オランダ軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オランダ軍
Nederlandse krijgsmacht
総人員
徴兵制度 なし
関連項目
歴史
テンプレートを表示

オランダ軍(オランダぐん)は、オランダにおける国軍。


概要[編集]

オランダは北大西洋条約機構に加盟しており、集団安全保障体制を構築している。以下の4軍からなる。

歴史[編集]

19世紀にオランダが再独立して以降、しばらくは戦乱に巻き込まれることはなかった。第一次世界大戦の際には中立を通し、参戦しなかった。1939年に第二次世界大戦が勃発しても中立政策を放棄しなかった。オランダは情勢の緊迫化に伴い軍の増強を進めたが1940年の時点で弱体な9個師団を編成したのみであり、ほかには洪水戦略により国土防衛を行なう計画であった。1940年5月10日にドイツ軍の侵攻が開始され、オランダにおける戦いが始まった。ドイツ軍は空挺部隊も用いて迅速に進撃し、オランダは5月17日には降伏した。オランダ領東インドについては植民地軍が展開していたが、これも1942年1月より日本軍の侵攻が開始され、3月上旬には全域が占領された。

第二次世界大戦中はオランダ本土ではレジスタンス運動なども実施されたが、一部地域を除き、終戦までドイツに占領されたままであった。

第二次世界大戦後は北大西洋条約機構(NATO)に加盟し、徴兵制の施行を行い、軍備を拡充し、東西ドイツ国境への派遣準備を整えていた。また、インドネシア独立戦争にも参戦した。冷戦後は軍備を縮小し、1996年には徴兵制を廃止し、完全志願制に移行している。

陸軍[編集]

王立陸軍(Koninklijke Landmacht)は、2008年時点で3個旅団を主力としており、他に特殊部隊を有している。主な装備としてはレオパルト2A6戦車やAH-64D アパッチ・ロングボウ攻撃ヘリコプターなど。コソボやイラク、アフガニスタンにも兵員を派遣している。2011年には戦車と自走榴弾砲を全廃するという大胆な軍縮を行った。

海軍[編集]

王立海軍(Koninklijke Marine)は、古くは17世紀の英蘭戦争など、長い伝統を持つ。1950年代から60年代にかけては軽空母カレル・ドールマンを運用していたこともあったが、2008年時点ではフリゲート6隻および掃海艇を主力としている。オランダ海軍航空隊およびオランダ海兵隊も有しているほか、オランダ沿岸警備隊も傘下にある。

空軍[編集]

王立空軍(Koninklijke Luchtmacht)は、防空任務を主体としており、2008年時点ではF-16戦闘機パトリオットミサイルを装備している。

王立保安隊[編集]

王立保安隊(Koninklijke Marechaussee)は国家憲兵であり、国防省傘下で憲兵および警備警察として機能する。1814年に設立されている。1994年に再編により、スキポール空港の警備も行なうようになり、1998年に陸軍より独立した。

外部リンク[編集]