間宮 (給糧艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
間宮
IJN supply ship MAMIYA around 1930.jpg
1930年頃の「間宮」[1]
経歴
運用者  大日本帝国海軍
建造所 川崎造船所[2]
計画 大正12年度艦艇補充計画
起工 1922年10月25日[3]
進水 1923年10月26日[3]
竣工 1924年7月15日[3]
除籍 1945年2月10日
最後 1944年12月20日沈没
要目
種別 給糧艦[2]
基準排水量 公表値 15,820トン[3]
常備排水量 12,176トン[2](11,099トン[4])
満載排水量 15,666トン[2](15,065.7トン[4])
総トン数 登簿総噸数 9,500トン[2]
全長 495 ft 2+1/4 in (150.93 m)[2]
垂線間長 475 ft 0 in (144.78 m)[3][4]
全幅 公表値 18.59m[3]
水線幅 61 ft 3 in (18.67 m)[2]
吃水 常備状態 18 ft 0+7/8 in (5.51 m)[2]
満載状態 24 ft 10+1/4 in (7.58 m)[2]
公表値 8.43m[3]
ボイラー ロ号艦本式缶 8基[5]
主機 直立式3気筒3段式レシプロエンジン 2基[5]
推進 2軸[2][5]
出力 10,000hp[5]
速力 満載状態 14ノット[2]
軽貨状態 16.5ノット[2]
16.991ノット(1923年7月)[4]
17ノット(1938年調)[5]
燃料 石炭1,700トン[2]
航続距離 冷却機を使用する時 9,000カイリ[2]
冷却機を使用しない時 12,000カイリ[2]
乗員 1923年7月 283名[4]
1925年度定員 211名[2]
平時201名、戦時284名(1938年)[5]
兵装 14cm砲2門[5]
8cm高角砲2門[5]
(平時は陸上保管)
25mm機銃3連装2基、連装2基、単装4挺、13mm単装機銃2挺[6]
(機銃は1944年時)
搭載艇 30ft内火艇 1、30ftカッター 3、通船 2(1926年)[2]
その他 補給物件 重油2,100トン、石炭1,500トン、清水830トン[2]
18,000人の3週間分の食料補給、艦内での加工食品の製造など
トンの単位は全て英トン(ロング・トン、約1,016kg)
テンプレートを表示
呉海軍工廠で最終艤装中の戦艦大和1941年9月20日)。画面中央やや上に、三番砲塔越しに見えるのが間宮

間宮(まみや)は、日本海軍の給糧艦。艦名は間宮海峡から採られた。給糧艦とは、艦艇に食糧を供給する補給艦のこと。

概要[編集]

八八艦隊計画内で能登呂型給油艦の1艦として予算が成立したが、海軍の強い要望で連合艦隊随伴用の給糧艦が1隻、その予算で建造された。それが本艦である。船体は商船構造とし、設計は川崎造船所に委託。建造も同所で行われ1924年(大正13年)7月15日に竣工した。同日呉鎮守府籍となる。

設計は同社がかつて手がけた大阪商船の北米航路向け貨客船「はわい丸」の設計を手直ししたものであり、就役当時は世界最大の給糧艦であった。

食料供給能力[編集]

本艦は食料貯蔵および製造設備を持ち平時には艦隊への、戦時には戦地への食料補給が期待された。

艦内の最新式の巨大な冷蔵庫冷凍庫設備で肉、魚、野菜など18,000人の3週間分の食料を貯蔵できた。寄港先現地での調達も行い、屠殺製肉設備もあったため、牛馬を生きたまま積み込んだのちに食肉加工し、保存しておくことも可能だった。またパンなどの一般的な食料だけではなく、アイスクリームラムネ最中饅頭などの嗜好品からこんにゃく豆腐油揚げなどの日本固有の食品まで多くの加工食品が製造でき、これらの製造のために艦内には部屋ごとに分かれたキッチンが多数あり、それぞれに腕の立つ専門の職人が乗船し、軍属として働いていた。軍属としての職人らの待遇は良かったとされている。

本艦が入港すると新鮮な食料が各艦に補給されるため、艦隊の酒保として非常に人気のある艦だったという。艦内で製造される羊羹は「間宮羊羹」として人気が高く、老舗羊羹店が海軍に納入した羊羹をさばくのに苦労した、などの話が伝わる。

運用[編集]

その性質上、巡航速度が非常に低速であったため、艦隊に随伴せず単独に近い航行が多かったが、「間宮」の沈没は前線の将兵の士気に多大な影響を与えることから、駆逐艦も厳重に護衛を行ったとされる[7]。本艦にも武装がささやかながら備わっていたが、平時は砲台のみが設置されており、砲本体は取り外し、陸上に保管することで食料等の搭載量を増やす運用を行っていった。

食糧補給以外にも訓練時に曳航標的船を搭載したり、無線監査艦を務めたり、分解した水上偵察機などの軍事物資の輸送や病院船としての役割を行うこともあった。また、クリーニング設備や強力な無線通信設備も搭載していた。

泊地に停泊中、当艦の食料供給能力を利用し、士官室を使用して海軍兵学校同窓会の会場として使用されたこともある。

戦前では日本海軍内でほぼ唯一の給糧艦[8]だったため、修理、整備以外の全ての期間で連合艦隊の付属として食糧の補給任務に従事した。大戦中も各地への食糧輸送に活躍したが、幾度か被害も受けた。1943年(昭和18年)10月11日に横須賀を出港、南方へ向かっていたが、12日父島北緯28度30分 東経137度28分 / 北緯28.500度 東経137.467度 / 28.500; 137.467で敵潜から雷撃を受ける[9]。この敵潜は潜水艦「セロ」(SS-225) であった。損傷した「間宮」は「朝風丸」(17日より潜水母艦「迅鯨」)に曳航され呉に帰投[9]。航海中の15日、連合艦隊司令長官古賀峯一大将の命令を受けた軽巡「五十鈴」が合流し、1日だけ「間宮」を護衛した[9]。翌年5月には東シナ海でアメリカ潜水艦「スピアフィッシュ」 (SS-190) の雷撃を受け損傷しているが、幸運にも大被害には至っていない。

1944年(昭和19年)12月20日にサイゴンからマニラ方面へ糧食輸送に従事中に海南島東方の南シナ海でアメリカ潜水艦「シーライオン」 (SS-315) の雷撃を受けて戦没した。

戦後、慰霊碑呉市長迫公園に建てられた。

艦長[編集]

※脚注なき限り『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」に基づく。

艤装員長
  1. 大谷四郎 大佐:1923年12月1日 - 1924年7月15日
特務艦長
  1. 大谷四郎 大佐:1924年7月15日 - 10月25日
  2. 片山登 中佐:1924年10月25日 - 1925年12月1日
  3. 山口清七 大佐:1925年12月1日 - 1926年11月1日
  4. 藤沢宅雄 中佐:1926年11月1日[10] - 1927年11月15日[11]
  5. 入江淵平 中佐:1927年11月15日[11] - 1928年12月10日[12]
  6. 合葉庄司 大佐:1928年12月10日[12] - 1929年11月30日[13]
  7. 小島謙太郎 大佐:1929年11月30日 - 1930年11月15日
  8. 藤森清一朗 中佐:1930年11月15日 - 1931年12月1日
  9. 富田貴一 大佐:1931年12月1日[14] - 1932年12月1日[15]
  10. 加藤正 大佐:1932年12月1日[15] - 1933年11月15日[16]
  11. 鈴木義尾 大佐:1933年11月15日 - 1934年5月25日
  12. 佐々木清恭 大佐:1934年5月25日 - 1934年11月15日
  13. 青柳宗重 大佐:1934年11月15日 - 1936年3月2日
  14. 柿本権一郎 大佐:1936年3月2日 - 12月1日
  15. 星野応韶 大佐:1936年12月1日 - 1937年11月15日
  16. 秋山門造 中佐[17]/大佐:1937年11月15日 - 1938年12月15日
  17. 三坂直廉 大佐:1938年12月15日[18] - 1939年11月15日[19]
  18. 野村留吉 大佐:1939年11月15日 - 1940年10月15日
  19. 野村保郎 中佐/大佐:1940年10月15日[20] - 1941年7月1日[21]
  20. 福吉保夫 大佐:1941年7月1日 - 11月5日
  21. 萬膳三雄 大佐:1941年11月5日[22] - 1942年10月3日[23]
  22. 大藤正直 大佐:1942年10月3日[23] - 1944年6月10日[24]
  23. (兼)清水正心 大佐:1944年6月10日[24] - 1944年8月29日[25] (本務:佐世保海軍港務部長)
  24. 加瀬三郎 大佐:1944年8月29日 - 12月21日戦死
軍都・呉市の長迫公園(旧海軍墓地)にある、間宮の慰霊碑

脚注[編集]

  1. ^ 『写真日本の軍艦第13巻』34頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 「給糧艦間宮現状 附冷凍魚の還元及取扱法」画像5,8,9,10。
  3. ^ a b c d e f g C13071993000「巻1/第6類 機密保護」画像7、艦船要目公表範囲。
  4. ^ a b c d e 『軍艦基本計画資料』Sheet27。
  5. ^ a b c d e f g h 「昭和十三年三月調艦艇要目等一覧表 その二」
  6. ^ 「あ号作戦後の兵装増備の状況調査」『日本補助艦艇物語』366頁、369頁。
  7. ^ #リバイバル戦記コレクション6163頁
  8. ^ 「間宮」の次に建造された糧食艦「伊良湖」の竣工は開戦3日前の1941年(昭和16年)12月5日だった。
  9. ^ a b c #戦史叢書中部太平洋方面海軍作戦(2)417頁
  10. ^ 『官報』第4258号、大正15年11月2日。
  11. ^ a b 『官報』第266号、昭和2年11月16日。
  12. ^ a b 『官報』第587号、昭和3年12月11日。
  13. ^ 『官報』第878号、昭和4年12月2日。
  14. ^ 『官報』第1478号、昭和6年12月2日。
  15. ^ a b 『官報』第1778号、昭和7年12月2日。
  16. ^ 『官報』第2064号、昭和8年11月16日。
  17. ^ 昭和12年11月15日付 海軍辞令公報(部内限)号外 第91号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072072500 
  18. ^ 昭和13年12月15日付 海軍辞令公報(部内限)号外 第273号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072074800 
  19. ^ 昭和14年11月15日付 海軍辞令公報(部内限)号外 第402号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072076700 
  20. ^ 昭和15年10月15日付 海軍辞令公報(部内限)第543号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072079000 
  21. ^ 昭和16年7月1日付 海軍辞令公報(部内限)第665号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072081600 
  22. ^ 昭和16年11月5日付 海軍辞令公報(部内限)第741号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072083000 
  23. ^ a b 昭和17年10月3日付 海軍辞令公報(部内限)第956号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072087200 
  24. ^ a b 昭和19年6月10日付 海軍辞令公報(部内限)第1510号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072099500 
  25. ^ 昭和19年9月2日付 秘海軍辞令公報 甲 第1582号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072100800 

参考文献[編集]

  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • C04015180200「給糧艦間宮現状 附冷凍魚の還元及取扱法」
    • C13071993000「巻1/第6類 機密保護」
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『戦史叢書62 中部太平洋方面海軍作戦(2) 昭和十七年六月以降』 朝雲新聞社、1973年2月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書 海軍軍戦備<1> 昭和十六年十一月まで』朝雲新聞社、1969年。
    • 付表第四その二「昭和十三年三月調艦艇要目等一覧表 その二 潜水艦、水雷艇、掃海艇、特務艦、特務艇、新造艦船」(軍極秘「昭和十二年度海軍省年表」より)。
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第13巻 小艦艇I』(光人社、1990年) ISBN 4-7698-0463-6
  • 福井静夫『福井静夫著作集第10巻 日本補助艦艇物語』光人社、1993年。 ISBN 4-7698-0658-2
  • 福田啓二編『軍艦基本計画資料』今日の話題社、1989年。 ISBN 4-87565-207-0
  • 藤田千代吉ほか 『証言 昭和の戦争*リバイバル戦記コレクション6 ミッドウェーの海に鋼鉄の浮城が燃えている』 光人社、1990年7月。ISBN 4-7698-0504-7

関連項目[編集]