磯風 (陽炎型駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Japanese destroyer Isokaze II.jpg
艦歴
計画 1937年度(マル3計画
起工 1938年11月25日
進水 1939年6月19日
就役 1940年11月30日竣工
その後 1945年4月7日戦没
除籍 1945年5月25日
性能諸元
排水量 基準:2,033トン
全長 118.5m
全幅 10.8m
吃水 3.8m
機関 ロ号艦本式缶3基
艦本式衝動タービン2基2軸
52,000馬力
速力 35.0ノット
航続距離 18ノットで5,000
乗員 239人
兵装 50口径三年式12.7センチ砲連装×3
25mm機銃連装×2
61cm魚雷発射管4連装×2
爆雷16個

磯風(いそかぜ)は、日本海軍駆逐艦陽炎型駆逐艦の12番艦。真珠湾攻撃ミッドウェー海戦マリアナ沖海戦レイテ沖海戦など、太平洋戦争中の数々の主要な海戦に参加。大和武蔵信濃金剛大鳳蒼龍といった連合艦隊主要艦艇の沈没に遭遇した。1945年坊ノ岬沖海戦で戦没。艦名は初代「磯風」(磯風型駆逐艦)に続いて2代目。

艦歴[編集]

昭和十六~十七年[編集]

仮称第28号艦として佐世保海軍工廠1938年(昭和13年)11月25日起工、1939年(昭和14年)6月19日進水、1940年(昭和15年)11月30日に竣工、呉鎮守府籍。太平洋戦争開戦時、「浦風」「磯風」「浜風」「谷風」の4艦は第17駆逐隊を編成し真珠湾攻撃に参加。その後も僚艦と共に空母機動部隊を護衛しラバウル攻略、ダーウィン空襲、ジャワ島攻略、セイロン沖海戦の各作戦に従事。ミッドウェー海戦では至近弾で一時的に航行不能になるも後に復旧し[1]、空母「蒼龍」の乗員を救助した[2]

1942年(昭和17年)8月に米軍がガダルカナル島に上陸するとソロモン方面へ進出し、ガ島輸送に2回従事。第2次ソロモン海戦第2艦隊の1艦として参加する。10月下旬には南太平洋海戦に参加。戦闘後は「瑞鳳」「熊野」を護衛しに一旦帰港。その後、再度ソロモン方面へ進出しガ島輸送に1回従事した他、ラエ、レカタへの輸送作戦に従事する。

昭和十八年[編集]

1943年(昭和18年)1月15日、米潜水艦と交戦、撃沈を報告している[3][2]。2月のガ島撤退作戦に3回参加。3回目の2月8日午後3時45分[4]に空襲を受け、爆弾2発が1番砲塔前後に命中し艦首部分を損傷。砲塔と操舵室火災が発生し、スクリューが出るほどの浸水被害が生じた。駆逐艦「時津風」が曳航しようとしたが断り、乗員必死の作業により自力で17ノットの発揮が可能になる。駆逐艦江風」に曳航されたという証言もある。この被弾で10名が戦死した[5]

2月27日ラバウルに到着した。応急修理の後、トラックを経て3月29日に呉に回航。この時呉鎮守府司令長官南雲忠一中将が大破した「磯風」を視察し「これほど損傷した艦をよく連れ帰ってくれた」と乗組員を賞賛した[6]。南雲は乗組員に、山口県湯田温泉への慰安旅行を贈っている[7][8]。「磯風」は7月まで呉工廠で修理に従事する。この間、着任したばかりの横暴な士官に対する下士官兵全員が参加した殴打事件があった。艦長は熟慮した結果、兵の士気を考慮して、兵の反乱で負傷した士官を退艦させている[9]

7月9日、呉を出港し再度ソロモン方面へ進出。22日、沈没する水上機母艦「日進」から乗員を救助する[10]。8月、第一次ベララベラ海戦、10月5日第二次ベララベラ海戦に参加。11月1日、駆逐艦「」の駆逐艦長だった前田実穂少佐が着任する。当初は部下に厳しく接したため敬遠されたが、操艦の妙を発揮して、乗組員の信頼を集めた[11]。11月3日、空襲により損傷した「清澄丸」を護衛して軽巡洋艦「北上」と共にカビエンに向かう。11月4日、カビエン出港直後に左舷後部に触雷し小破。同乗していた陸軍兵あわせて63名の負傷者を出す。トラックを経て11月18日呉に到着、工廠で修理する。

昭和十九年[編集]

磯風から撮影された「武蔵」沈没直前の写真

1944年(昭和19年)1月12日、南方に進出。ブラウンへの輸送に従事した後、26日トラック移動、その後重巡洋艦部隊を護衛して2月11日にリンガ泊地へ進出した。3月、パラオへの船団護衛につく。29日、「磯風」と「浦風」は大和型戦艦武蔵」の護衛につき、米潜水艦タニー (USS Tunny, SS/SSG/APSS/LPSS-282)から「武蔵」への雷撃を許した。31日、第17駆逐隊に「雪風」が編入され、「磯風」は「浦風」「浜風」「谷風」「雪風」と行動を共にすることになった。5月19日にタウイタウイに進出。6月9日午後10時、米潜水艦ハーダー(USS Harder, SS-257)の雷撃により僚艦「谷風」が目前で撃沈される[12]。6月19-20日のマリアナ沖海戦には空母「大鳳」の直衛で参加した。米潜水艦アルバコア(USS Albacore, SS-218)の攻撃による「大鳳」の被雷と爆発、沈没の一部始終を目撃し、乗員を救助している[13]。「大鳳」戦死者の水葬に用いる軍艦旗が足らなくなり、毛布で代用したという[14]。6月26日、呉に帰港する。

7月14日、マニラに入港。8月19日、シンガポールでレーダー改装工事を受ける。9月12日、「矢矧」、「浜風」と共に呉に帰還し、23日には「大和」の護衛としてリンガ泊地へ向かう。10月扶桑型戦艦扶桑」「山城」の護衛のため呉を往復。

10月22日の捷一号作戦では栗田艦隊栗田健男中将)第二部隊(鈴木義尾中将)に所属してレイテ沖海戦に参加した。10月24日、栗田艦隊はジブヤン海で空襲を受ける。戦闘後半、「磯風」は艦隊から落伍しつつあった第一部隊の戦艦武蔵」救助を命じられて同艦に接近。白石東平大尉(磯風水雷長)が沈みかけた「武蔵」の写真を撮っている[15]。また第17駆逐隊では「浜風」が被弾して速力低下を起こし、駆逐艦「清霜」と共に「武蔵」護衛を命じられた。第17駆逐隊は「浜風」を残して進撃を続けた。なお最終的に「武蔵」の沈没を目撃し、同艦乗組員の救助を行ったのはこの二艦である。翌日10月25日のサマール沖海戦では、第十戦隊旗艦「矢矧」に従って米護衛空母群に肉薄、17駆逐隊は各艦4本を発射したが、「磯風」のみ魚雷8本を発射する[16]。だが魚雷は遠距離発射だったため命中せず、主な戦果はなかった。戦闘後、艦隊はコロンにて燃料の不足した駆逐艦を分離したため、第1艦隊の護衛にあたる駆逐艦は「磯風」と「雪風」の2隻だけとなった。10月28日、ブルネイに帰着する。

11月16日、第1艦隊を護衛して呉に向かう。途中、米潜水艦シーライオン (USS Sealion, SS/SSP/ASSP/APSS/LPSS-315)の雷撃により、戦艦「金剛」と第17駆逐隊司令艦「浦風」が撃沈される。「磯風」と「浜風」は金剛乗組員の救助に従事したが、「浦風」は全乗組員が戦死した。これにより駆逐隊司令艦は「浜風」に変更された。23日、呉入港。翌24日、戦艦「長門」を護衛して「雪風」「浜風」と出港し、翌25日、横須賀港へ入港した。28日、大和型戦艦3番艦を改造した空母「信濃」を護衛して横須賀を出港し呉へ向かう。29日、米潜水艦アーチャーフィッシュ (USS Archer-fish, SS/AGSS-311) の雷撃により「信濃」が沈没、僚艦と共同で生存者の救助に当たる[17]。12月27日、ヒ87船団に同行する空母「龍鳳」を護衛して門司を出港。1945年(昭和20年)1月9日、高雄に到着、復路も同様に「龍鳳」とタモ35船団の護衛を行った。この護衛中に「浜風」が損傷して修理が必要となり、「磯風」は第17駆逐隊司令艦となった。2月15日、徳山沖で特攻兵器回天震洋の訓練に携わる。

3月5日、土佐沖で第一機動基地航空隊と対空訓練を行う。19日の呉軍港空襲では軽巡洋艦「大淀」の隣に繋留され、ほとんど動けなかったが被害はなかった。28日、呉を出港し広島湾兜島南方に第二水雷戦隊各艦と集結する。燃料弾薬は待機する駆逐艦から補給し、93式魚雷16本を積載した。

沈没[編集]

矢矧と磯風

4月6日、第二艦隊旗艦「大和」を護衛し徳山を出港、翌7日坊ノ岬沖海戦に参加する。空襲序盤、僚艦「浜風」が轟沈した。その後、航行不能となった第二水雷戦隊旗艦「矢矧」から『司令官(古村啓蔵中将)移乗のため横付けせよ』との命令があり、空襲のタイミングを見計らって「矢矧」に接近した[18]。同艦に横付けし、舫索を結ぶ[19]。直後、米軍機の襲撃を受ける。速度を落としていたため完全に回避できず、至近弾により右舷後部に破孔が発生。機械室に浸水、舵が故障する[20]。さらに米機の機銃掃射で死傷者が続出した。乗員の修理も成功せず、航行不能となった「磯風」は漂流した[21]。数時間後、駆逐艦「雪風」が接舷し、磯風乗組員は同艦に移動した。大和沈没から8時間の午後10時30分、「雪風」が雷撃で処分しようとしたが魚雷は艦底を通過。最終的に砲撃処分となり、搭載魚雷が誘爆した「磯風」は沈没した[22]。戦死20名、生存者285名(負傷者54名)。5月25日除籍。(北緯30度46分05秒 東経129度09分02秒 / 北緯30.76806度 東経129.15056度 / 30.76806; 129.15056)。

連合艦隊の栄光から終焉、さらに大和型戦艦三姉妹の最後を見届けた歴戦の艦だった。

歴代艦長[編集]

  1. 白浜政七 中佐:1940年11月15日-
  2. 磯久研磨 中佐:1941年 2月25日-
  3. 豊島俊一 中佐:1941年 9月10日-
  4. 神浦純也 少佐:1942年11月22日-
  5. 前田実穂 少佐:1943年11月 1日-

公試成績[編集]

時期 排水量 出力 速力 実施日 実施場所 備考
新造時 2,530t 52,390shp 34.58kt 1940年(昭和15年)11月22日 佐世保沖 10/10全力
新造時 34.9kt 過負荷全力

脚注[編集]

  1. ^ 井上理二『駆逐艦磯風と三人の特年兵』38-39頁
  2. ^ a b 阿部三郎『特攻大和艦隊』156頁
  3. ^ 井上理二『駆逐艦磯風と三人の特年兵』70頁 
  4. ^ 日本駆逐艦戦闘被害調査によると2月7日。
  5. ^ 『我が青春の追憶』『駆逐艦磯風と3人の特年兵』によると28名戦死。
  6. ^ 井上理二『駆逐艦磯風と三人の特年兵』84頁
  7. ^ 井上理二『駆逐艦磯風と三人の特年兵』84-86頁
  8. ^ 阿部三郎『特攻大和艦隊』158頁
  9. ^ 井上理二『駆逐艦磯風と三人の特年兵』89-112頁
  10. ^ 井上理二『駆逐艦磯風と三人の特年兵』113-114頁
  11. ^ 阿部三郎『特攻大和艦隊』159頁
  12. ^ 井上理二『駆逐艦磯風と三人の特年兵』152-154頁
  13. ^ 井上理二『駆逐艦磯風と三人の特年兵』158-159頁
  14. ^ 阿部三郎『特攻大和艦隊』162頁
  15. ^ 井上理二『駆逐艦磯風と三人の特年兵』217頁
  16. ^ 井上理二『駆逐艦磯風と三人の特年兵』230-231頁
  17. ^ 阿部三郎『特攻大和艦隊』165-166頁
  18. ^ 『我が青春の追憶』の記述による。『駆逐艦磯風と3人の特年兵』324頁にも同等記述あり
  19. ^ 阿部三郎『特攻大和艦隊』168頁
  20. ^ 井上理二『駆逐艦磯風と三人の特年兵』324頁
  21. ^ 阿部三郎『特攻大和艦隊』169頁
  22. ^ 阿部三郎『特攻大和艦隊』170頁

参考文献[編集]

  • 岡田幸和、「日本駆逐艦の戦闘被害調査」、歴史群像太平洋戦史シリーズVol23『秋月型駆逐艦』学習研究社、1999年、p158-168。ISBN 4-05-602063-9
  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第11巻 駆逐艦II』光人社、1990年 ISBN 4-7698-0461-X
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年 ISBN 4-7698-1246-9
  • 阿部三郎『特攻大和艦隊 帝国海軍の栄光をかけた十隻の明暗』単行本(霞出版社、1994年) ISBN 4-87602-211-9  文庫版(光人社NF文庫、2005年)ISBN 4-7698-2458-6
  • 井上理二『駆逐艦磯風と三人の特年兵』(光人社、1999年)ISBN 4-7698-0935-2C0095

外部リンク[編集]