野分 (陽炎型駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Nowaki II.jpg
艦歴
計画 1937年度(マル3計画
起工 1939年11月8日
進水 1940年9月17日
就役 1941年4月28日竣工
その後 1944年10月25日戦没
除籍 1945年1月10日
性能諸元
排水量 基準:2,033トン
全長 118.5m
全幅 10.8m
吃水 3.8m
機関 ロ号艦本式缶3基
艦本式衝動タービン2基2軸
52,000馬力
速力 35.0ノット
航続距離 18ノットで5,000
乗員 239人
兵装 50口径三年式12.7センチ砲連装×3
25mm機銃連装×2
61cm魚雷発射管4連装×2
爆雷16個

野分(のわき)は日本海軍駆逐艦陽炎型駆逐艦の第15番艦である。1944年比島沖海戦で戦没。艦名は初代「野分」(初代神風型駆逐艦)に続いて2代目。

艦歴[編集]

陽炎型駆逐艦のマル3計画での最終艦(15隻目。陽炎型は次のマル4計画でも4隻建造され計19隻)、仮称第31号艦として舞鶴工廠1939年(昭和14年)11月8日起工、1940年(昭和15年)9月17日進水、1941年(昭和16年)4月28日竣工。横須賀鎮守府籍。

太平洋戦争開戦時は「野分」「」「萩風」「舞風」の4隻で第4駆逐隊を編成し南方部隊本隊に所属、カムラン湾方面で南方作戦を支援する。開戦初日にノルウェー船「ヘリウス号」を拿捕し、これが日本軍の拿捕第1号となった[1]1942年(昭和17年)2月に「嵐」と組みジャワ島南方に進出、「高雄」「愛宕」「摩耶」らと通商破壊作戦を行った。3月1日、有賀幸作第四駆逐隊司令官のもと、「野分」と「嵐」は商船3隻、油槽船2隻を撃沈し[2]、商船「ビントエーハン号」(1000t)を拿捕。さらに英国駆逐艦「ストロングホールド」、米砲艦「アッシュビル」を撃沈した[3]。3月4日、重巡洋艦「愛宕」と協同で豪州護衛艦「ヤラ」、油槽船1隻を撃沈し、、オランダ商船「チャーシローア」を拿捕した。一連の戦闘を「チラチャップ沖海戦」という[4]。内地に帰還した後、「野分」は1942年6月のミッドウェー海戦に参加。南雲機動部隊旗艦空母「赤城」の直衛で参加し、「赤城」被爆後は第1航空艦隊司令部が一時移乗。その夜、乗員163名救助後に[5]酸素魚雷で「赤城」を自沈処分した。また直後のアリューシャン攻略作戦を支援するため北方海面に進出したが会敵せず、日本に帰還している。

1942年8月、米軍ガダルカナル島に上陸し、反攻を開始する。「野分」はソロモン諸島へ進出、第二次ソロモン海戦南太平洋海戦に参加する。損傷した空母「翔鶴」を護衛して日本に帰還し、11月6日に到着した[6]。補給と人事異動後は水上機母艦「秋津洲」を護衛してラバウルに進出。外南洋増援部隊に編入され、第三水雷戦隊の指揮下で第三一駆逐隊、第二四駆逐隊と共にガダルカナル島への強行輸送作戦「鼠輸送」に従事した[7]。12月7日、第三次輸送隊として作戦行動中、ガダルカナル島付近で米軍機16機の攻撃を受ける。前部機械室右舷至近に爆弾が落下し、15名が戦死した。さらに前部機械室が全損・浸水したため航行不能となる[8]。「野分」は僚艦「嵐」に曳航されて退避し、ショートランド泊地を経てトラック島泊地に入港。この間、米軍機に襲われるたびに「嵐」は曳航を中止して対空戦闘を行うため、電源もなく航行不能の「野分」は小銃で対空射撃をするしかなかった[9]。トラック到着後は同地の浮きドックで外板の補修と左舷軸系の応急修理を実施した。翌1943年(昭和18年)2月に内地に帰還、東京石川島造船所で本格修理を実施した[10]。7月25日に修理完成し、29日には横須賀港を出港。大和型戦艦武蔵」を護衛している[11]。トラックに進出し船団護衛任務についた。

1944年(昭和19年)2月16日、「野分」は「4205船団」の一艦として僚艦「舞風」と共に巡洋艦「香取」、特設巡洋艦「赤城丸」を護衛し、トラック諸島から内地へ帰還する予定だった。だが予定は1日遅れ、乗員に上陸許可が出たり、艦上で映画上映(ドイツ映画「荒鷲」)がなされるなど、楽観的気運が漂っていた[12]。2月17日、午前4時30分に出港。午前5時よりトラック島空襲に遭遇する[13]。空襲とその後の水上艦の砲撃により「香取」、「舞風」、「赤城丸」は撃沈される。「野分」は12時16分にレイモンド・スプールアンス司令官が指揮する米アイオワ級戦艦「ニュージャージー」、「アイオワ」、巡洋艦「ミネアポリス」、「ニューオーリンズ」を確認し[14]、12時51分に「ニュージャージー」の砲撃を受けた[15]。40cm砲弾3発が右90度300mに落着、100mもの水柱があがった[16]。「野分」は36ノットで回避行動を行いながら「ニュージャージー」の斉射を振りきって脱出した[17]。なお魚雷を発射するチャンスは全くなかったという[18]。「野分」は2月24日横須賀港に帰港した。

3月12日に「野分」は横須賀を出港し、その後はサイパン方面の船団護衛任務に就く。5月にはタウイタウイに進出し6月のマリアナ沖海戦に参加した。横須賀帰港後、リンガ泊地に進出し訓練に従事する。比島沖海戦には栗田艦隊の1艦として参加した。10月25日、サマール島沖海戦で沈没した重巡洋艦「筑摩」乗員救助を行う。撤退する本隊から遅れたため、10月25日の深夜にサンベルナルジノ海峡手前で米艦隊に捕捉される。米艦隊は「野分」を巡洋艦と判断していた[19]。「野分」は巡洋艦「ヴィンセンス」、「ビロックス」、「マイアミ」、駆逐艦「オーエン」、「ミラー」によるレーダー射撃を受け大破[20]。最後は駆逐艦魚雷を受け沈没した。艦長以下272名[21]全員が戦死。救助された120-130名の「筑摩」乗員[22]も1名以外同じ運命を辿った。1945年(昭和20年)1月10日除籍。

公試成績[編集]

時期 排水量 出力 速力 実施日 実施場所 備考
新造時 2,528t 52,170shp 35.1kt 1941年(昭和16年)4月19日 宮津湾沖経ヶ崎標柱間 全力公試

歴代艦長[編集]

艤装員長[編集]

  1. 古閑孫太郎 中佐:1940年11月15日 -

艦長[編集]

  1. 古閑孫太郎 中佐:1941年 4月28日 -
  2. 荒木政臣 少佐:1943年 6月25日 -
  3. 神田武夫 中佐:1943年 7月 3日 -
  4. 守屋節司 中佐:1943年12月25日 - 1944年10月25日戦死

脚注[編集]

  1. ^ 佐藤清夫『駆逐艦「野分」物語』10頁
  2. ^ 生出寿『戦艦「大和」最後の艦長』120頁
  3. ^ 佐藤清夫『駆逐艦「野分」物語』11頁
  4. ^ 生出寿『戦艦「大和」最後の艦長』125頁
  5. ^ 佐藤清夫『駆逐艦「野分」物語』20頁
  6. ^ 佐藤清夫『駆逐艦「野分」物語』28頁
  7. ^ 佐藤清夫『駆逐艦「野分」物語』31頁
  8. ^ 佐藤清夫『駆逐艦「野分」物語』32頁
  9. ^ 佐藤清夫『駆逐艦「野分」物語』35頁
  10. ^ 佐藤清夫『駆逐艦「野分」物語』37頁
  11. ^ 佐藤清夫『駆逐艦「野分」物語』63頁
  12. ^ 佐藤清夫『駆逐艦「野分」物語』99頁
  13. ^ 佐藤清夫『駆逐艦「野分」物語』102頁
  14. ^ 佐藤清夫『駆逐艦「野分」物語』126頁
  15. ^ 佐藤清夫『駆逐艦「野分」物語』130頁
  16. ^ 佐藤清夫『駆逐艦「野分」物語』131頁
  17. ^ 佐藤清夫『駆逐艦「野分」物語』135頁
  18. ^ 佐藤清夫『駆逐艦「野分」物語』136頁
  19. ^ 佐藤清夫『駆逐艦「野分」物語』231頁
  20. ^ 佐藤清夫『駆逐艦「野分」物語』232頁
  21. ^ 『駆逐艦「野分」物語』p293より272名とした。また140名とする資料もあるがこの場合陽炎型の定員(239名)に比べて人数が少なすぎる。
  22. ^ 佐藤清夫『駆逐艦「野分」物語』221頁、林義章(筑摩4番主砲砲員)談。

参考文献[編集]

  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第11巻 駆逐艦II』光人社、1990年 ISBN 4-7698-0461-X
  • 佐藤清夫『駆逐艦「野分」物語 若き航海長の太平洋海戦記』(光人社、1997) ISBN 4-7698-0803-8
     著者は1943年12月から144年9月まで「野分」航海長勤務。
  • 佐藤清夫『駆逐艦「野分」物語』(文庫版)光人社、2000年 ISBN 4-7698-2408-4
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年 ISBN 4-7698-1246-9