秋山輝男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

秋山 輝男(あきやま てるお、1891年明治24年)9月16日 - 1943年昭和18年)7月6日)は、日本海軍軍人。最終階級は海軍中将

経歴[編集]

熊本県出身。1913年大正2年)12月、海軍兵学校(41期)を卒業。翌年12月、海軍少尉に任官し「朝日」乗組となる。1920年(大正9年)11月、海軍水雷学校高等科を卒業し、「磯風水雷長、「第35潜水艦」「第45潜水艦」の各乗組、呉防備隊分隊長などを経て、1924年(大正13年)2月、「吹雪駆逐艦長に就任。「夕暮掃海艇長、「第1号掃海艇」長を歴任し、1926年(大正15年)12月、海軍少佐に昇進し「」駆逐艦長となった。

1928年(昭和3年)1月、二度目の「第1号掃海艇」長に就任し、「」「早蕨」「浜風」の各駆逐艦長、呉防備隊水雷長、呉鎮守府付などを経て、1932年(昭和7年)12月、海軍中佐に進級し「叢雲」駆逐艦長となった。兼「薄雲」駆逐艦長、呉防備隊副長、第11掃海隊司令などを歴任し、1937年(昭和12年)12月、海軍大佐に昇進し第30駆逐隊司令に着任。

1938年(昭和13年)12月、第4駆逐隊司令に異動し、第34駆逐隊司令(隊名変更)を経て、1939年(昭和14年)11月、「那珂艦長に着任。佐世保鎮守府付、第1砲艦隊司令を経て、第1防備隊司令として太平洋戦争を迎えた。

1942年(昭和17年)3月、第21潜水艦基地隊司令に就任し、次いで呉鎮守府付となり、同年11月、海軍少将に進級。同月、佐世保第2海兵団長に発令され、1943年(昭和18年)3月、第3水雷戦隊司令官に着任した。同年7月、クラ湾夜戦において戦死。没後、海軍中将に進級。

参考文献[編集]

  • 海軍歴史保存会編『日本海軍史』第9巻、発売:第一法規出版、1995年。