隼鷹 (空母)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1945年佐世保にて
艦歴
起工 1939年3月20日
進水 1941年6月26日
竣工 1942年5月3日
除籍 1945年11月30日
処分 1947年にスクラップとして解体
性能諸元
排水量 基準: 24,140トン
全長 219.32m
水線幅 26.7m
吃水 8.15m
飛行甲板 長さ:210.3m x 幅:27.3m
主缶 三菱式水管缶6基
主機 三菱ツェリー式オールギヤードタービン 2基2軸 56,250hp
速力 25.68 ノット
航続距離 18ノットで10,150海里(燃料: 重油 4,118トン )
乗員 士官、兵員 1,187名
兵装
(竣工時)
40口径12.7cm連装高角砲6基
25mm3連装機銃8基
兵装
(最終時)
40口径12.7cm連装高角砲6基
25mm3連装機銃19基
25mm連装機銃2基
25mm単装機銃30挺(推定)
12cm28連装噴進砲10基
搭載機
(常用+補用)
艦戦12+3機 艦爆18+2機
艦攻18+5機 合計48+10機
(補用計5機、または7機の資料もある)
1945年9月26日の佐世保での姿。手前に見えるのは波二〇一型潜水艦

隼鷹(じゅんよう)は、日本海軍航空母艦飛鷹型航空母艦の2番艦。 ただし、海軍の公式記録上では、隼鷹型航空母艦の1番艦としている。[1]

姉妹艦の「飛鷹」同様、有事の空母改造を前提に建造中の日本郵船橿原丸級貨客船「橿原丸」(かしはらまる)を空母へ改装したものである。ミッドウェー海戦後で4隻の正規空母(「赤城」「加賀」「蒼龍」「飛龍」)を失って手薄になった機動部隊にあって、速力は正規空母の30kt以上に比較して遅く、鋼板も薄く防御能力でも見劣りしたが、「蒼龍」なみの航空機搭載量を持つ「飛鷹」と「隼鷹」は貴重な航空戦力となった。

艦歴[編集]

竣工後は日本の空母で初めてレーダーが本格的に搭載され、アリューシャン列島への攻撃、南太平洋海戦などに参加。

ウェワクへの陸軍部隊の輸送(丙一号輸送)の際搭載機を対潜、対空警戒にあたらせるため1943年1月15日に隼鷹は駆逐艦朝雲、五月雨とともにトラックを出港し、17日にウェワクに零戦23機、艦攻6機を進出させ19日にトラックに戻った[2]。隼鷹飛行機隊はウェワクでの活動中B-24を6機撃墜、3機撃破を報じ、25日にカビエン経由で零戦14機、艦攻6機がトラックに戻った[3]

マリアナ沖海戦では2発の直撃弾と6発の至近弾を受けた。直撃弾は艦橋に命中し53名の戦死者を出した。その修理や航空戦力の減退によりレイテ沖海戦には参加できなかった。以降は搭載する航空戦力がなく、空母として使われることがないまま、輸送作戦に従事するようになる。

1944年(昭和19年)10月30日佐世保を出港、馬公を経由してブルネイへ到着、レイテ会戦から帰った栗田艦隊に弾薬を供給したのちマニラに寄港、航空魚雷の輸送を行い、11月17日無事に呉に帰投した。同年12月9日再度マニラへの輸送任務から佐世保への帰投中、長崎県野母崎沖の女島付近で米潜水艦「シーデビル」と「レッドフィッシュ」による雷撃で魚雷2本が艦首および右舷機械室に命中、艦首が10m吹き飛び、死者19名、浸水5000トンの被害を受けたものの、左片舷航行が可能だったため13ノットの速力でかろうじて佐世保に帰投した。

その損傷のため佐世保で修理・繋留され、1945年(昭和20年)3月末にドックから出渠したが、船体が修理されたのみで右側機械室は修理されなかった。再度修理した後に出撃させる計画(「大和」と同じく、特攻作戦に使われるなどの)があったが、結局機械室の修理が完了されないまま終戦を迎えた。

機関部の修理が完全に行われていなかったため、終戦後外洋航行ができず、引き揚げ任務の特別輸送艦に指定されることはなかった。11月30日除籍。1947年(昭和22年)8月1日解体終了。商船への復帰はならなかったが、太平洋戦争を生き延びた商船改造艦艇の中で最大級の船舶であった。

隼鷹の鐘はマリアナ沖海戦の爆弾命中によって失われたが、後にアメリカが回収し1944年にアメリカのフォーダム大学に寄贈されている。

年表[編集]

歴代艦長[編集]

艤装員長[編集]

艦長[編集]

  • 石井芸江 大佐:1942年5月3日-
  • 岡田為次 大佐:1942年7月20日-
  • 長井満 大佐:1943年2月12日-
  • 大藤正直 大佐:1943年12月25日-
  • 渋谷清見 大佐:1944年2月21日-
  • 欠:1944年12月20日-
  • 前原富義 大佐:1945年5月12日-

同型艦[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 昭和18年9月25日付 内令第1895号
  2. ^ 戦史叢書 南東方面海軍作戦3、32-33ページ
  3. ^ 戦史叢書 南東方面海軍作戦3、33ページ

参考文献[編集]

  • 長谷川藤一、軍艦メカニズム図鑑-日本の航空母艦、グランプリ出版、1997年
  • 雑誌「丸」編集部、写真|日本の軍艦 第4巻 空母Ⅱ、光人社、1989年
  • モデルアート臨時増刊、艦船模型スペシャルNo.18-商船改造空母、モデルアート社、2005年
  • 防衛庁防衛研修所戦史室、『戦史叢書 南東方面海軍作戦3 ガ島撤収後』、朝雲新聞社、1976年
  • 「丸」スペシャル第11号空母隼鷹・飛鷹、潮書房、1977年3月15日

外部リンク[編集]

  • [1] 英文の隼鷹経歴と写真集
  • [2] アメリカのフォーダム大学に寄贈された隼鷹の鐘の記念碑

関連項目[編集]

画像集[編集]