吹雪 (吹雪型駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Fubuki.jpg
艦歴
発注 大正12年度艦艇補充計画
起工 1926年6月19日
進水 1927年11月15日
就役 1928年8月10日
その後 1942年10月11日戦没
除籍 1942年11月15日
性能諸元
排水量 基準:1,680t
公試:1,980t
全長 118.5メートル
全幅 10.36メートル
吃水 3.19メートル
機関 艦本式タービン2基2軸
艦本式ロ号専焼缶4基
50,000馬力
最大速 38.0ノット
航続距離 5,000/14ノット
兵員 219人
兵装 12.7cm50口径連装砲3基
7.7mm機銃2基
61cm三連装魚雷発射管3基9門 他

吹雪(ふぶき)は、大日本帝国海軍の一等駆逐艦。重武装(砲塔式12.7cm連装砲3基と61センチ3連装魚雷発射管を中心に配備し9本の予備魚雷も搭載した)で凌波性に優れた本型の出現は、当時の列強海軍に衝撃をあたえた。特型駆逐艦吹雪型のネームシップで、この名を持つ日本海軍の艦艇としては2隻目である(初代は春雨型駆逐艦の「吹雪」)。第四艦隊事件で艦体強度が問題となり改装されている。

艦歴[編集]

舞鶴工作部で建造され1928年(昭和3年)8月10日に竣工した。建造中は、「第三十五号駆逐艦」という名称で、8月1日に「吹雪」と改称された。

太平洋戦争開戦時までは、主に中国方面で活動した。

1941年(昭和16年)12月には、マレー半島上陸船団護衛、ボルネオ島攻略戦、クチン攻略作戦船団護衛に従事した。1942年(昭和17年)1月にはエンドウ沖海戦、3月バタビヤ沖海戦・北部スマトラ掃蕩作戦、4月ベンガル湾機動戦に参加後、に帰投。6月のミッドウェー海戦では主力部隊に加わった。8月以降ガダルカナル島への輸送作戦に5回参加した。

1942年10月11日、第6戦隊の重巡3隻とともにブーゲンビル島ショートランドを出撃しガダルカナル島砲撃に向かいサボ島沖海戦に参加、米巡洋艦隊の夜間レーダー射撃により、旗艦青葉」大破、「古鷹」沈没(12日)、「吹雪」は敵艦隊に最も近づいていたために集中砲撃を浴び、21時53分弾薬庫誘爆により爆沈。山下艦長以下220名が戦死、生存者は僅か8名であった[1]。11月15日、除籍。

歴代艦長[編集]

艤装員長[編集]

  1. 横山徳治郎 中佐:1928年2月1日 -

艦長[編集]

  1. 横山徳治郎 中佐:1928年7月10日 -
  2. 石戸勇三 中佐:1928年12月10日 -
  3. 樋口通達 少佐:1929年11月30日 -
  4. 佐藤慶蔵 中佐:1930年10月31日 -
  5. 直塚八郎 中佐:1932年12月1日 -
  6. 平井泰次 少佐:1933年11月15日 -
  7. (兼)佐藤寅治郎 中佐:1935年10月15日 -
  8. 植田弘之介 中佐:1935年11月9日 -
  9. 牟田口格郎 中佐:1936年7月1日 -
  10. 香川清登 少佐:1936年11月16日 -
  11. 藤田友造 少佐:1937年11月15日 -
  12. 山田鉄夫 少佐:1938年2月4日 -
  13. (兼)折田常雄 少佐:1938年11月15日 -
  14. 脇田喜一郎 中佐:1938年12月15日 -
  15. 奥山鎮雄 少佐:1939年10月10日 -
  16. 山下鎮雄 少佐:1940年10月15日 - 1942年10月11日戦死

脚注[編集]

  1. ^ 佐藤和正著「太平洋海戦 激闘篇」のサボ島沖海戦の項で「吹雪」の戦死者220名、軽傷8名がガダルカナル島に漂着との記述有り。『艦長たちの軍艦史』によると艦長以下226名戦死。

関連項目[編集]

参考文献[編集]