室戸型給炭艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
室戸型給炭艦
室戸
艦級概観
艦種 給炭艦
艦名 岬の名
前級 -
次級 -
要目(1920年)
排水量 基準:8,215トン 常備:8,750トン
全長 垂線間長:105.16m (345ft)
全幅 15.24m (50ft)
吃水 7.06m (23ft 2in)
機関 円缶2基
直立3気筒3段膨張レシプロ1基
1軸 2,500馬力
速力 12.5ノット
航続距離 不明
燃料 石炭838トン
乗員 124名
兵装 45口径三年式12cm単装砲2門
(平時は陸上保管)
その他 石炭または貨物6,000トン

室戸型給炭艦(むろとがたきゅうたんかん)は、日本海軍給炭艦。同型艦2隻。第一次大戦後に補助艦として建造され、石炭を運送する目的のために建造された。石炭のほかに軍需品なども輸送した。

概要[編集]

1914年(大正3年)、日本海軍は第一次世界大戦に参戦し各地に遠征を行った。この時民間船を雇って石炭を補給をする費用は専用船を建造して運用する合計額とほぼ変わらない費用となり、本艦型が建造される事となった[1]。または戦争勃発による民間船需要の逼迫と賃貸料の高騰が理由とも言われる[2]1917年(大正6年)度の臨時軍事費により雑役船として2隻の運送船が計画され、翌年と翌々年に三菱神戸造船所で竣工した。1920年(大正9年)に特務艦中の運送艦(給炭)に類別が変更された。

艦型はいわゆる3島型の貨物船で、艦の前後に12cm砲を各1門ずつ装備する以外は民間のそれと大きな違いはない。アメリカ海軍の給炭艦は大規模な給炭設備を擁したが、本艦型にはそれもなかった。

1番艦「室戸」は1932年(昭和7年)に臨時の病院船設備を搭載した。ただし種別は運送艦のままとされている。この時に船橋楼甲板を延長し2番艦「野島」との区別が容易となった。同時に砲を8cm高角砲に換装している。

「野島」は1930年(昭和5年)にボイラーを宮原缶3基に換装、速力が14ノットに向上した。1932年(昭和7年)には砲を8cm高角砲に換装している。

両艦とも日中戦争太平洋戦争に参戦し「室戸」は病院船任務と輸送任務に、「野島」は輸送任務に就き両艦とも大戦中に戦没している。

同型艦[編集]

参考文献[編集]

  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第13巻 小艦艇I』(光人社、1990年) ISBN 4-7698-0463-6
  • 『世界の艦船 増刊第47集 日本海軍特務艦船史』(海人社、1997年3月号増刊、第522集)
  • 福井静夫『福井静夫著作集第10巻 日本補助艦艇物語』(光人社、1993年)ISBN 4-7698-0658-2

脚注[編集]

  1. ^ 『写真 日本の軍艦 第13巻』p20。
  2. ^ 『世界の艦船 日本特務艦船史』p26。

関連項目[編集]