サ行変格活用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本語動詞の活用の種類
文語 口語
四段活用
ナ行変格活用
ラ行変格活用
下一段活用
五段活用
下二段活用 下一段活用
上一段活用
上二段活用
上一段活用
カ行変格活用
サ行変格活用

サ行変格活用(サぎょうへんかくかつよう)とは、日本語の口語文法および文語文法における動詞活用の型の一つである。 活用語尾五十音図サ行の音をもとにして変則的な変化をする。 サ行変格活用を略して「サ変(活用)」とも言う。

サ行変格活用の動詞としては、「する」(文語では「す」)とその複合語がある。文語の「おはす」もサ行変格活用である。

口語(現代語)のサ変動詞の語尾変化は、原則としてサ変動詞「する」と同じである。 ただし、語幹が音読み漢字一字かつ促音で終わる場合や、語尾が「ずる」の場合など、例外がある。

外国人を対象にした日本語教育においては、サ行変格活用とカ行変格活用を合わせて「グループ3」と呼ぶことがある。

サ変動詞の構成[編集]

サ変動詞の多くは、漢語名詞に「する」が付いた複合語である。 この他、外来語語幹とするもの(例:「キャッチする」)、 和語の名詞+「する」の形のもの(例:「早起きする」)、擬態語+「する」の形のもの(例:「どきどきする」)が見られる。 「達する」「全うする」など、「する」の前の部分(語幹)が単独では単語として使われない形のものもある。

歴史的には、形容詞連用形と「す」を複合した「重くす」「全くす」なども見られたが、現在では「全うする」など語形の変化した形を除けば用いられない。

「する」を付けることでサ変動詞となる名詞は、古くは動作性の名詞だけであったが、 近年は「煙草する」「お茶する」「学生する」「OLする」「青春する」「グルメする」のように物名詞に「する」の付いた形も用いられるようになってきている(規範的な言い方として認められるところまでは行っておらず、揺れている用法と言っていいだろう)。

コンピュータの漢字変換ソフトウェアでは、後ろに「する」を続けることができる動作性の名詞を「サ変名詞」「ザ変名詞」などに分類し、ユーザによる辞書登録時もこれらを指定できるものがある。

語尾が濁音の場合[編集]

「論ずる」「重んずる」のように、濁音で活用するものもサ行変格活用の一種である。

これら「~ずる」型の動詞の活用は、サ変動詞「する」の1音目を濁音化したものが基本となるが、次の差異・特徴がある。

  • 「する」には五段活用に由来する未然形「-さ」があるが、これに相当する形「-ざ」は通常使われない。
  • サ変型の活用形の他に、ザ行上一段活用の活用形も使われている(例えば、「論ずる」に対する「論じる」)。

サ行変格活用の例[編集]

為る(する)(口語)[編集]

発する(口語)[編集]

ここでは、五段活用の「発す」の活用形と見なせる形も合せて示している(*印)。

語幹:発(はっ)

  • 未然形: -し(-ない、-よう、-させる、-られる[要検証 ])、-せ(-ず、-られる-よう[要検証 ])、-さ(-ない*、-ず*、-せる、-れる)、-そ(-う)*
  • 連用形: -し
  • 終止形: -する、-す*
  • 連体形: -する、-す*
  • 仮定形: -すれ、-せ*
  • 命令形: -しろ、-せよ、-しよ[要検証 ]

愛する(口語)[編集]

ここでは、五段活用の「愛す」の活用形と見なせる形も合せて示している。

語幹:愛(あい)

  • 未然形: -し(-ない、-よう)、-せ(-られる)、-さ(-ない、-ず、-せる、-れる)、-そ(-う)
  • 連用形: -し
  • 終止形: -する、-す
  • 連体形: -する、-す
  • 仮定形: -すれ、-せ
  • 命令形: -しろ、-せよ、-せ

論ずる(口語)[編集]

ここでは、上一段活用の「論じる」の活用形と見なせる形も合せて示している。

語幹:論(ろん)

  • 未然形: -じ(-ない、-よう、-ず、-させる、-られる)、-ぜ(-ず、-られる)
  • 連用形: -じ
  • 終止形: -ずる、-じる
  • 連体形: -ずる、-じる
  • 仮定形: -ずれ、-じれ
  • 命令形: -じろ、-じよ、-ぜよ

す(文語)[編集]

  • 未然形: せ
  • 連用形: し
  • 終止形: す
  • 連体形: する
  • 已然形: すれ
  • 命令形: せよ

変化の傾向[編集]

「愛する」・「解する」などの活用(口語)は、五段活用(「愛す」・「解す」など)になる傾向にある。また「論ずる」・「感ずる」・「信ずる」などは、文語の上二段活用に似ていて、上二段活用のように上一段活用になる傾向(「論じる」・「感じる」・「信じる」など)にある。