レキシントン級巡洋戦艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レキシントン級巡洋戦艦
Lexington class battlecruiser2.jpg
艦級概観
艦種 巡洋戦艦
艦名 アメリカ独立戦争の戦場、または勲功のあった軍艦の名
性能諸元(計画値)
排水量 常備:43,500t
全長 266.5m
全幅 32.2m
吃水 9.1m
機関 蒸気ターボエレクトリック16缶/4軸
180,000馬力
最大速力 33.3ノット
航続距離 10ノット/12,000海里
乗員 1,297名
兵装 50口径Mk 2 40.6cm砲連装4基
15.2cm砲単装16基
7.6cm砲単装高角砲 6基
533mm魚雷発射管8門
装甲 水線178mm
甲板64mm
バーベット部130-230mm
砲塔前盾280mm
司令塔305mm

レキシントン級巡洋戦艦(CC-1~CC-6)はアメリカ海軍が1917-1919建艦計画で建造を予定した巡洋戦艦。計画6隻のうち航空母艦として完成した2隻を除いて未成のまま廃棄され、巡洋戦艦としては1隻も完成しなかった。アメリカ海軍が「巡洋戦艦」という艦種名で建造を計画したのは本級のみである。

計画[編集]

レキシントン級(最終設計案)の完成想像図

本級の最初の設計は1916年に成立したが第一次世界大戦の影響で優先順位を下げられたため着工は戦後の1920年後半以降であり、その間何度も設計変更が行われた。

最初の設計は排水量34,300トン、35.6cm主砲10門と比較的軽度の装甲を備え、35ノットの速力を発揮するというものだったが、その後1919年までに第一次世界大戦の戦訓を取り入れて装甲の強化と主砲口径の40.6cmへの変更が行われ、そのため船型は大型化し、速力は若干低下した。ただしそれでも舷側装甲は178mmと薄弱であり、計画通り完成していれば、高速かつ重武装だが、装甲は初期の巡洋戦艦にわずかに勝っている程度の艦になっていたと思われる。

本級は40.6cm連装砲塔4基の強力な火力を備えていたが、その防御は巡洋艦の砲には対抗できても同程度の戦艦または巡洋戦艦と交戦するにはまったく不十分なものだった。その設計思想はイギリスカレイジャス級大型軽巡洋艦(いわゆるハッシュ・ハッシュ・クルーザー)に近く、第一次世界大戦の戦訓を取り入れたイギリスのフッド級日本天城型のような重装甲巡洋戦艦の考え方とは異なるものであった。

レキシントン級で特異なのはその推進機関である。当初計画では、35ノットという高速を得るためのボイラーは実に24基もあり、12基を防御甲板の下、12基を防御甲板の上に置いて煙突は7本になる予定だった。その後、技術の進歩によって缶数は徐々に減少し、最終的には全16基を防御甲板下に置いて煙突は2本、という常識的な姿に落ち着いた。この大出力の機関は大きな余裕を持っており、高速・有用な航空母艦に転用するには極めて適していた。

転用と廃棄[編集]

航空母艦に改装されるレキシントン 1925年の撮影

ようやく着工されたレキシントン級であったが、建造開始直後の1921年に主力艦の制限を目的のひとつとするワシントン会議が開催され、その結果、1922年2月に本級の建造は中止されてしまった。

ワシントン海軍軍縮条約はレキシントン級のうち2隻を航空母艦に転用することを認めていたため、レキシントンサラトガは空母となり、他の4隻は1923年8月に正式にキャンセルされ、廃棄となった。

各艦解説[編集]

  • レキシントン(CC-1):1921年1月建造開始。航空母艦CV-2として完成。珊瑚海海戦(1942年)で沈没。
  • コンステレーション(CC-2):1920年8月建造開始。1923年8月キャンセル、廃棄。
  • サラトガ(CC-3):1920年9月に建造開始。航空母艦CV-3として完成(2番艦コンステレーションでなく本艦が空母に転用されたのは本艦の方が工事が進捗していたため)。戦争を生き抜き、クロスロード作戦(ビキニ水爆実験)で沈没。
  • レンジャー(CC-4):1921年6月建造開始。1923年8月キャンセル、廃棄。
  • コンスティチューション(CC-5):1920年9月建造開始。1923年8月キャンセル、廃棄。
  • ユナイテッド・ステーツ(CC-6):1920年9月建造開始。1923年8月キャンセル、廃棄。


外部リンク[編集]