ペナン島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ペナン島 (ペナンとう、マレー語:Pulau Pinang, Penang, 檳島) は、マレー半島の西方、マラッカ海峡に位置するである。対岸のマレー半島部分バターワースと合わせてマレーシアペナン州を構成している。

ペナン島
座標 北緯5度24分0秒
東経100度14分0秒
面積 295 km²
最高標高 833 m
最高峰 ペナン・ヒル
所在海域 マラッカ海峡
所属国・地域 マレーシアの旗 マレーシア
ペナン州
テンプレートを表示

地理[編集]

北緯5度24分、東経100度14分に位置する。島の面積は295km2で、東西12km、南北24kmの広さをもっているが、全体に平地は多くはない。島の最高峰は標高833mのペナン・ヒルである。

マレー半島とは長さ13.5kmのペナン・ブリッジによって結ばれているほか、フェリーが頻繁に往来している(所要時間は20分ほど)。マレーシアの首都クアラルンプールからは北西に約350km離れている。

2007年現在のペナン州の人口は約150万人、ペナン島の人口は約70万人程度で、そのうちジョージタウンの人口は約30万人である。住民には華人の割合が高い。次いで、マレー系インド系タミル人が多い。イスラム教仏教大乗仏教上座部仏教など)、道教ヒンドゥー教カトリック英国国教会シーク教など、きわめて多様な宗教施設が集中している。

歴史[編集]

東西貿易の十字路であるマラッカ海峡に位置する地の利を生かして、古くから交易船の寄港地として栄えた。

1786年クダ王国の支配下にあったペナン島はイギリスに割譲され、自由貿易港となった。ペナンは、シンガポールマラッカとともに「海峡植民地」の一角となり、関税を課していたバタヴィアなどを敬遠する交易船が頻繁に寄航するようになった。しかし、1832年に海峡植民地の拠点がペナンからシンガポールに移ると、海峡貿易の中心地の地位をシンガポールに譲ることになった。

1914年第一次世界大戦に際してはドイツ巡洋艦エムデン通商破壊活動の一環として奇襲し、大被害を与えた。

第二次世界大戦に際しては1941年日本軍によるマレー作戦の一環として占領され、以後はインド洋における日本海軍の重要な作戦拠点となった。またドイツ潜水艦Uボート)も通商破壊活動の基地とした。

2008年、マラッカ海峡の歴史的都市群としてマラッカとともにジョージタウン世界遺産に登録された。

現在[編集]

ジョージタウンは、住宅デパートショッピングモールホテル病院官公庁など市民生活に必要な施設・設備が充実しており、また質の高い公共サービスも提供されている。

ペナン島は「東洋の真珠 (The Pearl of The Orient)」と呼ばれ、現在でもマレーシア随一の観光地である。近年、世界遺産に登録された市街地のジョージタウンと、島の北部のパトゥ・フェリンギ、テロック・バハンなどの高級リゾートホテルが立ち並ぶビーチという二つの観光地の側面を持つ。日本人観光客の姿も多く見受けられる。

また政府主導によって長期滞在者の優遇措置がとられており(長期ビザ支給の規制緩和など)、欧米諸国や日本などからの定年退職者が「第二の人生」あるいは「楽園での余生」を楽しむために長期滞在している。

交通[編集]

空港[編集]

日本との直行便は存在しないため、クアラルンプールシンガポールバンコク香港など周辺空港での乗り継ぎが必要になる。

鉄道[編集]

島内に鉄道は存在しないが、対岸のバターワースマレー鉄道バターワース駅がある。

ここから南はクアラルンプールシンガポール、北はバンコクなどに行くことができる。

また空港とタンジョン・トコン地区を結ぶモノレールの建設計画も存在するが予算の凍結により宙に浮いた状態になっている。

バス[編集]

鉄道が存在しないため島内の公共交通の中心はバスである。

主にコムターとバターワース行きフェリーのりば付近(ジェティ又はウエルド埠頭)の2つのターミナルに多数のバスが発着しており、ここからビーチリゾートであるタンジョン・ブンガ地区や、空港、ペナン・ヒルなど島内各地へ移動することができる。

乗車時に運転手に行き先を告げ先払いをする形が一般的で、タクシーに比べ安価であるため自家用車を持たない地元の人々や観光客の足となっている。

また、マレーシア各地とも多数のバス会社により長距離バスで結ばれている。

春節(華人系のお正月)やハリ・ラヤ(マレーシアのお盆)など繁忙期をのぞき空席に困ることはまず無いが、これまでコムター付近にあった長距離バスターミナルの便が一部を除き郊外のスンガイニボン地区に移されたため、フェリーを利用して、より大きなバタワースのバスターミナルを利用したほうが便利な場合も多い。

バターワースのバスターミナルはフェリー乗り場とバターワース駅に隣接した所にあり、ジョージタウン発着の便に比べて行き先本数共に豊富である(マレーシア各地とを結ぶ便やバス会社の中にはバターワース止まりでペナン島内まで乗り入れてこない事も多いため)。

また、この付近では現在ペナン・セントラルという交通ターミナルが整備中であり、今後ペナン州においての鉄道、港湾、バス、高速道路ICなどの一大ハブになる予定である。

港湾[編集]

対岸のバターワースとを結ぶフェリーが早朝から深夜まで約20分おきに出ている。

2009年9月現在、ペナン島へは1.2RM、ペナン島からバターワースへは無料である。

また、ランカウイ島インドネシアメダンなどとの長距離フェリーターミナルも近くに存在する。

道路[編集]

島内の道路はよく整備されているが、人口や車両の増加、またイギリス統治時代のままの広さの道路も多いなどの問題があり、中心部やペナンブリッジ両端付近などで渋滞が激しくまた事故やトラブルも多いためバスやタクシーなどの遅延の原因になっている。

この様なことから二本目の橋やバイパス道路などが計画された。二本目の橋であるペナン第2大橋はペナン島南東部の空港付近と本土側バトゥ・カワン地区を結び2014年3月1日に開通した[1]

また多数の観光用のトライショー(人力車)が存在しているが、それぞれナンバープレートを持ち、ペナン島内では車よりもこちらが優先して走る事になっている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “ペナン第2大橋の通行料金、4月1日から8.50リンギに”. マレーシア ナビ!. (2014年4月1日). http://www.malaysia-navi.jp/news/?mode=d&i=3054 2014年4月17日閲覧。 

外部リンク[編集]