ラ行変格活用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本語動詞の活用の種類
文語 口語
四段活用
ナ行変格活用
ラ行変格活用
下一段活用
五段活用
下二段活用 下一段活用
上一段活用
上二段活用
上一段活用
カ行変格活用
サ行変格活用

ラ行変格活用(ラぎょうへんかくかつよう)とは、日本語の文語文法における動詞活用のひとつである。活用語尾が、五十音図のラ行の音をもとにして、変則的な変化をする。縮めて「ラ変」とも呼ぶ。この活用をするのは「有り」「居(を)り」「侍(はべ)り」「いまそかり」の四語のみである。

ただし、「あり」は存在の意味を表しつつ、他の語と結びついて、指定・措定といった主語と述語を=で結ぶコピュラの役割を担っている。そのため、形容詞のカリ活用・形容動詞・「けり・たり・なり・り・めり」といった助動詞も実質、ラ変と同じである。

ラ行変格活用の例[編集]

有り[編集]

ラ行四段活用と比べると、終止形がイ段である点が異なっている。

ラ行変格活用動詞の活用[編集]

基本形 活用形
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
有(あ)り
居(を)り

口語のラ行特別活用動詞[編集]

御座る(ござる)は「ござ」に動詞「あり」の付いた単語から、文語ではラ行変格活用動詞で、のちラ行四段(五段)となるが、命令形は「ござい」と、連用形は「ます」に続く時は「ございます」となる。為さる(なさる)・下さる(くださる)・いらっしゃる・おっしゃるは文語のラ行変格活用と関係なくても、口語の命令形と、「ます」に続く時の連用形は「~い」となる。この五語は口語のラ行特別活用動詞ともいわれることがある。