ネブラスカ (戦艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Nebraska BB-14
艦歴
発注:
起工: 1902年7月4日
進水: 1904年10月7日
就役: 1907年7月1日
退役: 1920年7月2日
その後: スクラップとして売却
性能諸元
排水量: 16,094 トン
全長: 441 ft 3 in
全幅: 76 ft 2 in
吃水: 25 ft 10 in
機関:
最大速: 19ノット
航続距離:
兵員: 士官、兵員1,108名
兵装: 12インチ砲4門
8インチ砲8門
6インチ砲12門
1ポンド砲24門
30口径機銃4門
21インチ魚雷発射管4門

ネブラスカ(USS Nebraska, BB-14)は、アメリカ海軍戦艦バージニア級戦艦の2番艦。艦名はネブラスカ州に因む。元の艦名はペンシルベニアであった。

ネブラスカは1902年7月4日にワシントン州シアトルのモラン・ブラザース社で起工し、1904年10月7日にマリー・N・ミッキー(ネブラスカ州知事ジョン・H・ミッキーの娘)によって命名、進水、1907年7月1日に初代艦長レジナルド・F・ニコルソン大佐の指揮下で就役した。

ネブラスカは1908年5月6日にサンフランシスコアラバマと交代でグレート・ホワイト・フリートに加わった。7月7日にサンフランシスコを出港した艦隊はホノルルオークランドシドニーメルボルンマニラ横浜コロンボを訪れ、1909年1月3日にスエズに着いた。9日にメッシーナを艦隊は出港し、ナポリジブラルタルを訪れ、2月22日にハンプトンローズに着いた。

ネブラスカは1909年のハドソン・フルトン祭(Hudson-Fulton Celebration)、1912年のルイジアナ百年祭(Louisiana Centennial)に参加した。

1917年4月6日にアメリカは第一次世界大戦に参戦したが、この時ネブラスカは修理中であった。4月13日にボストンを出港してネブラスカは大西洋艦隊とのチェサピーク湾地域での演習に向かった。その後は東海岸で単独で行動し、1918年4月15日に修理のためノーフォーク海軍工廠に入った。

1917年5月16日、ネブラスカはウルグアイの特命全権公使、Carlos M. DePenaの遺体を載せてハンプトンローズを出港、6月10日に太平洋艦隊の旗艦ピッツバーグと共にモンテビデオに到着し、遺体を引き渡した。ネブラスカは6月15日にモンテビデオを出港して7月26日にハンプトンローズに戻った。

1917年9月17日、ネブラスカは18隻の商船からなる船団の護衛としてニューヨークを出港した。10月3日にハンプトンローズに戻った後ネブラスカはさらに2度船団護衛を行った。

ネブラスカは1918年12月30日から1919年6月21日までに4度アメリカとフランスブレストの間の航海をおこない、4,540名の兵士を運んだ。その後は西海岸で行動し、1920年7月2日に退役した。ネブラスカはワシントン海軍軍縮条約によって廃艦となり、スクラップとして売却された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]