水無月 (睦月型駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Minazuki II.jpg
艦歴
建造所 浦賀船渠
起工 1925年3月24日
進水 1926年5月25日
竣工 1927年3月22日(第二十八号駆逐艦)
喪失 1944年6月6日
除籍 1944年8月10日
要目(計画)
排水量 基準:1,315トン、公試:1,445トン
全長 102.72m
全幅 9.16m
吃水 2.96m
機関 ロ号艦本式缶4基
艦本式タービン2基
2軸、38,500馬力
速力 37.25ノット
航続距離 14ノットで4,000海里
燃料 重油450トン
乗員 154名
兵装(新造時) 45口径12cm単装砲 4基4門
7.7mm機銃 I×2
61cm3連装魚雷発射管 2基6門
(八年式魚雷12本)
爆雷18個
機雷もしくは掃海具1式

水無月(みなづき)は、大日本帝国海軍駆逐艦睦月型駆逐艦の6番艦である。艦名は旧暦6月のこと。同名艦に初代神風型駆逐艦の「水無月」がある為、こちらは「水無月 (2代)」や「水無月II」などとも表記される。

艦歴[編集]

1923年(大正12年)度計画艦。浦賀船渠で建造され1927年(昭和2年)3月22日に竣工、佐世保鎮守府に在籍した。最初は「第二十八号駆逐艦」という艦名であり、一等駆逐艦に類別され、翌年8月1日に「水無月」と改名された。

太平洋戦争開戦時には、第3艦隊第5水雷戦隊第22駆逐隊に所属、緒戦のフィリピン攻略戦ジャワ島攻略戦、バタビア沖海戦クリスマス島攻略戦などに参加する。その後はジャワ海方面で船団護衛に従事した。1942年(昭和17年)8月18日に一旦佐世保港へ帰港、整備をする。その後は内地と台湾パラオ間の船団護衛に従事する。

1943年(昭和18年)2月以降はラバウル方面へ進出し、同方面で輸送任務に就く。7月20日にショートランドで爆撃を受け損傷し、呉海軍工廠で修理する。修理後もラバウル方面へ進出、同方面で輸送作戦に従事した。

1944年(昭和19年)2月から内南洋方面で船団護衛任務に就き、5月からパラオ方面で船団護衛に従事。6月6日ダバオから給油船「興川丸」を護衛の途中、ダバオ南東海上でアメリカ軍の潜水艦「ハーダー」(USS Harder, SS-257)の雷撃を受け沈没し、8月10日に除籍された。

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』254-255頁による。

艤装員長[編集]

  1. 古賀七三郎 中佐:1926年12月1日 -

艦長[編集]

  1. 古賀七三郎 中佐:1927年3月22日 -
  2. 山田定男 中佐:1927年12月1日 -
  3. 益田康彦 少佐:1930年12月1日 -
  4. (兼)松原博 少佐:1931年11月2日 -
  5. 成田忠良 少佐:1931年12月1日 -
  6. (兼)松原博 少佐:1933年11月15日 - 1934年2月1日[1]
  7. 小川莚喜 少佐:1934年4月1日 -
  8. 成富光 少佐:1935年12月2日 -
  9. (兼)磯久研磨 少佐:1937年11月15日 -
  10. 金田清之 少佐:1937年12月1日 -
  11. 古賀弥周次 少佐:1938年1月8日 -
  12. 久保木英雄 少佐:1938年10月20日 -
  13. 平山敏夫 少佐:1941年9月20日 -
  14. 福山強 少佐:1942年9月25日 -
  15. 磯部慶二 大尉:1943年10月25日 - 1944年6月6日戦死

脚注[編集]

  1. ^ 『日本海軍人事手帳(?)』による

参考文献[編集]

  • 海軍歴史保存会『日本海軍史 第7巻』(第一法規出版、1995年)
  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第10巻 駆逐艦I』(光人社、1990年) ISBN 4-7698-0460-1
  • 日本造船学会『昭和造船史 第1巻』(原書房、1981年、第3刷)ISBN 4-562-00302-2
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。
  • 『日本海軍人事手帳(?)』