樅型駆逐艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
樅型駆逐艦
Japanese destroyer Kuri in 1937.jpg
艦級概観
艦種 二等駆逐艦
艦名 草木
前級 楢型駆逐艦
次級 若竹型駆逐艦
性能諸元
排水量 基準:770t
全長 83.82m
全幅 7.93m
吃水 2.44m
主缶 ロ号艦本式罐・重油焚3缶
主機 オールギアードタービン2基2軸 21,500hp
「蕨」ほか3隻は技本・ブラウン式オールギヤードタービン2基2軸 21,500hp
「菱」ほか1隻はパーソンス式オールギヤードタービン2基2軸 21,500hp
「菫」ほか1隻はツェリー式オールギヤードタービン2基2軸 21,500hp
最大速力 36.0kt
航続距離 14ktで3000海里
燃料 重油250t
乗員 107名
兵装 12cm単装砲3門
53cm連装魚雷発射管2基4門
6.5mm単装機銃2基

樅型駆逐艦(もみかたくちくかん)は、大日本帝国海軍駆逐艦の艦級。

概要[編集]

1917年(大正6年)度予算(八四艦隊計画)で18隻、1918年(大正7年)度追加予算(八六艦隊計画)で3隻建造された。同時期に計画された峯風型一等駆逐艦の小型版で、船体や兵装配置などが峯風型と似ている。二等駆逐艦として初めてオールギアードタービンを搭載し、重油専焼缶とする。ちなみにタービンは各艦それぞれ違った型式のものが搭載され、性能が比較されている。

1920年(大正9年)3月、佐多岬沖で実施された楡の公試成績では排水量893t、軸馬力23,165shpにおいて速力34.35ktを記録した。

太平洋戦争開戦時、多くは哨戒艇に転籍したり除籍され練習艦任務に就いていたりしたが、駆逐艦籍に残っている艦もあった。哨戒艇、駆逐艦籍にある艦は船団護衛任務に活躍している。

主機械[編集]

各艦の形式

  • ブラウン・カーチス式(ジョン・ウラウン社製) - 蕨、蓼
  • ブラウン・カーチス式(川崎製) - 榧
  • 高圧インパルス・低圧リアクション式一段減速(三菱製)- 柿
  • パーソン式反動(キャメル・レアード社製) - 蓮、菱
  • ツエリー式(石川島製) - 菫

同型艦[編集]

解説は竣工日(造船所)- その後(カッコ内は沈没場所)。斜体は、太平洋戦争開戦時に駆逐艦籍にあった艦。
※艦長等は『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」及び『官報』に基づく。

樅(もみ)[編集]

1919年12月27日竣工(横須賀海軍工廠)- 1932年4月1日除籍。1936年訓練射撃用標的。
駆逐艦長
大久保義雄 少佐:不詳 - 1920年12月1日[1]
南雲忠一 少佐:1920年12月1日 - 1921年11月1日
(心得)後藤英次 大尉:1921年11月1日 - 1921年12月1日
後藤英次 少佐:1921年12月1日 - 1922年12月1日
中円尾義三 少佐:1922年12月1日 - 1924年6月10日
内藤淳 少佐:不詳 - 1925年12月1日[2]
(兼)柴田力 少佐:1925年12月1日 - 1926年4月20日
(兼)井原美岐雄 少佐:不詳 - 1926年12月1日[3]
西岡茂泰 少佐:1926年12月1日 - 1928年9月27日
江戸兵太郎 少佐:1929年2月1日 - 1929年11月30日
(兼)西村義治 少佐:1929年11月30日[4] -
山本岩多 大尉:1930年11月1日 - 1931年4月15日

榧(かや)[編集]

1920年3月26日竣工(横須賀海軍工廠)- 1940年2月1日除籍。
駆逐艦長
(兼)大久保義雄 少佐:不詳 - 1920年12月1日[1]
中島隆吉 少佐:1920年12月1日 - 1921年12月1日
吉田庸光 少佐:1921年12月1日 - 1922年12月1日
加藤仁太郎 少佐:1922年12月1日 - 1923年10月15日
池田久雄 少佐:不詳 - 1925年12月1日[2]
(兼)長谷部喜蔵 少佐:1925年12月1日[2] -
(兼)樋口通達 少佐:不詳 - 1926年12月1日[3]
久宗米次郎 少佐:1926年12月1日 - 1928年12月10日
江口松郎 少佐:1928年12月10日 - 1929年11月30日
西村義治 少佐:1929年11月30日[4] -
村上暢之助 少佐:1932年4月1日 - 1932年12月1日

楡(にれ)[編集]

1920年3月31日竣工(呉海軍工廠)- 1940年2月1日除籍。1940年10月15日、航海学校付属の練習船。1944年12月17日、楡 (橘型駆逐艦)との区別のため、第一泊浦(だいいちとまりうら)に改称。1945年7月11日、横須賀海兵団(横須賀突撃隊供用)所属の特攻母艦。戦後解体。
駆逐艦長
岩村清一 少佐:1921年12月1日 - 1922年5月1日
山本弘毅 少佐:1922年6月16日 - 1922年12月1日
木幡行 少佐:1922年12月1日 - 1923年5月1日
佐藤慶蔵 少佐:不詳 - 1926年12月1日[3]
山本正夫 少佐:1926年12月1日[3] -
高次貫一 少佐:1928年12月10日 - 1930年12月1日
荘司喜一郎 少佐:1930年12月1日 - 1931年12月1日
井上良雄 大尉:1933年5月25日 - 1934年8月10日

(くり)[編集]

1920年4月30日竣工(呉海軍工廠)- 掃海作業中の1945年10月8日釜山港で触雷沈没。1945年10月25日除籍。

梨(なし)[編集]

1919年12月10日竣工(川崎造船所)- 1940年2月1日除籍。
駆逐艦長
鈴木清 少佐:1920年12月1日[1] -
近藤英次郎 少佐:1921年12月1日 - 1922年12月1日
(心得)藤田類太郎 大尉:1923年11月20日 - 1923年12月1日
藤田類太郎 少佐:1923年12月1日 - 1924年8月20日
(心得)柴田力 大尉:1924年8月20日 - 1924年12月1日
柴田力 少佐:1924年12月1日 - 1926年4月20日
井原美岐雄 少佐:不詳 - 1926年12月1日[3]
橋本信太郎 少佐:1926年12月1日 - 1927年12月1日
杉本道雄 少佐:1927年12月1日 - 1929年1月15日
岡野慶三郎 少佐:不詳 - 1929年11月30日[4]
松田尊睦 大尉:1929年11月30日 - 1930年11月1日

竹(たけ)[編集]

1919年12月25日竣工(川崎造船所)- 1940年2月1日除籍。除籍後は舞鶴海兵団の練習船。1944年2月10日、機関学校附属の練習船。1948年解体、船体は秋田県秋田港防波堤となるが、1975年、港の外港展開とともに取り除かれた。
駆逐艦長
染河啓三 少佐:不詳 - 1920年12月1日[1]
石川哲四郎 少佐:1920年12月1日 - 1921年12月1日
小沢治三郎 少佐:1921年12月1日 - 1922年12月1日
石戸勇三 少佐:1923年6月15日 - 1924年12月1日
福沢常吉 少佐:1927年12月1日 - 1929年11月30日
(兼)松田尊睦 大尉:1929年11月30日 - 1930年11月1日

柿(かき)[編集]

1920年8月1日竣工(浦賀船渠)- 1940年2月1日除籍。1940年10月15日、兵学校付属の練習艦。1945年2月23日、柿 (橘型駆逐艦)との区別のため、大須(おおす)に改称。終戦直後の台風で座礁、解体。
駆逐艦長
亥角喜蔵 少佐:1915年3月1日 - 9月8日
市村久雄 少佐:1915年9月8日 - 1916年8月1日
原精太郎 少佐:1917年12月1日 - 1919年8月20日
小山泰治 少佐:不詳 - 1920年12月1日[1]
原精太郎 少佐:1920年12月1日[1] -
佐野哲 少佐:不詳 - 1922年11月1日[5]
(心得)伊藤長 大尉:1922年11月1日[5] -
阿部弘毅 少佐:1925年12月1日 - 1926年12月1日
山口次平 少佐:1926年12月1日 - 1927年12月1日
松永貞市 少佐:1927年12月1日 - 1929年11月1日
則満宰次 大尉:1929年11月1日 - 1930年12月1日
瀬戸山安秀 少佐:1930年12月1日 - 1932年12月1日
(兼)西村祥治 中佐:1933年5月17日 - 1933年5月25日
河野康 少佐:1933年5月25日 - 11月1日
久保田智 少佐:1933年11月1日 - 1934年9月29日

(つが)[編集]

1920年7月20日竣工(石川島造船所)- 1945年1月15日、高雄にて航空機の攻撃により戦没。

菊(きく)[編集]

1920年12月10日竣工(川崎造船所)- 1940年4月1日、哨戒艇に類別変更。第31号哨戒艇に改称。1944年3月30日、航空機の攻撃により戦没(パラオ西水道)。
駆逐艦長
西村祥治 少佐:1926年11月1日 - 1927年11月1日
(兼)境澄信 中佐:不詳 - 1929年11月30日[4]
(兼)中川浩 少佐:1929年11月30日 - 1930年11月1日
清水利夫 大尉:1930年11月1日 - 1931年10月24日
前川新一郎 大尉:1934年6月1日 - 11月15日

葵(あおい)[編集]

1920年12月20日竣工(川崎造船所)- 1940年4月1日、哨戒艇に類別変更。第32号哨戒艇に改称。1941年12月22日、ウェーキ島上陸作戦で擱座、放棄。
艤装員長
千谷定衛 少佐:1920年11月20日 - 12月20日
駆逐艦長
千谷定衛 少佐:1920年12月20日 - 1921年12月1日
藤森清一朗 少佐:1922年7月20日 - 1922年8月19日
鈴木幸三 少佐:1925年1月6日 - 1925年4月20日
杉本道雄 大尉:1926年10月15日 - 1927年11月1日
板垣盛 少佐:1927年11月1日 - 1928年12月10日
(兼)福原一郎 中佐:不詳 - 1929年11月30日[4]
(兼)藤田俊造 少佐:1929年11月30日[4] -
瀬戸山安秀 少佐:1932年12月1日 - 1933年11月1日

萩(はぎ)[編集]

1921年4月20日竣工(浦賀船渠)- 1940年4月1日、哨戒艇に類別変更。第33号哨戒艇に改称。1941年12月22日、ウェーキ島上陸作戦で擱座、放棄。1942年1月10日除籍。
駆逐艦長
河瀬四郎 少佐:1924年12月1日 - 1925年5月20日
栗田健男 少佐:1925年12月2日 - 1926年12月1日
(兼)武田喜代吾 少佐:不詳 - 1927年8月10日[6]
伊藤弁之助 少佐:1926年12月1日[3] -
清水他喜雄 少佐:1927年8月10日[6] -
木村昌福 少佐:1929年9月5日 - 1930年11月15日
(兼)島崎利雄 少佐:1930年11月15日 - 1930年12月1日
折田常雄 大尉:1933年10月1日 - 1935年4月25日
岩上次一 少佐:1936年12月1日 - 1938年2月21日

薄(すすき)[編集]

1921年5月25日竣工(石川島造船所)- 1940年4月1日、哨戒艇に類別変更。第34号哨戒艇に改称。1944年7月3日、航空機の攻撃により戦没(トラック)。
駆逐艦長
広瀬末人 少佐:1924年12月1日 - 1927年6月20日
高橋一松 少佐:1927年11月15日 - 1928年12月10日
中川浩 少佐:1928年12月10日 - 1929年10月3日
村上暢之助 大尉:1929年10月3日 - 1931年11月2日

藤(ふじ)[編集]

1921年5月31日竣工(藤永田造船所)- 1940年4月1日、哨戒艇に類別変更。第36号哨戒艇に改称。スラバヤで終戦。復員輸送中にインドネシア軍に奪取されたが後にオランダ軍が接収。

蔦(つた)[編集]

1940年代に撮られた35号哨戒艇
1921年6月30日竣工(川崎造船所)- 1940年4月1日、哨戒艇に類別変更。第35号哨戒艇に改称。1942年9月2日、航空機の攻撃により戦没(ビコリア島北東)。
駆逐艦長
大熊政吉 少佐:1921年12月1日 - 1922年12月1日
竹下志計理 少佐:1923年6月1日 - 1923年10月15日
佐倉武夫 少佐:1923年10月15日 - 1924年5月10日
五藤存知 少佐:1924年5月10日 - 1925年12月1日
多田武雄 少佐:1925年12月1日 - 1926年4月20日
大藤正直 少佐:不詳 - 1926年12月1日[3]
宮武重敏 少佐:1926年12月1日[3] -
早川幹夫 少佐:1928年12月10日 - 1929年11月30日
勝原満好 少佐:1929年11月30日[4] -
(兼)村上暢之助 少佐:1930年12月1日 - 1931年11月2日
岩上次一 少佐:1938年2月21日 - 12月1日

葦(あし)[編集]

1920年11月15日竣工(川崎造船所)- 1940年2月1日除籍。1940年10月15日、航海学校付属の練習船。1944年12月17日、葦 (橘型駆逐艦)との区別のため、第二泊浦(だいにとまりうら)に改称。1945年7月11日、横須賀海兵団(横須賀突撃隊供用)所属の特攻母艦となるが、後に擱座(東京港第2海堡)。
駆逐艦長
横山徳治郎 少佐:1922年12月1日 - 1923年11月20日
大島四郎 少佐:1924年12月1日 - 1925年12月1日
森友一 大尉:1925年12月1日 - 1927年1月20日
須賀彦次郎 少佐:1927年1月20日 - 1927年11月1日
金桝義夫 少佐:1928年2月10日 - 1928年11月20日
崎山釈夫 少佐:1928年11月20日 - 1929年11月30日
伊崎俊二 少佐:1929年11月30日 - 1930年12月1日
安武史郎 少佐:1932年10月10日 - 1934年11月1日

菱(ひし)[編集]

1922年3月23日竣工(浦賀船渠)- 1940年4月1日、哨戒艇に類別変更。第37号哨戒艇に改称。1942年1月23日、米駆逐艦4隻と交戦沈没(バリックパパン)。1942年4月10日除籍。
駆逐艦長
後藤英次 少佐:1924年1月21日 - 1925年12月1日
板垣盛 少佐:1925年12月1日 - 1927年11月1日
篠田勝清 大尉:1928年2月1日 - 1929年11月30日
兄部勇次 少佐:1929年11月30日 - 1930年11月21日

(はす)[編集]

1922年7月31日竣工(浦賀船渠)- 青島で終戦。戦後解体。船体は福井県四箇浦港防波堤。

菫(すみれ)[編集]

1923年3月31日竣工(石川島造船所)- 1940年2月1日除籍。1940年11月15日、兵学校付属の練習艦。1945年2月23日、菫 (橘型駆逐艦)との区別のため、三高(みたか)に改称。戦後解体。
駆逐艦長
神山徳平 少佐:不詳 - 1925年12月1日[2]
河原金之輔 少佐:1925年12月1日[2] - 1926年12月1日[3]
勝野実 少佐:1926年12月1日 - 1927年6月20日
藤田類太郎 少佐:1927年6月20日 - 1927年12月1日
(兼)金桝義夫 少佐:1928年9月27日 - 1928年11月20日
清水利夫 少佐:1931年10月24日 - 1933年11月15日
吉川潔 大尉:1934年11月15日 - 1935年11月15日

蓬(よもぎ)[編集]

1922年8月19日竣工(石川島造船所)- 1940年4月1日、哨戒艇に類別変更。第38号哨戒艇に改称。1944年11月25日、米潜アトゥルの雷撃により戦没(バシー海峡)。
駆逐艦長
帖佐敬吉 少佐:不詳 - 1926年12月1日[3]
大藤正直 少佐:1926年12月1日[3] -
(兼)伊集院松治 少佐:1929年11月1日 - 1929年11月30日
博義王 少佐:1929年11月30日[4] -
松原博 少佐:1930年12月1日 - 1931年11月2日
天野重隆 大尉:1931年11月2日 - 1933年5月17日

蕨(わらび)[編集]

1920年10月12日竣工(藤永田造船所)- 1927年8月24日、神通と衝突沈没(島根県美保ヶ関沖、美保関事件)。
駆逐艦長
藍原有孝 少佐:1922年12月1日 - 1923年12月1日
友成佐市郎 少佐:1923年12月1日 - 1924年6月1日
日台虎治 少佐:1924年6月1日 - 1924年8月1日
久我徳一 少佐:不詳 - 1925年12月1日[2]
池田久雄 少佐:1925年12月1日[2] -
直塚八郎 少佐:1926年2月5日 - 1926年11月1日
五十嵐恵 少佐:1926年12月1日[3] -

蓼(たで)[編集]

シーウルフから撮影された第39号哨戒艇の最期
1922年7月31日竣工(藤永田造船所)- 1940年4月1日、哨戒艇に類別変更。第39号哨戒艇に改称。1943年4月23日、米潜「シーウルフ」の雷撃により戦没(与那国島南方)。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『官報』第2501号、大正9年12月2日。
  2. ^ a b c d e f g 『官報』第3982号、大正14年12月2日。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l 『官報』第4283号、大正15年12月2日。
  4. ^ a b c d e f g h 『官報』第878号、昭和4年12月2日。
  5. ^ a b 『官報』第3077号、大正11年11月2日。
  6. ^ a b 『官報』第186号、昭和2年8月11日。

参考文献[編集]

  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第11巻 駆逐艦Ⅱ』光人社、1990年。
  • 片桐大自『聯合艦隊銘銘伝』光人社、1993年。
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 官報