長鯨 (潜水母艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
長鯨(1942年)
艦歴
計画 1923年新補充計画
起工 1922年3月11日
進水 1924年3月24日
就役 1924年8月20日竣工
除籍 1945年10月15日
その後 1946年から1947年に解体
性能諸元 (竣工時)
排水量 基準:5,160英トン
公試:7,678トン
全長 125.4m
全幅 水線幅:16.215m
吃水 6.283m
機関 ロ号艦本式缶5基
パーソンズ式ギアードタービン2基
2軸 7,500馬力
速力 16ノット(計画)[1]
航続距離 10,400カイリ / 14ノット
燃料 石炭:402トン
重油:2,047トン[2]
乗員 399名
兵装 50口径三年式14cm連装砲2基
40口径三年式7.6cm単装高角砲2基
航空機 水上偵察機1機(1930年以降)[3]
その他 補給用重油:1,900トン

長鯨(ちょうげい)は、大日本帝国海軍潜水母艦で、迅鯨型潜水母艦の2番艦。戦後に復員輸送に従事した後に解体。

概要[編集]

1920年(大正9年)度の計画(八八艦隊案)により建造が予定されていたが起工前にワシントン軍縮条約が締結された。それにより計画艦の中で起工前のものの予算は一度見直された。幸い本艦は計画中止になることなく1923年大正12年度艦艇補充計画により改めて予算を獲得、建造された。

1924年(大正13年)8月2日に水雷母艦として三菱重工業長崎造船所にて竣工、呉鎮守府籍に編入された。翌9月8日には早くも第2潜水戦隊旗艦となり第2艦隊に編入された。同年12月に潜水母艦に類別変更される。艦隊編入後は中国方面や南洋に進出し活動した。

1935年(昭和10年)に一度練習艦となる。友鶴事件による改装はこの時期に行われたようである[4]。開戦1年前の1940年(昭和15年)11月に第2潜水戦隊旗艦に復帰、翌年6月に第6潜水戦隊旗艦となりそのまま太平洋戦争に参戦した。

開戦時はカムラン湾に進出、フィリピン攻略や蘭印攻略を支援した。1942年(昭和17年)4月10日に呉鎮守府部隊となり、以後は海軍潜水学校練習艦として訓練に従事した。1943年(昭和18年)1月15日に「迅鯨」と入れ替わりに第7潜水戦隊旗艦となり第8艦隊に編入、トラックラバウル方面へ進出し同方面の潜水艦作戦を支援した。11月29日より第11潜水戦隊の旗艦となり、瀬戸内海にもどり訓練に従事する。1944年(昭和19年)8月には沖縄方面の輸送任務に2回従事する。その後は内海の訓練に戻った。

1945年(昭和20年)に入り瀬戸内海が機雷で封鎖されたため6月に舞鶴港に移動した。7月30日に敵艦上機の攻撃で艦橋に直撃弾を受け中破、そのままの状態で終戦を迎えた。

艦橋は戦後に修理され復員輸送に従事した。本来の機関科兵は全員帰郷してしまい、機関科未経験の元神雷部隊隊員(特攻兵器「桜花」部隊)約20名が「長鯨」に配属される[5]。艦内規律も失われ混乱の中、素人の機関科兵達は機関室火災と修理と整備を繰返しつつ「長鯨」を運用していった[6]。妊娠中の女性が「長鯨」乗船中に出産し、「長鯨」にちなんだ名前が付けられた事もあったという[7]。1946年(昭和21年)8月15日をもって復員船任務解除。その後は日立造船向島造船所で解体され、1947年(昭和22年)初めに解体完了した。船体の一部は同所の浮き桟橋に利用されたという。

兵装の変遷[編集]

航空機は1927年(昭和2年)度に一度搭載し、1930年(昭和5年)度より常時、一四式水上偵察機を1機搭載した。射出機は搭載されず、デリックで水上に降ろして運用していた。1940年(昭和15年)ころには九四式水上偵察機を搭載していたらしい[3]

8cm高角砲2基は1940年(昭和15年)ころ25mm機銃連装2基と交換された。大戦中の機銃増備は明らかでないが艦橋前に25mm機銃連装2基、その他同単装機銃10挺を増備していたとされる[8]。また21号電探が前部マストのトップに装備された。

艦歴[編集]

  • 1922年(大正11年)3月11日 三菱長崎造船所にて起工
  • 1924年(大正13年)3月24日 進水
    • 8月20日 竣工(建造時の艦種は水雷母艦)
    • 9月8日 第2艦隊第2潜水戦隊の旗艦となる
    • 12月1日 潜水母艦に艦種変更
  • 1932年(昭和7年) 第一次上海事変に参加
  • 1933年(昭和8年)11月15日 第1艦隊第1潜水戦隊の旗艦となる
  • 1934年(昭和9年) 友鶴事件発生。翌年に(推定)復元性向上のため改装を受ける
    • 11月15日 第2艦隊第2潜水戦隊の旗艦となる
  • 1935年(昭和10年)10月15日 練習艦となる
  • 1937年(昭和12年)7月28日 第2艦隊付属
    • 10月20日 予備艦
  • 1939年(昭和14年)4月1日 海軍航海学校練習艦
  • 1940年(昭和15年)11月15日 第6艦隊第2潜水戦隊の旗艦となる
  • 1941年(昭和16年)第3艦隊第6潜水戦隊の旗艦となる
    • 12月9日 カムラン湾で警泊
  • 1942年(昭和17年)1月4日 サマール島に陸戦隊を送る
  • 1943年(昭和18年)1月15日 第8艦隊第7潜水戦隊の旗艦兼母艦
  • 1944年(昭和19年)8月 沖縄への輸送任務に2回従事
  • 1945年(昭和20年) 6月4日 舞鶴に回航
    • 6月8日 機雷により損傷
    • 7月30日 敵機の攻撃を受け中破、舞鶴で終戦を迎える
    • 10月15日 除籍、その後は復員艦として使用
  • 1946年(昭和21年)9月ころ 尾道の日立造船向島造船所で解体開始
  • 1947年(昭和22年)はじめころ 解体完了

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』197-199頁、『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」及び『官報』に基づく。

艤装員長[編集]

  1. 湯地秀生 大佐:1924年3月25日 -

艦長[編集]

  1. 湯地秀生 大佐:1924年8月2日 - 12月1日
  2. 尾本知 大佐:1924年12月1日 - 1925年12月1日
  3. 益子六弥 大佐:1925年12月1日 - 1926年12月1日
  4. 南部道二郎 大佐:1926年12月1日 - 1927年12月1日
  5. 倉賀野明 大佐:1927年12月1日 - 1928年12月10日
  6. 野村直邦 大佐:1928年12月10日 - 1929年5月1日
  7. 和田専三 大佐:1929年5月1日 - 1929年11月1日[9]
  8. 白根貞介 大佐:1929年11月5日 - 1930年11月15日[10]
  9. 大和田芳之介 大佐:1930年11月15日 - 1931年12月1日[11]
  10. 横山菅雄 大佐:1931年12月1日 - 1933年11月15日
  11. 春日末章 大佐:1933年11月15日[12] - 1934年11月15日[13]
  12. 吉富説三 大佐:1934年11月15日 -
  13. 藤永紫朗 中佐:不詳 - 1935年11月15日[14]
  14. 吉富説三 大佐:不詳 - 1936年12月1日[15]
  15. 龍崎留吉 大佐:1936年12月1日 -
  16. 鵜池六蔵 大佐:1937年11月21日 -
  17. 久宗米次郎 大佐:1938年12月15日 -
  18. 田代蘇平 大佐:1939年3月30日 -
  19. 駒沢克己 大佐:1939年11月15日 -
  20. 長井満 大佐:1941年10月15日 -
  21. 小田為清 大佐:1942年4月5日 -
  22. 貴島盛次 大佐:1943年9月17日 -
  23. 寺岡正雄 大佐:1943年12月20日 -
  24. 溝畠定一 大佐:1944年7月27日 -

特別輸送艦艦長[編集]

  1. 杉谷永秀 大佐

同型艦[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 計画では16ノットだが実際には18ノット近く出たとされる(『海軍艦艇史 3』p270。
  2. ^ 『海軍艦艇史 3』の巻末表による。
  3. ^ a b 航空機の搭載時期については『写真 日本の軍艦 第13巻』p95から「1927年度に搭載、1930年より再度搭載」とした。『海軍艦艇史3』の巻末表によると「1930年より搭載」、ただし本文中では「昭和3年(1928年)ころには既に搭載」となっている。
  4. ^ 『写真 日本の軍艦 13巻』p95より。
  5. ^ #最後の海空戦226頁
  6. ^ #最後の海空戦227頁
  7. ^ #最後の海空戦228頁
  8. ^ 『写真 日本の軍艦 第13巻』p96による。
  9. ^ 『官報』第854号、昭和4年11月2日。
  10. ^ 『官報』第1166号、昭和5年11月17日。
  11. ^ 『官報』第1478号、昭和6年12月2日。
  12. ^ 『官報』第2064号、昭和8年11月16日。
  13. ^ 『官報』第2364号、昭和9年11月16日。
  14. ^ 『官報』第2663号、昭和10年11月16日。
  15. ^ 『官報』第2976号、昭和11年12月2日。

参考文献[編集]

  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第13巻 小艦艇I』(光人社、1990年) ISBN 4-7698-0463-6
  • 片岡紀明 『最後の海空戦 若き最前線指揮官たちの日米戦争』 光人社、2003年12月。ISBN 4-7698-1164-0
    • 機関科魂は消えず――軽巡洋艦「能代」機関科分隊士・斉藤義衛(斉藤は能代沈没後、駆逐艦宵月や回天部隊勤務を経て、1945年10月より長鯨分隊長)
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』(光人社、2005年) ISBN 4-7698-1246-9
  • 福井静夫『海軍艦艇史 3 航空母艦、水上機母艦、水雷・潜水母艦』(KKベストセラーズ、1982年) ISBN 4-584-17023-1
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 官報

関連項目[編集]