国際連合マリ多元統合安定化ミッション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
国際連合マリ多元統合安定化ミッション
概要 平和維持活動
状況 活動準備中
決議 安保理決議2100
活動開始 2013年4月25日
活動地域 マリ共和国
公式サイト MINUSMA
母体組織 国際連合安全保障理事会
ポータル Portal:国際連合
テンプレートを表示

国際連合マリ多元統合安定化ミッション(こくさいれんごうマリたげんとうごうあんていかミッション、:United Nations Multidimensional Integrated Stabilization Mission in Mali、略称MINUSMAU)は、マリ共和国に展開することになる国際連合平和維持活動(PKO)。2013年4月25日の国際連合安全保障理事会決議2100号を受けて設立される。国内騒擾で混乱したマリ共和国北部の治安を回復し、マリ暫定政府からの政権移行ロードマップ遂行の支援することを目的に、主な人口密集地での通信の回復、民間人保護、人権監視、人道支援や難民帰還、国家権力と自由、包括的かつ民主的な選挙の準備を任務とする。

概要[編集]

2012年、マリ北部紛争で北部地域がトゥアレグ独立派に制圧され、更にイスラム原理主義に乗っ取られマリ中部地域に侵攻する脅威が高まったため、2013年2月フランスは軍事介入する。時期はほぼ同じくしてアフリカ主導マリ国際支援ミッションが2013年9月から開始される予定であったが事態急変のため繰り上がって稼働する。

2013年4月25日に採択された国際連合安全保障決議に基づき、MINUSMAの設立が認められ、主要な戦闘の停止や武装勢力の脅威度を判断した上で、早ければ同年7月1日からミッションは開始される予定。MINUSMAは軍事要員12,200人と警察要員1,440人からなる規模となる予定で、フランス軍やチャド軍の他、アフリカ主導マリ国際支援ミッションの部隊の大半がこれに移行し増強される見込みで、アフリカ主導から国際連合主導に切り替わることにより財政や後方支援の強化が期待される[1]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]