ポルトガルの軍事

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポルトガル軍
Forças Amadas de Portugal
Military flag of Portugal.svg
派生組織 ポルトガル陸軍
ポルトガル海軍
ポルトガル空軍
本部 国軍総参謀本部
指揮官
最高司令官 第6代第三共和制大統領 アニーバル・カヴァコ・シルヴァ
国防大臣 アウグスト・サントス・シルヴァ(pt:Augusto Santos Silva)
参謀長 ルイス・ヴァレンサ・ピント陸軍大将(Luís Valença Pinto)
総人員
兵役適齢 18歳から
徴兵制度 志願制
現総人員 43,960人(2007)
予備役210,930人(2007)[1]
財政
軍費/GDP 2.3%
産業
国内供給者 オグマen:OGMA
INDEPen:INDEP
関連項目
歴史 レコンキスタ
ポルトガル王政復古戦争
スペイン継承戦争
半島戦争
ポルトガル内戦
第一次世界大戦
ポルトガルの植民地戦争
冷戦
対テロ戦争
イラク戦争
階級 ポルトガル軍の階級
テンプレートを表示

ポルトガル軍(ポルトガルぐん、ポルトガル語Forças Amadas de Portugal)は、ポルトガル軍事組織である。2007年時点で現役兵総員43,960人、予備役210,930人[2]。形式上はポルトガル大統領が最高指揮官とされるが、実際には内閣を構成する国防大臣を通じて文民統制を受ける。国防省傘下の陸海空の三軍の他に、準軍事組織として共和国国家警備隊がある。

ポルトガル軍は、本土と海外領土の防衛と国際平和維持活動の支援に従事している。これ以外にも北大西洋条約機構の一員としての任務もある。最近の活動にはギニア・ビサウ(1998年)、東チモール(1999年)、アフガニスタン(2005年)での作戦や、バルカン半島およびレバノンでの活動がある。

かつて徴兵制を採用しており、成人男子は兵役に服務するとされたが、2004年に廃止され志願兵制となっている。

組織構成[編集]

国軍は大統領を最高司令官とし、国防最高評議会pt:Conselho Superior de Defesa Nacional)が最高意思決定機関として設けられ、諮問機関に軍事委員会(Conselho Superior Militar)があり、国防省(pt:Ministério da Defesa Nacional)傘下の国軍総参謀本部pt:Estado-Maior General das Forças Armadas)の下で国軍の実際の調整運用がなされる。

陸軍[編集]

陸軍は3個旅団と2つの常設軍管区に区分し、旅団を基本戦略単位部隊とし、その他の部隊・機関から成る。組織は部隊能力管理者(フォース・プロパイダー)と部隊能力運用者(フォース・ユーザー)の2系統に分れている。

海軍[編集]

海軍は1隻の潜水艦と7隻のフリゲートを主力に38隻の艦艇を有し、国内を5つの海軍管区に区分しリスボンに主要基地を設け、アゾレス諸島マデイラ諸島など遠隔地の防衛警備も担当している。この他に少数のヘリコプターを運用する海軍航空隊や約1,800人規模の海兵隊がある。

空軍[編集]

空軍は3個の機能別集団とその他の部隊・機関から成る。航空部隊は航空団などを編制せず航空基地ごとに運用されている。

共和国国家警備隊[編集]

共和国国家警備隊は、国防省傘下の国家憲兵であり、平時は内務省の指揮を受け、主に地方部の警察・警備業務を行なっている。戦時には軍が指揮を執るほか、平和維持活動に国外派遣も行われる。

脚注[編集]

  1. ^ Military Balance 2007
  2. ^ Military Balance 2007

参考文献[編集]

  • Christopher Langton, Military Balance 2007, Routledge

外部リンク[編集]