撃沈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

撃沈(げきちん)とは、何らかの攻撃によって艦船沈没させることである。

概要[編集]

撃沈とは、艦船・船舶を何らかの手段による攻撃(砲撃・爆撃雷撃など)で沈没させることを意味する、軍事用語である。サ行変格活用の他動詞であって、例えば、「敵艦を撃沈した」「味方艦が撃沈された」のように用いる。軍事用語をよく知らない人の記事・著作では、味方が沈められたにもかかわらず「味方艦、撃沈」「味方艦が撃沈した」などと記述されることがあるが誤りで、味方艦を主語にとる場合は「味方艦、沈没」などと自動詞を使うか、前述のように受動現象として表現するのが正しい。

さらに「轟沈」「爆沈」という言葉は「撃沈された」時の具体的な状況(沈むまでの時間や様子)を表したものである。「轟沈」「爆沈」の場合はそれぞれ「沈没」の意味を補強した言葉であるから、後述する戦時報道の場合を除いて「味方艦、轟沈」「味方艦、爆沈」でも誤りではない。また第三者が戦闘結果を語る場合は、双方の損害・戦果共に「撃沈」「沈没」どちらの表現でも問題ない。

轟沈[編集]

轟沈とは、艦船の沈没時の状態を表現した軍事用語で、敵味方を問わず敵の攻撃を受けた艦船がその後、短時間(日本海軍の基準ではおおむね1分以内、ただしそれ以上の時間でも轟沈とされる場合も多い)のうちに沈没することを意味する。

太平洋戦争中の1944年に公開された、日本映画社製作による潜水艦戦の国策映画で「轟沈 印度洋潜水艦作戦記録」というタイトルの作品がある。また挿入歌のタイトルも轟沈(作詞・米山忠雄、作曲・江口夜詩)である。

歴史上の轟沈[編集]

  • 日露戦争時、日本海軍の戦艦初瀬は、旅順港沖でロシア海軍機雷に触れ、1分10秒で轟沈した。ロシア戦艦ペトロパウロウスクも同様に、1分30秒ほどで轟沈した。
  • イギリス海軍の巡洋戦艦フッドは、ドイツの戦艦ビスマルクの砲撃をうけた直後、搭載弾薬の誘爆をおこして瞬時に沈没した。この場合「爆沈」でもあり、被弾直後の沈没であるため轟沈でもある。
  • 太平洋戦争時、日本海軍の重巡洋艦摩耶は米軍の潜水艦の雷撃により沈没した。この時は被雷後8分の沈没であるが、多くの戦記では轟沈扱いになっている。
  • 戦艦「大和」も傾斜・横転から水没(爆発をともなう)まで数分であったことから、味方残存駆逐艦が発した報告電文では「ヤマトゴウチン。2ジ23プン」とされている。

爆沈[編集]

爆沈とは、艦船の沈没時の状態の一つ。漸進的に浸水進行、浮力喪失により水没するのではなく、被弾、被雷、事故、その他の理由で搭載弾薬や燃料などが誘爆し、艦体が一瞬にして破砕し水上から姿を消してしまうことをさす。戦艦等では搭載弾薬を多く積んでおり誘爆の規模が大きい。

歴史上の爆沈[編集]

  • 日本海軍の戦艦三笠佐世保港内で搭載弾薬の爆発事故をおこし、沈没・着底(後に修復)した。
  • 日本海軍の空母大鳳は、マリアナ沖海戦に参加中、潜水艦からの魚雷攻撃が原因で漏れて気化した航空機燃料が充満、これに引火して爆発炎上して約2時間後に沈没した。
  • 日本海軍の戦艦陸奥柱島泊地に停泊中、謎の爆発をおこして沈没した。
  • 日本海軍の戦艦扶桑スリガオ海峡海戦において被雷により爆発、真っ二つに折れて沈没した。同じく戦艦山城も被雷により砲弾が誘爆、艦橋が崩壊するなどして、その後沈没したが、これは爆沈ではない。
  • 日本海軍の戦艦大和は航空攻撃を受け、傾斜が激しくなりついに転覆、滑り落ちた主砲弾が誘爆、大爆発を起こして沈没した。なお機関の水蒸気爆発説もあったが、沈んでいる同艦に対する調査で、弾薬庫の爆発跡が確認されている。これは「爆沈」とは報告されていない。
  • アメリカ海軍の空母プリンストンレイテ沖海戦で日本機の急降下爆撃を受け爆発炎上、懸命の復旧の努力も空しく処分された。(最終的に味方による止めで沈んでいるため、厳密には爆沈ではない。同様のケースにレキシントンなどがある。)

報道用語[編集]

報道用語としての「撃沈」とは、少なくとも戦前の日本では、自国の軍隊が敵艦を沈没せしめることを形容したもので、自国艦の沈没時には用いられなかった用語である。戦意高揚のために、新聞紙面で敵艦を沈めた時に多く使われた。この場合も敵味方を問わず、砲撃、爆撃、雷撃、接触雷により艦船を沈没させることを指す名詞(サ行変格)である。

「轟沈」も報道用語として戦争報道で用いられる。これは自国の軍隊が敵艦を沈没せしめることを派手に形容したもので、あっと言う間に見事に沈没させたこと(=時間を掛けて苦戦しながら沈めたのではない)を強調し短時間での沈没状況をさすことが多いが、そうでない場合(例えばマレー沖海戦の報道)で用いられるケースもあった。

また「轟沈」は日露戦争における、旅順港封鎖作戦で機雷によるロシア戦艦ペトロパウロウスク撃沈の報道に使われたのが最初ではないかという説がある。太平洋戦争時の大本営発表では「轟撃沈」「轟爆沈」という、合わさった表現も見られる。戦争中の新聞記事では連日、敵艦「撃沈」「轟沈」の文字が紙面を賑わせ、(事実とは異なっていても)日本軍の華々しい勝利を強調していた。

撃沈も轟沈も、敵艦を撃沈した時には使われたが、自国艦が沈められた時の報道では決して用いず、「沈没」「喪失」などと控えめな表現で記述された。当然、敵方や第三者による報道の場合、これにあてはまらない。

俗語[編集]

上記から転じて、「撃沈」は日常生活や仕事での失敗、不合格、酒に酔いつぶれること、疲労で力尽きること、失恋、勝負の敗北などを意味する俗語スラングとしても使われる。「轟沈」も意味するところは同じであるが、その程度が激しいことを表す。

また。フィクション作品(アニメ、漫画等)の脚本において、「轟沈」が「軍艦の戦闘による沈没状況全般を指す専門用語」であると勘違いしての誤用らしき例[要出典]も見受けられる。

関連項目[編集]