合軍艦隊残存艦(重巡洋艦 ヒューストン、軽巡洋艦 パース)の撃沈に貢献した[60]。経過は以下のとおり。

3月1日(月齢14)日付変更直後、哨戒のためバビ島を右舷に見ながら単艦で行動していた「吹雪」は、バビ島右側北方から航行してきた「ヒューストン」、「パース」を発見し、味方に通報する[61][62]。さらに連合軍巡洋艦2隻を約25分にわたって追跡、最終的に距離2500mで魚雷9本を発射して2本命中を報告した[63][62]。 実際には命中していなかったが、戦闘詳報では「吹雪」の初撃を高く評価している[64]。このあと巡洋艦2隻は「吹雪」を砲撃したため、「吹雪」は煙幕を展開して敵艦との距離をとった[65]。 午前1時40分、「吹雪」は「初雪、白雪」と合流、午前2時頃には「名取」、第11駆逐隊(白雪、初雪、吹雪)、第12駆逐隊(白雲、叢雲)、第5駆逐隊(春風、旗風、朝風)の単縦陣となった[66]。 砲撃雷撃が集中した「ヒューストン」(2時6分)及び「パース」(1時42分)は相次いで沈没[66]。その後の3時30分、「初雪、吹雪」は5000トン級タンカーに対し砲撃を行い、撃沈を報告した[67]。同日21時35分、「初雪、吹雪」は英軍駆逐艦1隻を撃沈、掃海艇1隻を擱座させたと報告した[68]

なお本海戦では誤射が頻発、特に日本艦隊が発射した魚雷(0時44分吹雪、1時13分朝風、1時13-14分名取・初雪・白雪、1時19分三隈、1時26分春風、1時27分最上、1時28分旗風、1時30分白雲・叢雲、1時59分敷波)[66]は友軍に大きな被害をもたらした。旧来の史料や一部のアメリカ側文献では、日本軍輸送船の沈没・損傷を米軍魚雷艇の襲撃によるもの[69]、あるいは連合国軍巡洋艦2隻の戦果としたり[70]、海戦序盤00時44分に「吹雪」が発射した9本の魚雷が被害を与えたとする[71]。しかし日本海軍が被雷時刻と射線を検討した結果、第七戦隊「最上」が発射した魚雷と判明した[69]。海戦を通じ、今村陸軍中将が座乗する揚陸艦神州丸」、病院船「蓬莱丸」、輸送船「龍野丸」、「佐倉丸」、「第二号掃海艇」が沈没もしくは大破着底[72]。日本陸軍(今村中将)は『損傷輸送船団ハ砲弾ノ外高速魚雷艇ノ攻撃ニ依ルモノノ如シ』として日本海軍の不手際を不問にしている[69][73]

3月4日、第11駆逐隊(初雪、白雪、吹雪)は第三護衛部隊の指揮下を離れ[74]、シンガポール(昭南)へ向かった[75]。 3月10日、第三水雷戦隊の編制が代わり、「東雲」を喪失して「白雲、叢雲」の2隻編制になっていた第12駆逐隊が廃止される[76]。「狭霧」を喪失して3隻体制になっていた第20駆逐隊に「白雲」が加入、「叢雲」は第11駆逐隊に編入され、開戦時以来吹雪型3隻体制だった第11駆逐隊は4隻に増強される[77]。第11駆逐隊は、第1小隊1番艦「初雪(駆逐隊司令艦)」、2番艦「白雪」、第2小隊3番艦「吹雪」、4番艦「叢雲」であった[78]

その後、北部スマトラ掃蕩作戦、アンダマン攻略作戦に参加。4月上旬、ベンガル湾機動戦に参加。この作戦の「川内」、第11駆逐隊、第19駆逐隊第1小隊は警戒隊に編入され、主隊(鳥海、由良、龍驤、第七戦隊、第20駆逐隊)の行動には加わらなかった[79]。本作戦を最後に、各隊はに帰投した。

6月上旬のミッドウェー海戦で、第三水雷戦隊(川内、第11駆逐隊《吹雪、白雪、初雪、叢雲》、第19駆逐隊《磯波、浦波、敷波、綾波》、第20駆逐隊《天霧、朝霧、夕霧、白雲》)および第24駆逐隊(江風、海風)、第27駆逐隊(時雨、白露、夕暮)は主力部隊(山本五十六連合艦隊司令長官:戦艦《大和長門陸奥》、高須四郎中将:《扶桑山城伊勢日向》、空母鳳翔等)を護衛した[80][81]。 7月中旬、日本海軍はインド洋方面通商破壊作戦「B作戦」を発動[82]。同作戦参加戦力は第七戦隊(司令官西村祥治少将:巡洋艦熊野鈴谷)、第三水雷戦隊(川内、第11駆逐隊、第19駆逐隊、第20駆逐隊)、第二水雷戦隊(第2駆逐隊《村雨、五月雨、夕立、春雨》、第15駆逐隊《黒潮、親潮、早潮》)によって構成され、マレー半島西岸メルギーen:Myeik, Burma)に集結する[82]。8月8日、ガダルカナル島の戦いが始まった事により作戦は中止され、各隊・各艦はダバオを経由してトラック泊地やソロモン諸島へ向かった[82]

ガダルカナル島の戦い[編集]

8月7日以降のガダルカナル島の戦いに於いては、ガダルカナル島ヘンダーソン飛行場が重要な役目を果たした。第二次ソロモン海戦では、同飛行場から発進した米軍機によって第二水雷戦隊が護衛していた日本軍輸送船団が撃退され(駆逐艦睦月、輸送船金龍丸沈没、軽巡神通中破)、制空権なき海域での輸送船団突入は成功の見込みがなくなっていた。そこで高速の駆逐艦に物資を搭載しての揚陸作戦、通称『鼠輸送』が始まる。水雷戦隊の中核として建造された艦隊型駆逐艦にとって想定外の任務であり、乗組員の疲労に加え、空襲や米軍水上艦艇との戦闘で急速に消耗していった。記録によれば、「吹雪」は以下の輸送作戦に参加した。

9月2日  第11駆逐隊(吹雪、白雪)、天霧:飛行場砲撃[83]
9月5日  吹雪、白雪、天霧、陽炎夕霧:陸兵231名、弾薬、糧食揚陸[84]
9月8日  軽巡川内、19駆(2小隊缺)、11駆(吹雪、白雪)、陽炎、天霧、夕暮:米艦隊と交戦[85]
9月12日 川内、敷波、吹雪、凉風:ルンガ泊地に夜間砲撃[86]
9月14日 吹雪、凉風、7駆():ガ島砲撃、陸兵600名、糧食、弾薬[87]
9月16日 潮、吹雪、凉風:大発動艇2隻を曳航して揚陸[88]
10月1日 11駆(白雪、叢雲、吹雪、初雪/舵故障で引き返す):陸軍青葉支隊司令部80名、糧食等揚陸[89]
10月4日 時雨、11駆(吹雪、初雪、叢雲)、綾波:陸兵700、糧食等揚陸[90]
10月7日 時雨、11駆(吹雪、白雪、叢雲)、綾波:陸兵473、大隊砲4、曲射砲2、弾薬等揚陸[91]

サボ島沖海戦[編集]

1942年(昭和17年)10月11日12時、第11駆逐隊第2小隊「吹雪、初雪」は、第六戦隊(司令官五藤存知少将)の重巡洋艦3隻(青葉古鷹衣笠)とともにブーゲンビル島ショートランド泊地を出撃し、ガダルカナル島ヘンダーソン飛行場砲撃に向かった[92][93]。 同日、連合艦隊司令長官山本五十六大将の下令によって第三戦隊(司令官栗田健男中将)の金剛型戦艦2隻(金剛榛名)及び護衛部隊(第二水雷戦隊)による『第二次挺身隊』がヘンダーソン基地艦砲射撃を行うべくトラック泊地を出撃しており、第六戦隊は『第二次挺身隊』に先駆けてルンガ泊地に突入し飛行場砲撃を行うよう命令されていた[94]。 第六戦隊司令部は、従来の輸送任務で米艦隊の反撃が限定的だったこと、11日昼間の航空偵察で敵艦影を見なかったこと、3時間前にガダルカナル島に到着した輸送部隊(指揮官城島高次少将:水上機母艦2隻《日進千歳》、護衛艦《秋月綾波白雪叢雲朝雲夏雲》)が反撃なく揚陸に成功したことから、『敵の大兵力水上部隊を以てする反撃等は無い』と判断して『特に警戒を厳に為しありき』という状態だった[95]。だが日本海軍の行動を察知していた米軍は、ガダルカナル島への増援部隊(陸兵約3000名)輸送船団からノーマン・スコット少将率いる重巡洋艦2隻、軽巡洋艦2隻、駆逐艦5隻の艦隊を護衛任務から引き抜き、アイアンボトム・サウンドに派遣して待ち構えていた[96]

16時以降、第六戦隊は速力30ノットで突進、旗艦「青葉」の左前方3000mに「初雪」、右前方を「吹雪」が航行し、「青葉」、「古鷹」、「衣笠」が単縦陣になっていた[97]。先行した日進輸送部隊(城島少将)からガダルカナル島揚陸成功の報告もあり、第六戦隊は飛行場砲撃を決意[98][99]スコールから出たところ、21時43分にサボ島方向(第六戦隊より左前方)に艦影を認め、これを敵艦隊なのか城島輸送隊なのか六戦隊司令部が迷っている間に、艦影(米艦隊)は砲撃を開始[100]。 偶然にも米艦隊は第六戦隊に対し丁字戦法で迎撃する格好になっていた[96]。初弾が「青葉」の艦橋に命中して五藤司令官に致命傷を与えた他、通信装置を破壊してしまう[101]。「青葉」は面舵をとって右に変針すると煙幕を展開、U字を描くような運動で戦場から離脱した[102]。「古鷹」は取舵をとって左旋回を開始したところ、「青葉」の面舵変針と被弾炎上を確認するや取舵を戻し、右に反転して「青葉」を追った[103]。これにより煙幕を展開した「青葉」と米艦隊の間に割り込んだ格好となった「古鷹」は集中砲撃を浴び、酸素魚雷に誘爆して航行不能となった(後に沈没)。「衣笠」と「初雪」のみ左旋回運動を行いつつ米艦隊に砲撃を行い、巡洋艦「ボイシ」、「ソルトレイクシティ―」に損害を与えて戦場を離脱した。その間、「吹雪」は「青葉」に同航して右旋回を行うが、重巡洋艦「サンフランシスコ」以下の集中砲撃を浴びて撃沈された。第六戦隊戦闘詳報では「吹雪」の沈没情況を以下のように報告している[104]

吹雪ハ2158青葉ノ左140度500米ヲ同航中ナリシモ火災ヲ惹起シ2213大火災トナリ、尓後爆発ノ音響ヲ聞キ間モナク沈没スルヲ認メタルモノアリ

外南洋部隊支援隊戦闘詳報第二號、第二次ツラギ夜戦(サボ島夜戦)第六戦隊司令部

山下駆逐艦長以下220名が戦死、生存者は僅か8名であった[105]。この後、「古鷹」救援に向かった輸送隊の「夏雲、叢雲」が米軍機の空襲で沈没している[106]。第六戦隊は「巡洋艦2隻、駆逐艦1隻撃沈、巡洋艦1隻大破」という戦果を報告したが[107]、実際の損害は駆逐艦「ダンカン」沈没、巡洋艦「ボイシ」大破、巡洋艦「ソルトレイクシティー」小破、駆逐艦「ファレンホルト」大破というものだった。日本軍の輸送作戦そのものは成功し、「日進、千歳」以下輸送隊等はラッセル諸島西側を通過して戦場を離脱、軽巡「川内、由良」等と合流して帰投した[108]。また損害を被った米艦隊もルンガ沖から避退し、その間隙をついて10月13日には第三戦隊(金剛、榛名)の、10月15日には重巡「鳥海、衣笠」によるヘンダーソン基地艦砲射撃が実施されている[109]

10月16日、軽巡洋艦戦隊(川内由良龍田)と第四水雷戦隊(旗艦秋月)、同水雷戦隊第1小隊:第9駆逐隊(朝雲)・第6駆逐隊()、第2小隊:第2駆逐隊(村雨夕立春雨五月雨)、第3小隊:第19駆逐隊(浦波、敷波、綾波)、第4小隊:第27駆逐隊(有明白露、時雨)によるガダルカナル島輸送作戦(陸兵2159名、野砲6門、速射砲12門、軍需物資)が行われることになった[110]。17日夜、軽巡戦隊はガ島エスペランス岬にて、水雷戦隊はタサファロング岬にて揚陸に成功。この時ガダルカナル島から輸送艦隊に収容された231名の中に、駆逐艦「吹雪」航海長が含まれていた[111]

11月15日、サボ島沖海戦で沈没した「夏雲、叢雲」と共に「吹雪」は除籍された[112]。また同日附で『吹雪型駆逐艦』は『白雪型駆逐艦』と改定された[4]。だが「吹雪」にかわってネームシップとなった姉妹艦「白雪」も翌年3月3日ビスマルク海海戦で駆逐艦「時津風朝潮荒潮」と共に沈没、白雪型は『初雪型駆逐艦』と改められた[5]

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』262-263頁による。

艤装員長[編集]

  1. 横山徳治郎 中佐:1928年2月1日 -

艦長[編集]

  1. 横山徳治郎 中佐:1928年7月10日 - 1928年12月10日
  2. 石戸勇三 中佐:1928年12月10日 - 1929年11月30日
  3. 樋口通達 中佐:1929年11月30日[113] - 1931年10月31日[114]
  4. 佐藤慶蔵 中佐:1931年10月31日[114] -
  5. 大藤正直 中佐:不詳 - 1932年12月1日[115]
  6. 直塚八郎 中佐:1932年12月1日 - 1933年11月15日
  7. 平井泰次 少佐:1933年11月15日 - 1935年10月15日
  8. (兼)佐藤寅治郎 中佐:1935年10月15日 - 11月9日[116]
  9. 植田弘之介 中佐:1935年11月9日 - 1936年11月16日[117]
  10. 香川清登 少佐:1936年11月16日 -
  11. 藤田友造 少佐:1937年11月15日 -
  12. 山田鉄夫 少佐:1938年2月4日 -
  13. (兼)折田常雄 少佐:1938年11月15日 -
  14. 脇田喜一郎 中佐:1938年12月15日 -
  15. 奥山鎮雄 少佐:1939年10月10日 -
  16. 山下鎮雄 少佐:1940年10月15日 - 1942年10月11日戦死

注釈[編集]

  1. ^ 後に戦艦山城艦長、第三戦隊司令官(金剛榛名霧島で編制)、南雲機動部隊司令長官。
  2. ^ 後に第4駆逐隊司令《萩風野分舞風》としてミッドウェー海戦に参加し赤城雷撃処分。戦死時大和艦長。

脚注[編集]

  1. ^ a b #達昭和3年6月pp7-8『達第八十號 驅逐艦及掃海艇中左ノ通改名ス 本達ハ昭和三年八月一日ヨリ之ヲ施行ス|昭和三年六月二十日 海軍大臣岡田啓介|(略)第三十五號驅逐艦 ヲ 驅逐艦 吹雪(フブキ)トス』
  2. ^ #艦艇類別等級表(1941年12月31日)p.3『艦艇類別等級表|驅逐艦|一等|吹雪型|吹雪、白雪、初雪、叢雲、東雲、薄雲、白雲、磯波、浦波、綾波、敷波、天霧、狭霧、夕霧、朧、曙、漣、潮、暁、響、雷、電、朝霧』(深雪は除籍済)
  3. ^ #日本軍艦集2600年版p.44『一等驅逐艦 吹雪(ふぶき) 基準排水量1,700頓、長さ113,2米、幅10,3米、平均吃水2,97米、速力34節、備砲12.7糎砲6門、魚雷発射管9門、起工大正15年6月9日、進水昭和2年11月15日、竣工昭和3年8月10日、建造所舞鶴海軍工廠―特型驅逐艦。雪級には、このほかに白雪、初雪の二隻がある。』
  4. ^ a b #内令昭和17年11月(4)p.24『内令第二千百十五號 艦艇類別等級別表中左ノ通改正ス 昭和十七年十一月十五日海軍大臣嶋田繁太郎|驅逐艦、一等ノ部中「吹雪型」ヲ「白雪型」ニ改メ同項中「、吹雪」「、叢雲」「、朧」ヲ、同朝潮型ノ項中「、夏雲」ヲ削ル』
  5. ^ a b #内令昭和18年4月(1)p.20『内令第五百六十八號 艦艇類別等級別表中左ノ通改正ス 昭和十八年四月一日 海軍大臣嶋田繁太郎|驅逐艦、一等ノ部中「白雪型」ヲ「初雪型」ニ改メ同項中「白雪、」ヲ、同白露型ノ項中「、村雨」ヲ削リ同「朝潮型」ヲ「満潮型」ニメ同項中「、朝潮、大潮」「、「荒潮」「、峯雲」ヲ、同陽炎型ノ項中「時津風、」ヲ削ル(以下略)』
  6. ^ #艦船要目公表範囲(1937年12月1日)p.4『吹雪|一等駆逐艦|(艦要目略)|舞鶴工作部|大正15-6-19|昭和2-11-15|昭和3-8-10|(艦装備略)』
  7. ^ #ポケット海軍年鑑(1935)p.49『一等驅逐艦"白雪しらゆき" "初雪はつゆき" "吹雪ふぶき"(要目略)驅逐艦と云ふものは同型艦が3隻又は4隻で1個の驅逐隊を編成してゐる。そして艦の艦首附近両側にその驅逐隊の番號を白く現はしてゐる。こゝに竝んだ3隻が各11の數字を入れてゐるのがそれで、即ちこれは第十一驅逐隊に属する諸艦である。この驅逐隊はその中の一艦を司令驅逐艦に定めそれには通例大佐級の人が司令として座乗する。右端初雪の檣頭に翻へってゐるのがその司令驅逐艦たることを示す司令旗である。この3隻は友に1,700頓級の特型驅逐艦で浦波と同一威力を誇る我が海軍の驅逐艦中の新鋭である。この雪級(ユキクラス)でもう1隻"深雪みゆき"があつたが昭和9年艦隊に属して訓練中不慮の災厄により夭折したのは返へす返へすも残念であつた。』
  8. ^ #内令提要編制(1936年12月1日)pp.5-6『驅逐隊編制 昭和十一年十二月一日 内令第四百七十一號』
  9. ^ #波濤と流雲と青春と140頁
  10. ^ #第11駆逐隊支那事変第8回功績p.1『自15.4.29至15.9.15|聯合艦隊第二艦隊第二航空戦隊ニ属シ諸訓練ニ従事スルト共ニ事変内地待機…』
  11. ^ a b c #波濤と流雲と青春と141頁
  12. ^ #第11駆逐隊支那事変第8回功績p.2『吹雪|勲功丙|自15.8.23至9.18|横須賀発サイパンニ回航/サイパン、ポナペ、トラック等南洋諸島ニ在リテ第一特別演習ニ参加、諸訓練ニ従事ス』
  13. ^ #S1509対仏印武力行使に関する諸情況(鳥海)p.2『(二)我兵力(友軍ヲ含ム)及友軍ノ状況|(略)|2sf|(司令官)飛龍、11dg(吹雪欠)|fo×9 fb×18 fc×18』
  14. ^ #紀元二千六百年特別観艦式・第三章p.1『…第2列ニハ戦艦長門・陸奥・伊勢・山城外特務艦摂津、駆逐艦凉風・江風・村雨・春雨・夕立・五月雨・漣・綾波・浦波・初雪・白雪・吹雪ノ十七隻整列シ…』
  15. ^ #第11駆逐隊支那事変第9回功績p.2『聯合艦隊第一艦隊第三水雷戦隊ニ属シ諸訓練ニ従事スルト共ニ事変内地待機…』
  16. ^ #第23駆逐隊支那事変第9回功績p.1『参考事項|昭和15年11月15日第二航空戦隊ニ編入セラル』
  17. ^ #第11駆逐隊支那事変第10回功績p.2
  18. ^ #昭和17年度帝国海軍戦時編制・駆逐隊他p.1『呉|第十一驅逐隊|吹雪、白雪、初雪|(戦時編制ニ依ル所属)第一航空戦隊』
  19. ^ #昭和17年度帝国海軍戦時編制p.5『艦隊|第一航空艦隊|第一航空戦隊/翔鶴、瑞鶴、第十一驅逐隊|第二航空戦隊/蒼龍・飛龍・第十二驅逐隊|第四航空戦隊/龍驤、《飛鷹》、《隼鷹》、第三驅逐隊|第五航空戦隊/赤城、加賀、第五十一驅逐隊|第六航空戦隊/《第三十一驅逐隊》/特設航空母艦三』
  20. ^ #巻1追録/第2類編制(1941年12月30日)p.1
  21. ^ #S1612三水戦日誌(1)p.22-23『18日0150第二護衛隊指揮官→南遣艦隊司令長官/當隊機密第113番電ニ依ル報告以後ノ東雲捜索ノ結果遂ニ艦影ヲ認メズ。「バラム」灯台ノ7度11.5浬附近ニ広範囲ニ亙リ重油352度14浬及22度15浬ニ空樽ノ浮流セル等其ノ他ノ情況ヨリ推シテ東雲ノ遭難ハ確実ナリ』-p.53『12月17日(略)二.東雲0850バラム灯台ノ7度11.5浬ニテ敵機ト交戦沈没ス、乗員艦長以下227名戦死』
  22. ^ #S1612三水戦日誌(1)p.35『25日0330第二護衛隊指揮官→南遣艦隊司令長官/戦闘概報第五号其ノ三|一.狭霧及所定ノ哨区ニ在リテ「ク」泊地対空対潜移動警戒中2045シパング岬354度27粁ニ於テ敵潜水艦ノ雷撃ヲ受ケ爆雷ニ誘爆火災引続キ爆薬庫三番聯管予備魚雷爆発2100沈没セリ|二.護衛隊ハ第三号掃海艇及白雲短艇ヲ以テ狭霧乗員救助ニ當ラシム(以下略)』-p.55『12月24日(略)二.狭霧2100シパング岬ノ354°27kニテ哨戒中敵潜ノ雷撃ニ依リ沈没(イ)生存者艦長以下119名内重傷5名(ロ)戦死者121名』
  23. ^ a b #撃沈戦記106-107頁
  24. ^ a b c #撃沈戦記108-109頁
  25. ^ #S1701三水戦日誌(2)p.18『(一)「エンダウ」泊地敵機来襲情況 延機数約46 消耗弾薬内譯/吹雪:主砲23発、機銃240発、小銃0』
  26. ^ a b c d #撃沈戦記110-112頁
  27. ^ #S1701三水戦日誌(2)p.14『0501白雪敵ト交戦敵1番艦ヲ照射砲撃 直撃弾数発ヲ得。敵一番艦煙幕ヲ展開ス|0505白雪敵2番艦ニ射撃目標変換』
  28. ^ #S1701三水戦日誌(2)p.15『0508夕霧敵2番艦ニ対シ砲撃開始|0515掃一敵2番艦ニ対シ砲撃開始|0519川内吹雪朝霧敵2番艦ニ対シ砲撃開始|0525敵2番艦ハ航行不能トナリ1番艦ハ煙幕裡ヲ120度方向ニ遁走ス|0527十一駆ヲシテ敵2番艦ノ撃滅ニ當ラシメ20駆ヲシテ1番艦ヲ追撃セシム|0545初雪天霧敵2番艦ニ対シ砲撃開始、射線方向ニ味方アル為天霧ハ間モナク射撃ヲ止ム|0545遂ニ敵1番艦ヲ捕捉シ得ズ之ヲ逸ス』
  29. ^ #S1701三三水戦日誌(2)p.19『吹雪:射撃目標サネット、平均射距離8000m、消耗弾薬数12.7cm102発|記事(イ)射線方向ニ味方アルタメ射速発揮不能其ノ為錯綜弾多カラズ』
  30. ^ #S1701三水戦日誌(2)p.39『(ハ)攻撃ハ敵先頭艦ニ集中シ且徒ニ敵残艦ニ捉ハルルコトナク機失セズ他ノ有力艦ヲ追撃セザルベカラズ、而シテ之ガ追撃ハ徹底的ナルヲ要ス(後略)』
  31. ^ #大東亜戦争記録画報前編p.21『エンダウ沖で同等勢力で決戦サネツト號撃沈ヴアンパイヤ撃退』
  32. ^ #戦史叢書26海軍進攻作戦154頁『敵敷設艦を撃沈』
  33. ^ a b c d e #戦史叢書26海軍進攻作戦294-298頁
  34. ^ #S1702三水戦日誌(1)p.27『2月12日 一.由良指揮下ニ入ル』
  35. ^ #戦史叢書26海軍進攻作戦299頁『バンカ海峡泊地警戒図及びバレンバン遡江行動要図』
  36. ^ #S1702三水戦日誌(1)p.28『13日 一.川内、由良、11dg、朝霧「バンカ」北方海域制圧 二.川内水偵前路索敵 三.敵艦船撃沈破(イ)撃沈:英中型商船1(初雪、白雪)、英特設敷設艦1(吹雪朝霧)、特設巡洋艦1(川内由良)|(ロ)小破:小型商船(川内水偵)(後略)』
  37. ^ #S1702三水戦日誌(1)p.28『2月14日(一.川内、1D/11dgハ先遣輸送船団ト合同0°-5S 105°-10E)一.敵艦船撃沈:英特設砲艦1(吹雪朝霧)、英特設砲艦1(由良吹雪朝霧)|二.川内、1D/11dgハ輸送船団護衛、由良朝霧「ベルハラ」水道東口哨戒|三.敵機延24機来襲我ニ被害ナシ(後略)』
  38. ^ #S1702三水戦日誌(1)p.29『2月15日(略)三.敵艦船撃沈拿捕(イ)撃沈:英魚雷艇1(1wg)、英魚雷艇1(白雪)、英雑役船1(由良朝霧)|(ロ)擱坐:英特設敷設艦1(吹雪)、駆潜艇(吹雪)|(ハ)拿捕 小型商船1(白雪) 武装商船1(白雪ck)、英大型内火艇(w1)|四.敵機延19機ノ空襲アリ(後略)』
  39. ^ #S1702三水戦日誌(1)p.30『2月16日(略)三.敵艦艇撃沈捕獲 (イ)撃沈:魚雷艇1(ch5)、英哨戒艇1(川内)、英駆潜艇1(初雪)|(ロ)捕獲拿捕:英監視艇DYAMAS(川内)、英高速艇2(吹雪)、英油槽船RELAV(川内吹雪)、英監視艇1(11dg)、英砲艦(由良朝霧)|(ハ)航行不能武装解除:哨戒艇1(w5)(略)七.敵機延10機来襲但馬丸ノ外被害ナシ』
  40. ^ #S1702三水戦日誌(2)pp.25-27『(一)ム作戦中撃沈拿捕(捕獲)船舶一覧表』
  41. ^ a b #戦史叢書26海軍進攻作戦310-311頁『16日以後の水上部隊の作戦』
  42. ^ #S1702三水戦日誌(1)p.32『2月18日一.11dg0700「ムントク」沖発「アナンバス」ヘ|二.由良1000「ムントク」沖発「アナンバス」ヘ|一.敵艦船捕獲拿捕:英掃海艇?(白雪)、蘭汽艇1(ch7)、英駆潜艇ML432(川内)|一.由良1000指揮下ヲ離ル 二.2000夕霧11dg、1D/41wg指揮下ヲ離レ…』
  43. ^ #S1701五水戦日誌(2)pp.3-4『2月2日「ヤ」作戦部隊編制発令セラル。陸軍第16軍主力来船(輸送船56隻)ハ2月1日以後逐次高雄ヲ出港22dg、5dg夫々護衛ノ下ニ2月10日「カムラン」湾ニ全部集結ヲ了ス(略)2月18日1000陸軍第16軍主力第2師団及東海林支隊(輸送船56隻)及妙高丸.鶴見ヲ護衛シ「カムラン」湾ヲ出撃ス』
  44. ^ #S1701五水戦日誌(2)pp.23-24『18日0100将旗5sd→1KF参謀長/(略)二.第七戦隊ノ支援ニ関シ近時西部「ジャバ」海ニ於ケル敵艦艇ノ増勢ニ鑑ミ第七戦隊ハ「カリマタ」海峡附近以後輸送船隊ト概ネ行動ヲ共ニシ緊密ナル連繋ヲ保チ直ニ敵艦艇ヲ撃破スル如ク行動ノコトニ配慮アリ度。尚龍驤モ出来得レバ敵艦艇攻撃可能ナル如ク機宜行動協力ヲ得度|三.當隊2月18日「カムラン」湾ヲ出撃ス』-p.62『17日7S司令官ハ3Egノ支援ニ任ズル事ヲ定メラル』
  45. ^ #戦史叢書26海軍進攻作戦387,427頁
  46. ^ #S1701五水戦日誌(2)p.61『21日|由良、11dg、12dg、20dg、鶴見合同』
  47. ^ #S1701五水戦日誌(4)pp.5-6『第三護衛隊(ロ)軍隊区分』
  48. ^ #S1701五水戦日誌(2)p.5『2月24日1650北緯1度0分東経108度15分ニ於テ対潜警戒中ノ神川丸飛行機ハ潜没敵潜水艦ヲ発見之ヲ攻撃、春風及吹雪ハ飛行機ト協同爆雷攻撃ヲナス。輸送船隊ハ一時南西方ニ避退セシメ春風及吹雪ハ引続キ25日0200迄現場附近ニ在リテ敵潜ヲ制圧セリ』
  49. ^ #戦史叢書26海軍進攻作戦428頁
  50. ^ #S1701五水戦日誌(2)p.33『27日0948熊野機/先頭ノ大巡ハ超大型ニシテ戦艦ノ疑アリ、距離4000米ニテ確ムルモ疑問アリ』
  51. ^ #S1701五水戦日誌(2)p.6『2月27日0900熊野飛行機ノ報告ニ依レバ敵大巡1隻軽巡2隻駆逐艦2隻(大巡ハ戦艦ノ疑アリ)「バタビヤ」ノ310度35浬ニアリ(略)1000敵針320度我ガ輸送船隊ニ向フ、1030輸送船隊反転ス、名取ハ直ニ敵方ニ進出攻撃ニ向フ(由良、11dg、12dgニ集結ヲ命ジ7S、19dgト協力索敵)』
  52. ^ #S1701五水戦日誌(2)p.41『27日1250 5sd司令官/現敵情ニ鑑ミ上陸日ヲ更ニ1日繰リ下ゲ7S、由良、名取、11dg、12dgヲ以テ當面ノ敵ヲバダビヤ北西海面ニ撃破致シ度』
  53. ^ a b c #戦史叢書26海軍進攻作戦431-434頁『第七戦隊、決戦を回避』
  54. ^ #モリソンの太平洋海戦史122頁
  55. ^ #ニミッツの太平洋海戦史39頁
  56. ^ #S1701五水戦日誌(3)p.3『3月1日0000「メラク」方面及「バンタム」湾方面3月1日0140「パトロール」方面何レモ無事予定錨地ニ入泊ヲ了シ陸軍部隊ハ上陸ニ成功セリ』
  57. ^ #戦史叢書26海軍進攻作戦436頁
  58. ^ #S1701五水戦日誌(2)p.64『28日 一.0500反転セル船団ト合同予定針路ヲ南下ス|二.2400各方面共予定錨地ニ入泊セリ(バトロール方面ハ3月1日0140入泊)|三.松風ハ「カリマタ」海峡ニ引返シ4sfノ護衛ニ任ゼシム』
  59. ^ #S1701五水戦日誌(2)p.51『28日1800 3Eg指揮官→三隈最上艦長/三隈、最上ハ當隊ノ右斜前10粁附近ニ進出「バタビヤ」方面ノ敵ニ備ヘヨ』
  60. ^ #S1701五水戦日誌(3)pp.4-5『「バタビヤ」沖海戦 輸送船隊南下中2月27日来「バタビヤ」港外附近ニ出没シアリシ敵艦艇ハ3月1日0000我ガ輸送船隊「バンタム」湾及「メラク」沿岸地区入泊ヲ了シタル直後即チ3月1日0015敵巡洋艦「ヒューストン」(米大巡)「パース」(豪乙巡)ノ2隻「バンタム」湾泊地ニ来襲セリ。當隊ハ直ニ5Sd(22dg、松風缺)、11dg、12dgヲ集結、2D/7S及敷波ト協力夜戦ヲ決行「バンタム」湾外ニ於テ此ノ敵ヲ撃滅セリ』
  61. ^ #S1701五水戦日誌(3)p.9『1日0015吹雪艦長→3Fg.7S/敵巡洋艦2隻見ユ、地点バビ島ノ90度5浬 我位置バビ島ノ270度及2浬0015』
  62. ^ a b #戦史叢書26海軍進攻作戦483頁『第一次合戦(自〇〇〇九至〇一〇〇)』
  63. ^ #S1701五水戦日誌(3)pp.19-20『1日0430吹雪艦長/吹雪戦闘概報第6号 一.0009「バビ」島ノ270度2浬ヲ針路45度ニテ北上中同島ノ北東2浬ヲ南西ニ向フ敵巡洋艦2隻ヲ10粁ニ発見、直ニ島ニ近寄リ姿ヲ隠シツツ一周之ヲ正後尾ニ触接0040頃敵ハ我ガ駆逐艦輸送船砲撃ノ為面舵変針ニテ1旋回ノ終期0043「ヒューストン」ニ対シ雷撃、引続キ照射砲撃ヲ実施セリ。尚魚雷2本命中、速力急減セルヲ認ム。発射雷数9本射距離2500米包位角右110度発射位置バビ島ノ233度6浬発射弾数16発、射撃距離3000|二.0330油槽船ニ対シ初雪ノ射撃開始ニ引続キ射撃発射弾数17発、平均射撃距離2500|三.人員兵器異状ナシ』
  64. ^ #S1701五水戦日誌(4)pp.22-23『「バース」竝ニ「ヒューストン」ニ対スル攻撃ハ吹雪ノ第一撃ニ依リ速力ヲ低下セシメ気勢ヲ挫キタル後…』
  65. ^ #戦史叢書26海軍進攻作戦付図第七(その一)『バダビア沖海戦合戦図 第一次合戦0009~0100 第二次合戦0100-0116』
  66. ^ a b c #戦史叢書26海軍進攻作戦付図第七(その二)『バダビア沖海戦合戦図 第三次合戦0116-032 第四次合戦0132-0206』
  67. ^ #S1701五水戦日誌(3)pp.25-27『1日1200 11dg司令/(略)三.0330「バビ」島南方ヲ西航中ノ5000屯級敵給油船ヲ砲撃撃沈我ニ被害ナシ、吹雪ノ襲撃状況ハ吹雪機密第21番電ノ通』
  68. ^ #S1701五水戦日誌(4)p.26『3月1日2135『初雪、吹雪ハ哨区警戒中「バビ」島北東海面ニ於テ英駆逐艦1、掃海艇1ヲ発見、直ニ之ヲ攻撃2200駆逐艦ヲ撃沈シ掃海艇ヲ擱坐セシム、我方被害ナシ』
  69. ^ a b c #戦史叢書26海軍進攻作戦489-490頁『陸軍輸送船及び第二号掃海艇の被害』
  70. ^ #ニミッツの太平洋海戦史40頁
  71. ^ #モリソンの太平洋海戦史123頁
  72. ^ #S1701五水戦日誌(4)p.53『(ロ)被害(一)艦船被害 2号掃海艇沈没、陸軍輸送船四隻(佐倉丸沈没、竜城丸、蓬莱丸、龍野丸、大破半沈没)』
  73. ^ #S1701五水戦日誌(3)p.24『1日1554熱田丸→名取/宛第三護衛隊指揮官 発第一揚陸団長 一.非常ナル御苦心御盡力ヲ深謝ス|二.損傷輸送船団ハ砲弾ノ外高速魚雷艇ノ攻撃ニ依ルモノノ如シ(以下略)
  74. ^ #S1701五水戦日誌(3)p.50『3月4日3Eg指揮官/一.3月4日附由良、11dg、12dg、1wgヲ3Egヨリ除ク(略)』-p.70『一.由良、11dg、12dg、1wg、鶴見、蘭印部隊ヨリ除カル』
  75. ^ #S1701五水戦日誌(4)p.31『3月4日1900 第十一駆逐隊昭南港ニ向ケ「バンタム」湾発』
  76. ^ #S1702三水戦日誌(4)p.23『3月10日|一.12dgヲ廃シ20dgニ白雲、11dgニ叢雲ヲ加ヘラル|二.機密第399番電ニ依リ特令アル迄旧司令官白雲叢雲(12dgトシテ)指揮ノコトニ定メラル(後略)』
  77. ^ #内令昭和17年3月(1)p.35『内令第四百十三號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル|昭和十七年三月十日 海軍大臣嶋田繁太郎|第十一驅逐隊ノ項中「初雪」ノ下ニ「、叢雲」ヲ加フ |第十二驅逐隊ノ項ヲ削ル|第二十驅逐隊ノ項中「夕霧」ノ下ニ「、白雲」ヲ加フ』
  78. ^ #S1702三水戦日誌(4)p.33『當隊艦隊区分左ノ通改ム|旗艦川内|第二十駆逐隊(隊番号1)第一小隊/(1)夕霧(2)天霧/第二小隊(3)白雲(4)朝霧|第十九駆逐隊(隊番号3)第一小隊/(1)浦波(2)磯波/第2小隊(3)敷波(4)綾波|第十一駆逐隊(隊番号2)第一小隊/(1)初雪(2)白雪/第二小隊(3)吹雪射(4)叢雲』
  79. ^ #戦史叢書26海軍進攻作戦664頁『第七戦隊、決戦を回避』
  80. ^ #S1706三水戦日誌p.22『(ロ)任務編制配備 本月當初M.I A.L作戦開始期ニ於テ3sd 24dg(涼風、山風欠)及27dg(有明欠)ヲ併セ指揮シ主力部隊水雷戦隊トシテ主力部隊直衛トナル』
  81. ^ #ミッドウエー海戦日誌(1)p.3『聯合艦隊編制表(六月一日現在)』
  82. ^ a b c #戦史叢書中部太平洋方面海軍作戦(2)97頁『機動部隊(3F)の進出』
  83. ^ #S1709第八艦隊日誌(2)p.14『9月2日2254/第11駆(初雪叢雲缺)、天霧/「ルンガ」泊地ニ突入敵飛行場ヲ砲撃、津軽ノ援護ニ任ズ』
  84. ^ #S1709第八艦隊日誌(2)p.14『9月5日/吹雪、白雪、天霧、陽炎、夕霧/RXNニ陸兵231名右弾薬糧食ヲ揚陸ス』
  85. ^ #S1709第八艦隊日誌(2)p.15『9月8日/川内、第19駆(2D缺)、第11駆(初雪叢雲缺)、陽炎、天霧、夕暮/「タイボ」岬ニ敵巡1、駆6、輸送船6出現ノ報ニ依リ直ニ進撃同日2130湾外ニ於テ敵駆1撃沈、1隻大破ス』
  86. ^ #S1709第八艦隊日誌(2)p.15『9月12日/川内、敷波、吹雪、凉風/「ルンガ」沖ニ突入照射砲撃』
  87. ^ #S1709第八艦隊日誌(2)p.16『9月14日2115/第7駆(曙缺)、凉風、吹雪/「ルンガ」沖ニ突入、陸戦協力ノ為砲撃ヲ行フ、陸兵600糧食、弾薬揚陸』
  88. ^ #S1709第八艦隊日誌(2)p.16『9月16日/潮、吹雪、凉風/大発2隻曳航「カミンボ」ニ弾薬糧食ノ揚陸』
  89. ^ #S1709第八艦隊日誌(2)p.39『10月1日/第11駆逐隊/青葉支隊司令部80、糧食、海軍TM短移動ヲ「カミンボ」ニ揚陸、初雪舵故障ニテ引返ス』
  90. ^ #S1709第八艦隊日誌(2)p.40『10月4日/時雨、第11駆(白雪欠)、綾波/陸兵700、糧食ヲ「カミンボ」ニ揚陸ス』
  91. ^ #S1709第八艦隊日誌(2)p.40『10月7日/時雨、第11駆逐隊(初雪欠)、綾波/陸兵473、大隊砲4、曲射砲2、弾薬ヲ「タサファロング」ニ揚陸ス』
  92. ^ #S1612六戦隊日誌(6)p.37『敵「ガダルカナル」飛行場及其ノ周辺ニ対スル制圧射撃ノ目的ヲ以テ支援隊(第六戦隊及吹雪初雪)ハ10月11日1200「ショートランド」出撃…』
  93. ^ #戦藻録(1968)202-203頁『十月十二日月曜日 晴 サボ島沖海戦。ガ島飛行場に對し巡戦を以てする夜間主砲砲撃』
  94. ^ #S1612六戦隊日誌(6)pp.34-35『是ニ於テ艦砲ヲ以テスル「ガダルカナル」飛行基地砲撃制圧ノ議案画セラレ10月13日第3戦隊射撃実施ノ予定トナリタルヲ以テソノ前ニ先ヅ當隊ヲ以テ砲撃ヲ実施スベク発令セラレタリ、即チ10月11日第6戦隊、13日第3戦隊、14日鳥海及第6戦隊砲撃実施(尓後15日第5戦隊第2水雷戦隊砲撃ノ発令アリ)ノ予定トナレリ』
  95. ^ #S1612六戦隊日誌(6)pp.35-36『情況判断トシテハ敵水上部隊ハ「ルンガ」附近ニ入泊補給増強ヲ為シアルモ夜間ハ遠ク東南方ヘ避退スルカ又ハ「ツラギ」港内深ク遁入シ僅カニ魚雷艇数隻ヲ以テ我増援部隊ニ対シ一部ノ反撃ヲ企図シアルニ過ギザル情況ナリシヲ以テ當我隊ノ「ガダルカナル」基地砲撃ニ対シテモ敵ノ大兵力水上部隊ヲ以テスル反撃等ハ殆ド無ノ機会ナキモノト判断シアリ。當日ハ昼間ノ我索敵偵察機、夜間ノ我増援部隊(第六戦隊ヨリ僅カ三時間以前「サボ」島附近ヲ通過シ「タサハロング」ニ入泊セリ)等ニ依ル敵情通報ニ於テ何等敵情ヲ得ザリシヲ以テ特ニ警戒ヲ厳ニ為シアリキ』
  96. ^ a b #ニミッツの太平洋海戦史125-128頁『十月の攻撃』
  97. ^ #S1612六戦隊日誌(6)p.38『1600以後速力30節第九警戒航行序列(第6戦隊順番号単縦陣距離1200米青葉ノ左右70度3000米ニ初雪吹雪)ヲ以テ進撃…』
  98. ^ #S1612六戦隊日誌(6)p.38『2013増援部隊タル日進錨地着及2030「ガダルカナル」基地指揮官ヨリ天候快晴ノ電アリシヲ以テ当面ノ天候ヲ突破シ「ガダルカナル」敵飛行場砲撃ヲ決行セントセリ』
  99. ^ #戦藻録(1968)208-210頁『十月十六日金曜日 曇 サボ島沖夜戦青葉古鷹實戦失敗談。』
  100. ^ #S1612六戦隊日誌(6)p.38『2133「スコール」ヨリ出ズルヤ前方視界急展「サボ」島ヲ左3度約10浬ニ認メ2143砲撃26節ニ減速ヲ下令シタル瞬間左15度約10粁ニ艦影ラシキモノ3個ヲ認メタルヲ以テ直ニ右ニ展開戦闘下令旗艦将ニ砲火ヲ開カントスルヤ…』
  101. ^ #S1612六戦隊日誌(6)p.39『初弾旗艦艦橋ニ命中司令官以下幹部多数死傷艦橋各部間通信装置破壊ト同時ニ支援隊内無線電話ノ外通信連絡不能トナレリ…』
  102. ^ #S1612六戦隊日誌(6)p.39『(青葉)更ニ右変針針路270度最大戦速下令左砲戦左魚雷戦次イデ右砲戦ヲ実施2150煙幕展開避弾運動ヲ行ヒ針路300度ト為セリ』
  103. ^ #昭和16年12月~第6戦隊日誌(6)p.39『古鷹ハ2146.5前面ニ10隻余ノ発砲ヲ認ムルヤ直ニ取舵ニ取リ戦闘魚雷戦右砲戦下令(高角砲ノミ一斉射)主砲旋回ヲ了シ未ダ発砲セザル中ニ青葉面舵ニ変針シ敵弾之ニ集中シテ火災ヲ起シ危急ノ情況ナリシヲ以テ直ニ取舵ヲ戻シ面舵一杯ニテ青葉ニ続行左砲戦トナセリ…』
  104. ^ #S1612六戦隊日誌(6)pp.40-41『三.(一)経過概要』
  105. ^ 佐藤和正著「太平洋海戦 激闘篇」のサボ島沖海戦の項で「吹雪」の戦死者220名、軽傷8名がガダルカナル島に漂着との記述有り。『艦長たちの軍艦史』によると艦長以下226名戦死。
  106. ^ #昭和17年9月~第8艦隊日誌(2)p.43『10月11日/第9駆(峯雲、夏雲欠)、第11駆(2小隊欠)、綾波/聯隊砲1、大隊砲2、速射砲2、迫撃砲1、兵400其他ヲRXNニ揚陸、帰途空爆ニ依リ夏雲ト叢雲ヲ失フ』
  107. ^ #S1612六戦隊日誌(6)p.48『五.戦果 ロンドン型甲巡1隻撃沈、ホノルル型乙巡1隻撃沈、駆逐艦1隻撃沈、ホノルル型乙巡1隻大破』
  108. ^ #日進戦闘詳報(1)p.9『日進、千歳、9駆(峯雲欠)、11駆1小隊、綾波、秋月 10月11日0600「ショウトランド」発中央航路ヲ取リ2020「タサファロング」着揚陸開始、2140「サボ」島北西方ニ於テ第六戦隊(青葉衣笠)吹雪初雪敵水上部隊ト交戦、揚陸部隊ハ揚陸続行2250作業終了「ラッセル」諸島西側ヲ通過帰途ニ就ク 12日0715収容ノ為南下セル川内由良駆逐艦5ト合同1400「ショウトランド」着』
  109. ^ #モリソンの太平洋海戦史183頁
  110. ^ #S1709四水戦詳報(5)pp.3-4,13『10月16日聯合艦隊ヨリノ指令ニ依リ日進、千歳ノ輸送ハ取止メラレ千代田ノ進出モ亦延期トナレルヲ以テ増援部隊ヲ軽巡戦隊(川内、由良、龍田)、水雷戦隊(秋月、7dg、11dg、6dg、2dg、19dg、27dg)ニ分ケ第四水雷戦隊司令官ハ水雷戦隊ヲ指揮スルコトトナレリ』
  111. ^ #S1709四水戦詳報(5)p.23『18日1120 4sd司令官→3sd司令官/昨夜「タサハロング」ニ於テ収容セル人員左ノ通 海軍32内重傷13(准士官1)軽傷8(吹雪航海長)、陸軍100内将校2重傷10軽傷49、吾妻丸船員33(船長)内軽傷5 陸軍輸送船員66内重傷7軽傷29 計231』
  112. ^ #内令昭和17年11月(4)p.25『内令第二千百十七號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル 昭和十七年十一月十五日 海軍大臣嶋田繁太郎|第九驅逐隊ノ項中「夏雲、」ヲ削ル|第十一驅逐隊ノ項中「吹雪、」及「、叢雲」ヲ削ル』-『内令第二千百十八號|横須賀鎮守府在籍 驅逐艦 朧、駆逐艦 夏雲|呉鎮守府在籍 驅逐艦 吹雪、驅逐艦 叢雲|右帝国驅逐艦籍ヨリ除カル 昭和十七年十一月十五日 海軍大臣嶋田繁太郎』
  113. ^ 『官報』第878号、昭和4年12月2日。
  114. ^ a b 『官報』第1454号、昭和6年11月2日。
  115. ^ 『官報』第1778号、昭和7年12月2日。
  116. ^ 『官報』第2658号、昭和10年11月11日。
  117. ^ 『官報』第2964号、昭和11年11月17日。

参考文献[編集]

  • 近代デジタルライブラリー - 国立国会図書館
    • 海軍有終会編 『幕末以降帝国軍艦写真と史実』 海軍有終会、1935年11月。
    • 海軍研究社編輯部 編 『ポケット海軍年鑑 : 日英米仏伊軍艦集. 1935年版』 海軍研究社、1935年5月。
    • 海軍研究社編輯部 編 『ポケット海軍年鑑 : 日英米仏伊独軍艦集. 1937,1940年版』 海軍研究社、1937年2月。
    • 海軍研究社編輯部 編 『日本軍艦集 2600年版』 海軍研究社、1940年7月。
    • 英文大阪毎日学習号編輯局 編 『大東亜戦争記録画報 前編』 大阪出版社、1943年6月。
    • 海内田丈一郎 『水雷部隊』 鶴書房、1943年10月。
  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • Ref.A10110010100 『第八輯 観兵式及観艦式 第二編 紀元二千六百年特別観艦式 第二章 実施』。
    • Ref.A10110010200 『第八輯 観兵式及観艦式 第二編 紀元二千六百年特別観艦式 第三章 実施』。
    • Ref.C08051772000 『昭和16年~昭和20年 戦隊 水戦輸送戦隊 行動調書』。
    • Ref.C13071967300 『昭和11年12月1日現在10版内令提要追録第1号原稿/ 巻1追録/第2類編制』。
    • Ref.C13071974300 『昭和12年12月1日現在10版内令提要追録第3号原稿/ 巻1追録/第6類機密保護』。
    • Ref.C13071974300 『昭和12年12月1日現在10版内令提要追録第3号原稿/ 巻1追録/第6類機密保護』。
    • Ref.C13072003500 『昭和16年12月31日現在10版内令提要追録第10号原稿巻2.3/ 巻3追録/第13類艦船(1)』。
    • Ref.C13072000700 『巻1追録/第2類 編制(昭和16年12月31日現在 10版 内令提要追録第10号原稿巻1)』。
    • Ref.C14121196200 『昭和17年度 帝国海軍戦時編制(内示案) 昭和16.9.12/ 昭和17年度帝国海軍戦時編制/附表』。
    • Ref.C14121196500 『昭和17年度 帝国海軍戦時編制(内示案) 昭和16.9.12/ 昭和17年度戦時駆逐隊・潜水隊・水雷隊・掃海隊・驅潛隊・通信隊・航空隊編制予定表 昭和17年度警備隊・防備隊附属艦艇及防備機関編制予定表 昭和17年度戦時艦船飛行機搭載予定表/第1表~第9表』。
    • Ref.C14121122500 『南支部隊機密第3号 対仏印武力行使に関する諸情況 昭和15年9月20日三亜旗艦鳥海』。
    • Ref.C14120969500 『支那事変 第8回功績概見表綴 駆逐隊 潜水隊 水雷隊 掃海隊 海軍武功調査/11駆隊機密第3号の5 第11駆逐隊支那事変第8回功績概見表』。
    • Ref.C14120979200 『支那事変 第9回功績概見表綴 海軍武功調査/支那事変第9回駆逐隊功績概見表/11駆隊機密第3号の21 第11駆逐隊支那事変第9回功績概見表』。
    • Ref.C14120980300 『支那事変 第9回功績概見表綴 海軍武功調査/支那事変第9回駆逐隊功績概見表/第23駆機密第29号の27 第23駆逐隊支那事変第9回功績概見表』。
    • Ref.C14120988000 『支那事変 第10回功績概見表綴/支那事変駆逐隊第10回功績概見表/11駆隊機密第3号の12 第11駆逐隊支那事変第10回功績概見表』。
    • Ref.C08030725700 『昭和16年12月 第3水雷戦隊戦時日誌 作戦及一般之部(1)』。
    • Ref.C08030725800 『昭和16年12月 第3水雷戦隊戦時日誌 作戦及一般之部(2)』。
    • Ref.C08030103500 『昭和16年12月4日~昭和16年12月11日 第3水雷戦隊戦闘詳報(1)』。
    • Ref.C08030103600 『昭和16年12月4日~昭和16年12月11日 第3水雷戦隊戦闘詳報(2)』。
    • Ref.C08030103900 『昭和16年12月11日~昭和16年12月21日 第3水雷戦隊戦闘詳報(1)』。
    • Ref.C08030104000 『昭和16年12月11日~昭和16年12月21日 第3水雷戦隊戦闘詳報(2)』。
    • Ref.C08030104400 『昭和17年1月1日~昭和17年1月30日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。
    • Ref.C08030104500 『昭和17年1月1日~昭和17年1月30日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。
    • Ref.C08030104600 『昭和17年1月1日~昭和17年1月30日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。
    • Ref.C08030119000 『昭和17年1月1日~昭和17年3月19日 第5水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。
    • Ref.C08030119100 『昭和17年1月1日~昭和17年3月19日 第5水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。
    • Ref.C08030119200 『昭和17年1月1日~昭和17年3月19日 第5水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)』。
    • Ref.C08030119300 『昭和17年1月1日~昭和17年3月19日 第5水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(5)』。
    • Ref.C08030119400 『昭和17年1月1日~昭和17年3月19日 第5水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(6)』。
    • Ref.C08030119700 『昭和17年1月1日~昭和17年3月19日 第5水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(9)』。
    • Ref.C08030104900 『昭和17年2月1日~昭和17年5月31日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。
    • Ref.C08030105000 『昭和17年2月1日~昭和17年5月31日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。
    • Ref.C08030105100 『昭和17年2月1日~昭和17年5月31日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。
    • Ref.C08030105200 『昭和17年2月1日~昭和17年5月31日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)』。
    • Ref.C08030105300 『昭和17年2月1日~昭和17年5月31日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(5)』。
    • Ref.C08030105400 『昭和17年2月1日~昭和17年5月31日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(6)』。
    • Ref.C08030105500 『昭和17年2月1日~昭和17年5月31日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(7)』。
    • Ref.C08030040400 『昭和17年6月1日~昭和17年6月30日 ミッドウエー海戦戦時日誌戦闘詳報(1)』。
    • Ref.C08030040100 『昭和17年6月1日~昭和19年6月30日 あ号作戦戦時日誌戦闘詳報(4)』。(自昭和十七年六月一日至昭和十七年六月三十日 第三水雷戦隊戦時日誌作戦及一般ノ部)
    • Ref.C08030045800 『昭和16年12月1日~昭和17年10月12日 第6戦隊戦時日誌戦闘詳報(6)』。
    • Ref.C08030586700 『昭和17年9月11日~昭和18年7月22日 軍艦日進戦闘詳報(1)』。
    • Ref.C08030586800 『昭和17年9月11日~昭和18年7月22日 軍艦日進戦闘詳報(2)』。
    • Ref.C08030022500 『昭和17年9月14日~昭和18年8月15日 第8艦隊戦時日誌(1)』。
    • Ref.C08030022600 『昭和17年9月14日~昭和18年8月15日 第8艦隊戦時日誌(2)』。
    • Ref.C08030113300 『昭和17年9月25日~昭和17年11月9日 第4水雷戦隊戦闘詳報(5)』。
    • Ref.C12070089800 『昭和3年達完/6月』。
    • Ref.C12070161200 『昭和17年1月~3月内令1巻/昭和17年3月(1)』。
    • Ref.C12070173700 『昭和17年11月(4) 内令(昭和17年11月17日~昭和17年11月25日)』。
    • Ref.C12070176200 『昭和18年1月~4月 内令1巻/内令昭和18年4月(1)』。
  • チェスター・ニミッツ/E・B・ポッター、実松譲・富永謙吾訳 『ニミッツの太平洋海戦史』 恒文社、1962年12月。
  • 宇垣纏著、成瀬恭発行人 『戦藻録 明治百年史叢書』 原書房、1968年1月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『戦史叢書26 蘭印・ベンガル湾方面 海軍進攻作戦』 朝雲新聞社、1969年5月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『戦史叢書62 中部太平洋方面海軍作戦(2) 昭和十七年六月以降』 朝雲新聞社、1973年2月。
  • 五月会 「伊藤三郎「北洋から海南島へ」(1939年10月~1940年11月まで第11駆逐隊庶務主任)」『波濤と流雲と青春と 第二期二年現役海軍主計課士官 四十周年記念文集』 朝雲新聞社、1980年4月。
  • 永井喜之・木俣滋郎 「第2部 第二次大戦/日本編 1章 イギリス駆逐艦「サネット」」『新戦史シリーズ 撃沈戦記』 朝日ソノラマ、1988年10月。ISBN 4-257-17208-8
  • サミュエル・モリソン大谷内一夫訳 『モリソンの太平洋海戦史』 光人社、2003年8月。ISBN 4-7698-1098-9
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。 ISBN 4-7698-1246-9

関連項目[編集]