第二航空戦隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大日本帝国海軍
大日本帝国海軍旗
官衙
海軍省
軍令部
艦政本部
航空本部
外局等一覧
地方組織
鎮守府
警備府
要港部
艦隊
連合艦隊
北東方面艦隊
中部太平洋方面艦隊
南東方面艦隊
南西方面艦隊
第十方面艦隊
支那方面艦隊
海上護衛総司令部
海軍総隊
他作戦部隊
海軍航空隊
海軍陸戦隊
主要機関
学校一覧
歴史・伝統
日本海軍の歴史
日本海軍の軍服
その他
階級一覧
艦艇一覧
兵装一覧
 表示ノート編集履歴 

第二航空戦隊(だいにこうくうせんたい)とは、日本海軍機動部隊の一翼を担った空母部隊のことである。戦局の悪化により1944年(昭和19年)7月10日解隊。

概要[編集]

前線部隊である第二艦隊には、最前線での偵察・攻撃・防御に適していた航空部隊の設置が要求されていたが、航空機の能力が低く、航空母艦が不足していたために、航空戦隊を設置する余裕がなかった。1933年(昭和8年)に4隻目の航空母艦として「龍驤」が竣工し、「赤城」単艦・「加賀」単艦・「鳳翔」+「龍驤」の三交代が可能となった。これを受けて、1934年より第二艦隊に設置された。「蒼龍」「飛龍」は竣工するとさっそく第二航空戦隊に編入され、戦没するまで定位置だった。

空母「蒼龍」「飛龍」を主力として第一航空艦隊を構成する部隊の1つとして編成された。空母のほか、護衛のために第23駆逐隊が所属していた。初代司令官は山口多聞少将。主に、真珠湾攻撃や、ウェーク島攻撃、ポートダーウィン攻撃、セイロン沖海戦に参加するが、ミッドウェー海戦で主力空母2隻を失い解隊された。その後7月に、空母「隼鷹」「飛鷹」「龍驤」で再建された。司令官は角田覚治少将。「龍驤」が第二次ソロモン海戦で沈没したため、「龍鳳」が第二航空戦隊に加わった。マリアナ沖海戦で「飛鷹」は沈没、残った隼鷹と龍鳳は艦載機が消耗し、解隊された。

編制[編集]

  • 1937年(昭和12年)12月1日 第二艦隊復帰時の編制(第二艦隊所属)
  • 1944年(昭和19年)4月1日 戦時編制制度改定後の編制(第三艦隊所属)
  • 1944年(昭和19年)7月10日 解隊

歴代司令官[編集]

関連項目[編集]