スチュワート (DD-224)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
DD-224toDD-229.jpg
駆逐艦母艦「ホイットニー」に接舷する「スチュワート」。そこから右に「ポープ」、「ピルスバリー」、「ジョン・D・フォード」、「トラクスタン」そして「ピアリー」が連なっている。
艦歴
発注 ウィリアム・クランプ・アンド・サンズフィラデルフィア造船所
起工 1919年9月9日
進水 1920年3月4日
就役 1920年9月15日
1945年10月29日
退役 1946年5月23日
除籍 1946年4月17日
その後 1946年5月24日に標的艦として沈没
性能諸元(就役時)
排水量 1,215トン
全長 314 ft 5 in (95.83 m
全幅 31 ft 9 in (9.68 m)
吃水 9 ft 4 in (2.8 m)
機関 フォスター式重油専焼水管缶4基
+ウェスティングハウスギヤード・タービン2基2軸推進
最大出力 就役時:26,500 SHP (20 MW)
最大速力 就役時:35 ノット (65 km/h)
哨戒艇時:26.0ノット
航続距離 就役時:15ノット/4,900 海里 (9,100 km)
哨戒艇時:12ノット/2,500海里
乗員 士官、兵員:101名
哨戒艇時:120名
兵装(スチュワート時) Mk 9 10.2cm(50口径)単装速射砲4基4門
Mk 14 7.6cm(23口径)単装高角砲1基1門
53.3cm三連装魚雷発射管4基12門
兵装(第102号哨戒艇時) 形式不明 7.6cm(40口径)単装速射砲2基2門
爆雷72個、爆雷投射機1基
兵装(第102号哨戒艇終戦時) 八センチ単高角砲 2
22号電探
13号電探
25ミリ連装機銃 3
25ミリ単装 5
13ミリ単 2
45cm魚雷落射機4基
爆雷投射機
94式爆雷投射機 2
81式爆雷投射機 2

スチュワート (USS Stewart, DD-224) は、アメリカ海軍駆逐艦クレムソン級駆逐艦。艦名はチャールズ・スチュワート提督に因む。その名を持つ艦としては2隻目。

スチュワートは日本海軍に鹵獲され、第102号哨戒艇として就役したが、1945年にアメリカ軍によって発見、再編入された。

艦歴[編集]

駆逐艦スチュワート[編集]

1927年に上海で撮られた「スチュワート(中央)」。左側の艦が「プレブル(DD-345)」、右側の艦が「ハルバート(DD-342)」。

スチュワートは1919年9月9日にペンシルベニア州フィラデルフィアウィリアム・クランプ・アンド・サンズ社で起工された。1920年3月4日にマーガレッタ・スチュワート・スティーヴンズ夫人(スチュワート少将の孫娘)によって進水し、1920年9月15日に初代艦長S・G・ラム大尉の指揮の下に就役した。

予備役部隊との1年間の沿岸における作戦活動の後、スチュワートは1921年10月12日に大西洋駆逐艦隊に合流した。1922年1月12日から4月22日までカリブ海での艦隊練習に参加し、補修の後、6月20日にロードアイランド州ニューポートを出航し地中海インド洋経由でフィリピンのアジア艦隊(en:United States Asiatic Fleet)へ赴いた。艦隊配属後の翌年である1923年9月5日には、4日前に発生した関東大震災の救援艦隊に参加している[1]。その後は23年間、本国に帰還すること無く太平洋で過ごすこととなる。

第102号哨戒艇(日本海軍)[編集]

太平洋戦争勃発後、艦長のハロルド・P・スミス (en:Harold Page Smith)少佐の指揮の下に第58駆逐隊の旗艦を務めていたスチュワートは、1942年2月20日にバリ島沖海戦en:Battle of Badung Strait)で第八駆逐隊(阿部俊雄大佐)所属の朝潮型駆逐艦朝潮」と「満潮」と「荒潮」に遭遇して交戦し12.7cm砲弾数発を被弾して小破した。副長スミレイ大尉が負傷したほか、若干の浸水被害と補助ボイラーに損傷を受けた。この海戦後に蘭印スラバヤ軍港の浮きドックに入渠した。しかし、ドックを浮揚させ排水作業を開始した際に工員の不手際で船体を固定する支持材が不足した事により、スチュワートはドック内で左側に傾き、左舷スクリューシャフトが曲がり、船体に亀裂が入るなど更なる損傷を受けた。更に、修理中の24日に日本軍による空襲日本陸軍の侵攻を受けたために3月1日に修理は放棄され、鹵獲を防ぐために3月2日に浮きドックごと爆破して自沈処分を試みるが失敗した。

日本軍に鹵獲されたスチュワートは現地で損傷復旧工事と改装を受けた後、翌年には第102号哨戒艇として日本海軍に編入された。この際に4本あった煙突のうち前の1番・2番煙突は甲板上で結合されて日本式の集合煙突となったが、特徴的な平甲板型船体はそのままとされた。編入後は船団護衛任務等に就いていたが、日本の勢力範囲内に侵入した米軍にたびたび目撃されたため、スチュワートを爆沈処分させたと信じていた米軍は混乱したと言う。1944年1月8日、バリクパパンからパラオを経由しトラック諸島へと向かう国洋丸(国洋汽船、10,026トン)、日本丸(山下汽船、9,971トン)および健洋丸(国洋汽船、10,024トン)の護衛に「早波」、「島風」と共に参加した。5月1日にマニラにおいて「竹一船団」に加入、護衛任務に就くが道中で輸送船3隻が撃沈され輸送作戦自体は失敗した。
8月24日には、ルソン島のダソル湾沖で「第22号海防艦」と共にウルフパックの襲撃を受けた二洋丸(浅野物産、10,022トン)の救援のため出撃、第102号哨戒艇が二洋丸を誘導している間に第22号海防艦が米潜水艦「ハーダー 」(USS Harder, SS-257)を撃沈。合流後帰還に成功している。10月8日、「ミ23船団」に参加。途中の東引島近海において「第38号哨戒艇」と共に高雄港行きの輸送船を引き連れ船団本隊より分離、その後高雄へと到着している。11月23日、「さんとす丸」(商船三井、7,266トン)の護衛の為に「第38号哨戒艇」、「第33号駆潜艇」と共に「マタ34船団」を編成。高雄を目指し南シナ海を航行していたが、11月25日に米潜水艦「アトゥル」 (USS Atule, SS-403)の魚雷攻撃を受け第38号哨戒艇が轟沈。続け様にさんとす丸も撃沈され、第33号駆潜艇と共に生存者の救助にあたった(この時、さんとす丸には撃沈された戦艦「武蔵」の生存者420名程が乗り込んでおり、この攻撃で300名が死亡、120名が救助されたという)。11月30日、高雄において「みりい丸」(三菱汽船、10,565トン)と共に「ヒ83船団」に加入。道中、敵潜水艦の襲撃によって「第64号海防艦」が沈没、「誠心丸」が航行不能となる被害を負うが、「みりい丸」が「誠心丸」を曳航している間の護衛を務め船団に再合流、昭南に到着した。12月26日、日本へと向かう「ヒ84船団」に引き続き参加し、「海鷹」、「沖縄」などと共に昭南を出港。途中、米潜水艦「デイス」 (USS Dace, SS-247) の襲撃や、みりい丸の触雷による船団離脱などがあったが、船団自体は1945年1月13日に門司に到着した。4月26日に「シモ03船団」に参加、舟山群島から門司へ向けて出港するが、木浦沖を航行していた時に上空から2機のPBY カタリナが飛来。機銃掃射によって甲板上に露出していたラダーケーブルが切断、一時航行不能となるも船団の奮戦によって敵機の撃退に成功、門司へと帰還した。その後は呉において電探の搭載や装備の換装といった改装を施され、新たに創設された海軍総隊の呉鎮守府部隊に所属。大分の佐伯港へと移動し終戦を迎える。

DD-224[編集]

終戦後、武装解除され米軍に再接収された時の状態。前部マストが三脚型となると共に、1番・2番煙突を結合して4本煙突の原型から3本煙突に改装されていた。


日本の敗戦により日本本土へ進駐した米軍は呉市広地区で本艦を発見して、1945年10月29日、自軍への再編入を果たしたが、亡失扱いとなっていたスチュワートの艦名はすでにエドサル級護衛駆逐艦の新造艦「スチュワート(DE-238)」に付与されていたため、本艦は単にDD-224と呼称された。DD-224は1946年3月にサンフランシスコへの帰還を果たし、「RAMP[2]、「浮気なお転婆娘」などと呼ばれ歓迎された(映像)。しかし、本艦の主機はグアム島付近で動かなくなっており、曳航されての帰国だった。そして5月23日には廃棄処分となり、翌日、航空機の標的としてサンフランシスコ沖に沈められて波乱の生涯に幕を閉じた。

スチュワートは第二次世界大戦中の戦功で2個の従軍星章を受章した。

関連項目[編集]

演習の標的となり、沈没寸前の状態

参考図書[編集]

  • 「Conway All The World's Fightingships 1906–1921」(Conway)
  • 「Conway All The World's Fightingships 1922-1946」(Conway)
  • 田村俊夫「「スチュアート」から「第102号哨戒艇」、再び「DD-224」へ」『歴史群像太平洋戦史シリーズ45 帝国海軍真実の艦艇史』学習研究社、2005年、ISBN 4-05-603412-5

脚注[編集]

  1. ^ 関東大震災のちょっといい話/90年前・アメリカの『トモダチ作戦』
  2. ^ Recovered Allied Military Personnelの略であり、『帰ってきた連合国軍人』を意味する。

外部リンク[編集]