神威 (水上機母艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
水上機母艦「神威」
艦歴
起工 1921年9月14日
進水 1922年6月8日
就役 1922年9月12日
(給油艦として竣工)
その後 1932年水上機母艦へ改装
除籍 1947年5月3日除籍
性能諸元
排水量 常備:15,381t
全長 (垂線間長:151.18m)
全幅 20.42m
吃水 平均:11.58m (満載、特務艦時)
主缶 B&W混焼式4基
主機 電気推進式、GEカーチスタービン1基、GE式発電機1基、GE式電動機2基2軸 8,000hp
速力 15kt
航続距離 8,000 NM / 10kt
乗員 324名
兵装 40口径8cm単装高角砲2門
毘式12mm連装機銃3基
航空機 水上機常用6機 補用6機
補給用重油:10,000t
運送艦(給油)時代の神威。後部の四角い枠状の構造物は燃料石炭揚搭設備

神威(かもい)は、日本海軍水上機母艦

概要[編集]

神威ニューヨーク・シップビルジング社給油艦として建造された。「能登呂」が第一次上海事変で活躍したため、急遽本艦も水上機母艦に改装された。改装内容は能登呂とほぼ準じた形であるが、艦形が更に大きいため搭載機数は常用6機、補用6機となっている。また給油艦としての機能もそのまま残されていた。

建造は電気推進[1]研究のためアメリカに発注された。本艦が戦前最後の海外建造艦となった。

1934年(昭和9年)6月1日、軍艦に編入、水上機母艦に類別。

1933年(昭和8年)末に当時ドイツで実用化されたハイン・マットを装備し、航行しながら水上機を収容できるようにした(従来は艦を停止させて収容)。しかしあまり実用的でなかったらしく、後日撤去された。

1939年(昭和14年)、飛行艇母艦へ改装、搭載機を降ろす。大戦中は航空隊移動輸送などに従事、終戦時は香港にあり、大破状態であった。

戦後、イギリス軍により解体された。

艦歴[編集]

  • 1920年12月7日 特務艦「神威(かもヰ)」と命名[2]、同月24日 運送艦に類別[3]
  • 1922年9月12日 ニューヨーク・シップビルジング社にて竣工
  • 1932年8月 - 翌年2月 浦賀船渠にて水上機母艦への改装工事
  • 1934年6月1日 軍艦に編入され水上機母艦に類別
  • 1937年7月 南太平洋において遭難したアメリア・イアハート機の捜索に協力
  • 1939年 飛行艇母艦へ改装、搭載機を降ろす
  • 1944年1月28日 アメリカ潜水艦「ボーフィン」(SS-287)の雷撃を受け損傷
    • 2月1日 シンガポール入港、修理と同時に母艦設備を撤去
    • 4月15日 特務艦に編入され運送艦に類別[4]
  • 1945年1月16日 ヒ87船団に加入して香港在泊中に爆弾4発を受け大破
    • 4月5日 香港で修理中に爆撃を受け大破
    • 4月13日 浸水により着底
    • 5月10日 舞鶴鎮守府第四予備特務艦に定められる[5]
  • 1947年5月3日 除籍

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』187-189頁、『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」及び『官報』に基づく。階級は就任時のもの。

艤装員長[編集]

  1. 村瀬貞次郎 大佐:1921年12月1日 -

艦長[編集]

特務艦長/艦長
  1. 村瀬貞次郎 大佐:特務艦長 1922年9月12日 - 1923年1月20日
  2. 中山鞆信 大佐:1923年1月20日 - 10月20日[6]
  3. (心得)平山栄 中佐:1923年10月20日[6] - 1924年5月1日[7]
  4. (心得)広田穣 中佐:1924年5月1日 - 不祥
  5. 広田穣 中佐:不詳 - 1924年10月25日[8]
  6. 武久完 中佐:1924年10月25日 -
  7. 阿武清 大佐:1925年5月9日 - 10月20日[9]
  8. 高木平次 大佐:1925年10月20日[9] - 1926年5月20日[10]
  9. 松井利三郎 大佐:1926年5月20日 - 1926年11月1日
  10. 石川真吾 大佐:1926年11月1日 -
  11. 小檜山真二 大佐:1927年6月25日 - 12月1日
  12. 藤岡晴次 大佐:1927年12月1日 - 1928年12月4日[11]
  13. 柴山昌生 中佐:1928年12月4日[11] -
  14. 村田章一 大佐:不詳 - 1930年12月1日[12]
  15. 杉浦信平 中佐:1930年12月1日 - 1931年4月1日
  16. 本田源三 中佐:1931年4月1日 - 1932年1月25日[13]
  17. 北條釐三郎 大佐:1932年1月25日 - 11月15日
  18. 竹田六吉 大佐:1932年11月15日 - 1933年10月20日
  19. 寺田幸吉 大佐:1933年10月20日 - 艦長 1934年6月1日[14] - 1934年11月15日
  20. 丹羽正躬 大佐:1934年11月15日 - 1935年11月15日
  21. 奥田喜久司 大佐:1935年11月15日 -
  22. 上阪香苗 大佐:1936年11月2日 -
  23. 岩淵三次 大佐:1938年3月22日 -
  24. 松田千秋 大佐:1938年8月25日 -
  25. (兼)森友一 大佐:1939年1月14日 -
  26. (兼)橋本愛次 大佐:1939年7月20日 -
  27. 服部勝二 大佐:1939年11月15日 -
  28. 古川保 大佐:1940年11月15日 -
  29. 伊藤徳堯 大佐:1941年7月1日 -
  30. 長谷部喜蔵 大佐:1941年8月20日 -
  31. 山崎助一 大佐:1942年8月7日 -
  32. 清水他喜雄 大佐:1943年5月3日 - 特務艦長 1944年4月15日[15] - 1944年12月5日[16]
  33. 藤牧美徳 大佐:1944年12月5日 - 1945年4月25日[17]

脚注[編集]

  1. ^ 蒸気タービン発電機を回し、発生した電力スクリューに繋いだモーターを回す仕組み。
  2. ^ 大正9年12月7日付 達第235号』 アジア歴史資料センター Ref.C12070077900 
  3. ^ 大正9年12月24日付 達第243号』 アジア歴史資料センター Ref.C12070077900 
  4. ^ 昭和19年4月15日付 内令第548号および同第549号』 アジア歴史資料センター Ref.C12070196500 
  5. ^ 昭和20年5月10日付 内令第410号。
  6. ^ a b 『官報』第3350号、大正12年10月22日。
  7. ^ 『官報』第3505号、大正13年5月2日。
  8. ^ 『官報』第3654号、大正13年10月27日。
  9. ^ a b 『官報』第3948号、大正14年10月21日。
  10. ^ 『官報』第4121号、大正15年5月21日。
  11. ^ a b 『官報』第581号、昭和3年12月4日。
  12. ^ 『官報』第1179号、昭和5年12月2日。
  13. ^ 『官報』第1519号、昭和7年1月26日。
  14. ^ 昭和9年6月1日付 海軍大臣官房 官房第2548号。
  15. ^ 昭和19年4月21日付 海軍大臣官房 官房人機密第1022号。
  16. ^ 昭和19年12月8日付 秘海軍辞令公報 甲 第1663号。アジア歴史資料センター レファレンスコード C13072102200 で閲覧可能。
  17. ^ 昭和20年5月12日付 秘海軍辞令公報 甲 第1797号。アジア歴史資料センター レファレンスコード C13072104800 で閲覧可能。

参考文献[編集]

  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第4巻 空母Ⅱ』光人社、1989年。
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。 ISBN 4-7698-1246-9
  • 官報