群狼作戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

群狼作戦ぐんろうさくせん, 独: Wolfsrudeltaktik)とは、第二次世界大戦中にドイツ海軍潜水艦隊司令 (BdU) カール・デーニッツ少将(後に海軍総司令官)が考案した複数のUボートが協同して敵輸送船団を攻撃する通商破壊戦術の一つである。ウルフ・パック (英: Wolf Pack) ともいう。また、狼群戦術ろうぐんせんじゅつ)と呼ぶ場合もある。

ドイツ海軍の作戦内容[編集]

群狼作戦は複数の潜水艦(3隻以上)により執り行う作戦である。

まず先発の潜水艦か、偵察機から送られてきた情報から進行方向を予測し、予測海域で待ち伏せをし、輸送艦隊が海域に侵入したのを確認したら各艦で包囲陣形を取り、これを撃滅するという方針である。 この方法により、潜水艦の被害は少なくなり、撃沈数は増加した。

また、これは作戦と言うよりも戦術であり、そのため群狼戦術と翻訳される場合もある。

アメリカ軍の群狼作戦[編集]

潜水艦による連携攻撃は米海軍も取り入れており、大戦中に日本の輸送船団に対して使用している。潜水艦は3隻を1グループとし、また、攻撃方法は包囲殲滅よりも波状攻撃が主であった。

米海軍の狼群戦術は、公式には「調整攻撃グループ」(coordinated attack groups )と呼ばれ、通常は3隻の潜水艦で一部隊となって哨戒し、出港前に3隻の中から先任の指揮官による統制に服するよう組織化された。"Swede"ことMomsenは戦術を工夫し、1943年10月1日、最初の米潜水艦による狼群 - セロ(SS-225)シャード(SS-235)グレイバック(SS-208) - を率いて出撃した。なお、米海軍はウルトラによる暗号解読情報を展開中の各艦に通報するなどの支援を行っていた。

当時の米海軍は個人での日記記録を厳禁しており、公式記録以外の個人での狼群戦法の記録は殆ど残っていなかった。しかし、フラッキー(Eugene B. Fluckey)少佐が艦長を務めたバーブ(SS-220)の一魚雷員が戦後30年経過してから秘密日記をつけていたことを少佐に告白し、同少佐が回顧録を書く際その内容を具体的にすることに成功した。

攻撃パターン[編集]

そのフラッキーの著書を元に講演を行った糸永新によれば、米軍の狼群戦法をまとめると下記のようになる[1]

  1. 1チームは3隻、最大で4チーム12隻が同一海域に出撃した。
  2. 群指揮官は序列に関係なく指名された。
  3. 作戦海域を指定し、幾つかの哨区に分割する[2]。各狼群に割り当てされる哨区の広さは400から600平方マイル
  4. 敵を探知、発見した場合は直ちに僚艦に通報し、極力協同して攻撃する。
  5. 僚艦との会合は主としてレーダー波による誘導を用いる。
  6. フラッキー少佐は上記に加えて、独自の戦法を取っていた。
    1. 日本の船団には前後に護衛艦が配置されることが多いため、月明がない夜の攻撃では、1隻が船団前方、2隻目が船団横合いから攻撃する。2隻目は攻撃後逆方向に専位し攻撃を再開する。3隻目は船団の反応など戦況次第で攻撃する方向を変える。各艦は攻撃後浮上航走して船団前方に進出し、前述のローテーションを繰り返す。この方法のデメリットは時間を要することである。
    2. 攻撃の鍵は探知発見にあるため、各艦は極力浮上航走し、潜望鏡とレーダーを使用する。重要通信の傍受と充電にも浮上はプラスとなる。危険も高くなるが、受容するべきである。

積極性の背景[編集]

伊藤英敏は、米潜水艦が積極的に浮上攻撃を実施したのは、日本側の警戒の薄さを知った上での行動である可能性も指摘している。その傍証として、航空機による警戒がつけられていた場合でも、レーダー、逆探が装備されておらず、夜間の捜索は目視に頼るしか無かったこと、九六式陸上攻撃機以外の対潜機は下方視界が不良であったことなどを挙げている(専門の対潜機である東海は投入が1945年で数も少なかった)。また伊藤は、米軍が夜間7:昼間3の割合で攻撃を実施し、航跡の残るMk14魚雷を躊躇せず使用し続けたことも挙げている[3]

機密厳守の失敗と教訓[編集]

なお、バーブの戦果は1945年1月24日、グアムに置かれた太平洋艦隊前進司令部の日例会議で報告されたが、ニミッツ長官は「潜水艦作戦の内容を公表するのは少なくとも60日後とする」と命じた。これは、以前ある政治家にブリーフィングしたところ、その政治家は報道陣に「日本海軍の爆雷調定深度は浅いため米潜水艦の被害は少ない」と喋ってしまい、その後米潜水艦の被害が激増し10隻ほどを喪失した経験によるものだったという[4]

実際、戦争中期まで本当に日本の爆雷調定深度は浅く、下記のような状態で、沈降速度も連合軍の使用した爆雷に比較して遅いものだった[5]

これに対して米潜水艦は次のような性能を持っており、戦争期間を通じて全般的に性能で優越した艦を投入した。

マスコミに暴露されるなどの障害があったにも拘らず、なお勝利に結びつけた理由は、物量の他、このような質の面での差も影響している。

冷戦期[編集]

狼群戦術の使用は冷戦期になると下火となった。近代化された潜水艦は遥かに改良された兵器を搭載するようになり、水中速力も第二次大戦期の潜水艦より向上したためである。潜水艦が大きな部隊を構成する必要はなくなった。代わりに、米海軍は、個々の空母戦闘群に1隻、(稀に)2隻の攻撃型潜水艦を随伴させたのを除いて、攻撃型潜水艦を個艦で哨戒任務に従事させた。弾道ミサイルを搭載した潜水艦も常に単艦で行動した(ソ連の弾道ミサイル搭載潜水艦は入念に防御された海域で行動した)。

イラク戦争[編集]

しかし、2003年3月のイラク戦争の緒戦で"Wolf Pack"という言葉は再度脚光を浴びることとなる。この言葉は米英の原潜が紅海に展開し、トマホークによるイラク共和国内の目標への攻撃を実施した際に使われた。プロビデンス(SSN-719 )は全ミサイルを発射した最初の艦であり、「紅海狼群の大きな犬」("Big Dog of the Red Sea Wolf Pack")と言う仇名を戴いている。

文献[編集]

  • 伊藤英敏(当時防衛大学校海上防衛学教室助教授、二佐)「日本海軍の海上交通保護作戦-南西方面航路を中心に-」『太平洋学会誌』1996年7月
  • 糸永新「戦時海運研究部会報告:米潜水艦の狼群戦法」『太平洋学会誌』1999年4月
  • Peter Maas, The Terrible Hours: The Man Behind the Greatest Submarine Rescue in History (HarperCollins New York, 1999)

脚注[編集]

  1. ^ 糸永(1999)P58-60の箇条書きを元にP48の事項などを加筆
  2. ^ 例:南シナ海は4区域に区分された。
  3. ^ 伊藤英敏(1996)P58
  4. ^ 糸永(1999)P56
  5. ^ 爆雷と潜水艦の性能比較については下記
    伊藤英敏(1996)P56-57

関連項目[編集]