グレート・ホワイト・フリート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セオドア・ルーズベルトとグレート・ホワイト・フリート

グレート・ホワイト・フリートGreat White Fleet)は、1907年12月16日から1909年2月22日にかけて世界一周航海を行ったアメリカ海軍大西洋艦隊の名称。「GWF」と略されることもあり、また「白い大艦隊」「白船」と訳されることもある。名前の由来は、GWFの艦体が白の塗装で統一されたことによる。

航海概要[編集]

ハンプトンローズを出港する艦隊

1898年、米西戦争に勝利したアメリカはフィリピングアム、カリブ海のプエルトリコを得て、1903年にはパナマ運河の建設に取り掛かっており、海軍力の整備が急務であった。1904年から1907年までに11隻の戦艦を新造し、海軍力を誇示するタイミングをうかがっていた。

アメリカ合衆国大統領セオドア・ルーズベルトは1907年に大西洋艦隊太平洋岸のサンフランシスコへ回航すると議会で発表する。発表当時はまだ世界一周航海であることを伏せていた。同年12月16日、ルーズベルト大統領をはじめとする大勢の見物人の見送る中、バージニア州ハンプトン・ローズを出港する。翌年の3月11日にメキシコのマグダレナに到着すると、3月13日にルーズベルトは航海の目的が世界一周だと発表する。

航海の目的はアメリカの海軍力を世界中、特に日露戦争に勝ったばかりの大日本帝国日本)に誇示することおよびアメリカ西海岸のアメリカ国民に軍備拡張の支持、具体的には戦艦4隻を新造するための予算を取り付けることが目的だったといわれている。GWFはアメリカ大西洋艦隊に配備されていた新造の戦艦16隻を基幹に編成された。旗艦はコネチカット(16,000t)。動員された水兵の数は、14,000人にのぼる。航海は、約69,000km(4,300マイル)で14ヶ月に及んだ。その間、世界中の20の港に立ち寄った。出発時、艦隊司令官はロブリー・D・エヴァンズ少将であったが、彼は西海岸へ向かう間、痛風に苦しみ、サンフランシスコでチャールズ・S・スペリー少将に交代している。

出港後、12月23日にトリニダードポートオブスペインに投錨。ある水兵によると航海中もっともつまらない町だったという。1908年を迎えるタイミングで赤道を通過し1月、リオデジャネイロに着く。ここで、艦隊の水兵と港湾作業者の間で大規模な乱闘が発生。また同地で艦隊に対して無政府主義者が爆弾をしかけるというデマも流れた。このためブラジル大統領はじめ、ブラジルの官僚たちが艦隊に対して賛辞を送るなど沈静化に務めた。

リオデジャネイロを出港後、航海の一番の難所といわれたマゼラン海峡を通過する際には、濃霧と高波、当時この地域にいると噂されていた人食いの風習を持つ先住民により艦隊が全滅すると書きたてた新聞もあったという。しかしマゼラン海峡通過ではチリ海軍の艦船の水先案内により無事に通過する。

4月に入り、アメリカの西海岸のサンディエゴロサンゼルスで市民の大歓迎を受ける。5月6日、サンフランシスコに入港。ここでも大歓迎を受ける。艦隊を一目見ようとする人たちのために臨時列車も運行されたという。

7月16日にハワイの真珠湾に入港。8月オーストラリアシドニーに入港すると25万人が艦隊を祝福する。またメルボルンでも同様の大歓迎を受ける。次に向かったフィリピンマニラではコレラの流行により上陸が制限される。

セオドア・ルーズベルト グレート・ホワイト・フリート Feb 1909

10月にフィリピン、マニラから日本に向けて出発した後、過去40年間で最大の台風と遭遇。この時、水夫の1人が高波にさらわれるが、その後別の船の甲板に投げ出され無事だったというエピソードが残っている(日本での様子は後述)。日本出港後、艦隊のうち8隻を中国)のアモイ(厦門)へ、残りをマニラへ向かった。16隻すべてが中国を訪問すると考えていた清政府は当惑。体面を保つために16隻のうち8隻が台風で損傷し、訪問できなかったと偽りの発表を行った。アモイでは水兵が伝染病にかかるのを恐れ、食料や水はすべて上海から運ばれた。水兵の多くは初めてフカヒレスープの東洋的かつ微妙な味を楽しんだという。

2つの艦隊はフィリピンのマニラで再度合流。12月にインド洋に向けて出発し、途中でスリランカコロンボに寄航。スエズ運河を通り、エジプトに艦隊が到着した際、イタリアシチリアで大地震が発生したのをうけ、艦隊のうち、コネチカットとイリノイの2隻をイタリアのメッシーナへ援助のため派遣している。

1909年2月、大西洋を横断しハンプトン・ローズに戻り14ヶ月の航海を終えた。

日本訪問[編集]

日本を訪問した米国大西洋艦隊と日本の接伴艦隊のうち主力は下記の通りであり、1908年10月18日から25日まで横浜港へ4列8隻ずつで停泊した。 なお、( )内は竣役年を示す。

アメリカ大西洋艦隊の主力16隻は全て前弩級戦艦であり、接伴停泊した日本側は前弩級戦艦6隻、装甲巡洋艦6隻、防護巡洋艦4隻である。その他、GWFは通報船ロンクトン、工作船パンサー、給品船グレーシャ、給品船カルゴーヤ、病院船レリーフ、給炭船エイジャックスが随伴し、日本側は通報艦最上龍田なども横浜港で接伴停泊した。

日本に対する影響[編集]

アメリカは当時、大西洋に艦隊が集まっており、太平洋には装甲巡洋艦が1隻配備されているだけであった。まだパナマ運河も建設中で太平洋側で有事があった場合の不安が強くあった。また日露戦争でロシア艦隊が消滅すると、太平洋上には日本海軍だけが突出する状態となった。アメリカの保守派や軍人たちはアメリカの植民地であったフィリピンの孤立を恐れていた。

日本側にはアメリカへの日本人移住制限の検討が行われたことに対する世論の反発や、ポーツマス条約の仲介を行ったルーズベルト大統領に対する批判や不満もあり、日米関係は緊張状態にあった。また日本政府は前年の1907年の帝国国防方針で初めてアメリカを第一の仮想敵国としていた。

艦隊が世界一周航海を始めると、アメリカやヨーロッパ諸国での世論は日本とアメリカの戦争が間近であると騒ぎ立てた。駐フランス大使の栗野慎一郎は「フランスの新聞は日米戦争不可避と書き、日本の外債は暴落した」と伝える。また駐スペイン公使の稲垣満次郎は「スペインの貴族や資本家から軍資金の提供の申し出があった」(スペインは米西戦争に敗北直後)と伝えてきていた。またアメリカの新聞も右派系を中心として連日に渡り、日本との戦争不可避と伝えた。

セオドア・ルーズベルトの伝記では、日本艦隊との交戦の可能性は1割ほど捨てきれなかったと回想したと伝えている。

一方、日本政府は6日後の3月19日に艦隊に日本への招待の申し入れを行った。1908年10月に入り入港が迫ると連日歓迎・友好の記事で新聞が賑わった。アメリカ艦隊はその姿から、幕末黒船との対比として白船と呼ばれるようになった。10月18日、横浜港に入港すると最高潮に達した。10月18日の朝日新聞大隈重信は「艦隊来航観」という文章を寄せている。

艦隊の乗組員の日本上陸の許可をするか否かが大きな問題となっていたが、艦隊を率いる将校は連日に渡る園遊会、晩餐会に招待された。当時、海軍軍令部長だった東郷平八郎大将は戦艦三笠の艦上で歓迎会を催した。 また水兵3,000人の日帰り上陸が許可され、浅草上野などの観光を楽しんだといわれている。こうした歓迎ムードのなか10月25日に艦隊は横浜を出航した。なお後に太平洋戦争で対日戦を指揮する艦隊司令長官たちもこの時に来日している。後の第3艦隊司令長官となるウィリアム・ハルゼーは戦艦カンザス少尉として東郷の胴上げに参加しており、また後の第5艦隊司令長官となるレイモンド・スプルーアンスは戦艦ミネソタ少尉候補生でガーデン・パーティーにて東郷を見ている。

航海歴[編集]

第1航海[編集]

入港日 出港日 港間の距離
ハンプトン・ローズ(アメリカ・バージニア州 1907年12月16日 1803マイル
ポート・オブ・スペイン(トリニダード) 1907年12月23日 1907年12月29日 3399マイル
リオ・デジャネイロ(ブラジル) 1908年1月12日 1908年1月21日 2374マイル
プンタ・アレナス(チリ) 1908年2月1日 1908年2月7日 2838マイル
カラオ(ペルー 1908年2月1日 1908年2月7日 2838マイル
マグナレナ(メキシコ 1908年3月12日 1908年4月11日 1132マイル
サンフランシスコ(カリフォルニア州 1908年5月6日

第2航海[編集]

サンフランシスコからワシントン州のピュージェット・サウンドの間を往復。

第3航海[編集]

入港日 出港日 港間の距離
サンフランシスコ(カリフォルニア州) 1908年7月7日 2126マイル
ホノルル(ハワイ州 1908年7月16日 1908年7月22日 3870マイル
オークランドニュージーランド 1908年8月9日 1908年8月15日 1307マイル
シドニーオーストラリア 1908年8月20日 1908年8月28日 601マイル
メルボルン(オーストラリア) 1908年8月20日 1908年8月28日 601マイル
アルバニー(オーストラリア) 1908年9月11日 1908年9月18日 3458マイル
マニラ(フィリピン) 1908年10月2日 1908年10月9日 1795マイル
横浜(日本) 1908年10月18日 1908年10月25日 1811マイル
アモイ(中国)
(第2艦隊)
1908年10月29日 1908年11月5日
マニラ(フィリピン)
(第1艦隊)
1908年10月31日
マニラ(フィリピン)
(第2艦隊)
1908年11月7日

第4航海[編集]

入港日 出港日 港間の距離
マニラ(フィリピン) 1908年12月1日 2985マイル
コロンボセイロン島 1908年12月13日 1908年12月20日 3448マイル
スエズ(エジプト) 1909年1月3日 1909年1月4日-1月6日 2443マイル
ジブラルタル 1909年1月31日 - 2月1日 1909年2月6日 3579マイル
ハンプトン・ローズ(アメリカ・バージニア州) 1909年2月22日

参考資料[編集]

書籍[編集]

外部リンク[編集]