雷型駆逐艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
雷型駆逐艦
IJN Sazanami at Yokosuka Meiji 33.jpg
艦級概観
艦種 水雷艇(駆逐艇) → 軍艦(駆逐艦) → 駆逐艦 → 三等駆逐艦
艦名 雷、電、曙、漣、朧、霓
前級
次級 東雲型駆逐艦
性能諸元
排水量 305トン(公試)
全長 68.4m
全幅 6.26m
吃水 1.58m
機関 レシプロエンジン2軸、6,000馬力
最大速力 31.0ノット
航続距離
乗員 55人
兵装 8cm砲×2、6cm砲×4、45cm魚雷発射管×2

雷型駆逐艦(いかづちがたくちくかん)は大日本帝国海軍が運用した駆逐艦のうち、最初の艦級。設計はイギリスヤーロー社(現在はBAEシステムズの子会社)であり、イギリスのB型駆逐艦をもとにしている。建造後日本に回航され、日露戦争で活躍した。一番艦の就役開始は1899年(明治32年)2月25日、最後の艦の退役完了は1925年(大正14年)。

概要[編集]

1896年(明治29年)度計画で4隻、1897年(明治30年)度計画で2隻が発注されたもので、1899年(明治32年)から1900年(明治33年)にかけて6隻が就役し、当初は水雷艇(駆逐艇)に類別された。1900年6月22日に軍艦(駆逐艦)に編入され、1905年(明治38年)12月12日に軍艦籍から駆逐艦に移籍、1912年(大正元年)8月28日には等級が付与され、三等駆逐艦となった。

霓は就役した年に座礁、沈没しているが、残りの艦は日露戦争に参加している。・電の二隻も事故で失われているが残りは艦歴を全うし大正10年までに全艦退役した。

同型艦[編集]

雷(いかづち)[編集]

1899年2月25日、竣工。同年5月25日、佐世保に到着。1912年(大正元年)10月9日、大湊港で機関破裂事故により船体切断・着底。1913年(大正2年)11月5日、除籍。1914年(大正3年)4月29日、売却。

電(いなづま)[編集]

1899年4月25日、竣工。同月26日に出航し[1]、同年6月25日、横須賀に到着。1909年(明治42年)12月16日、函館の葛登支灯台北北西の位置で木造汽帆船錦龍丸(総トン数660t)と衝突し、沈没。1910年(明治43年)夏に浮揚後、9月15日除籍。

曙(あけぼの)[編集]

1899年7月3日、竣工。1900年2月20日、横須賀に到着。1921年(大正10年)4月30日、特務艇(二等掃海艇)に類別。同年6月21日、雑役船(標的船)に編入。1925年(大正14年)5月2日、廃船。

漣(さざなみ)[編集]

1899年8月28日、竣工。1900年3月24日、佐世保に到着。1905年の日本海海戦では5月28日にロシア駆逐艦のベドーヴイを拿捕し、バルチック艦隊司令長官ロジェストヴェンスキー中将を捕虜とした。1913年4月1日、除籍。同年8月23日、雑役船(掃海船)に編入され漣丸に改称。同年10月〜11月、青島の戦いに従軍。1916年(大正5年)3月31日、雑役船(標的船)に編入。同年8月29日、館山沖で撃沈処分。同年10月18日、廃船。1917年(大正6年)1月9日、売却。

朧(おぼろ)[編集]

発注時の艦名は第11号水雷艇駆逐艇[2]。1899年11月1日、竣工。1900年4月28日、神戸に到着。1921年4月30日、特務艇(二等掃海艇)に編入。同年6月21日、雑役船(標的船)に編入。同年10月末、廃船。

霓(にじ)[編集]

発注時の艦名は第12号水雷艇駆逐艇[2]。1900年1月1日、竣工。同年5月26日、横須賀に到着。同年7月29日、清国山東省南東岬沖で、濃霧のため座礁、8月3日に沈没。1901年(明治34年)4月8日、除籍。

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第4744号、明治32年4月28日。
  2. ^ a b 『官報』第4550号、明治31年8月29日。

参考文献[編集]

  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第一法規出版、1995年。
  • 官報

関連項目[編集]