巻雲 (夕雲型駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Makigumo II.jpg
艦歴
計画 1939年度(マル4計画
起工 1940年12月23日
進水 1941年11月5日
就役 1942年3月14日竣工
その後 1943年2月1日雷撃処分
除籍 1943年3月1日
性能諸元
排水量 基準:2,077t
公試:2,520t
全長 119.3m
全幅 10.8m
吃水 3.76m
主缶 ロ号艦本式缶3基
主機 艦本式タービン2基2軸 52,000hp
最大速力 35.0kt
航続距離 18ktで5,000浬
燃料 重油:600トン
乗員 225名
武装(新造時) 50口径12.7cm連装砲 3基6門
25mm機銃 Ⅱ×2
61cm4連装魚雷発射管 2基8門
(九三式魚雷16本)
爆雷×18乃至36

巻雲(まきぐも)は、日本海軍駆逐艦夕雲型の2番艦である。艦名は敷波型駆逐艦「巻雲」に続いて2代目。

艦歴[編集]

1939年度(マル4計画)仮称第117号艦として藤永田造船所で建造。1942年(昭和17年)3月14日に竣工して一等駆逐艦に類別され、横須賀鎮守府籍となる。

竣工後、夕雲とともに第十駆逐隊(阿部俊雄大佐(海軍兵学校46期)を編成[1]。4月10日、戦隊改編により第一航空艦隊南雲忠一中将(海軍兵学校36期))の直衛に任ずる部隊として第十戦隊(木村進少将(海軍兵学校40期))が編成され、第十駆逐隊も第十戦隊に編入された。これまでの第一水雷戦隊(大森仙太郎少将(海軍兵学校41期))に代わって機動部隊の直衛に就く第十戦隊は6月5日のミッドウェー海戦が初陣となったが、海戦は惨敗。夕雲とともに空母蒼龍の乗員救助を行った後、被弾の末総員退艦となった飛龍の雷撃処分を行った[2]。海戦後、6月13日にに帰投した[3]

7月14日、臨時編成の第一航空艦隊が解散して第三艦隊が編成され、南雲中将が司令官となった。この間の8月7日、ガダルカナル島にアメリカ軍が上陸してガダルカナル島の戦いが始まった。8月16日、第三艦隊は柱島泊地を出撃してトラック諸島に向かうが、アメリカ機動部隊が出現した事によりソロモン諸島東方海域に急行した[4]。8月24日の第二次ソロモン海戦でも空母の直衛を務めた。9月29日、秋雲とともに第三水雷戦隊(橋本信太郎中将(海軍兵学校41期))の指揮下に入り[5]ショートランドへ進出してすぐにガダルカナル島への鼠輸送に参加する[6]。10月3日と6日の輸送ではタサファロングに、10月9日にはカミンボにそれぞれ舞鶴第四特別陸戦隊第二師団丸山政男中将)の兵員や軍需物資を陸揚げした[7]。10月26日の南太平洋海戦では前衛部隊に配される。日米両機動部隊の激闘の末、アメリカ空母ホーネット (USS Hornet, CV-8) は爆弾5発と魚雷3本が命中して大破し、損害は甚大で復旧不能と判断したアメリカ軍はホーネットの曳航を断念。鹵獲を避けるべくホーネットの処分を試み、駆逐艦マスティン英語版 (USS Mustin, DD-413) およびアンダーソン英語版 (USS Anderson, DD-411) に処分をゆだねた。マスティンとアンダーソンは魚雷9本と400発に及ぶ5インチ砲の砲撃を行ったが、ホーネットは沈まなかった。そうこうしている内に、前衛部隊が迫ってきたのでマスティンとアンダーソンは避退していった[8]

「事情許さば、拿捕曳航されたし」と連合艦隊参謀長であった宇垣纏少将(海軍兵学校40期)の命令を受け、秋雲とともにホーネット追跡の命を受けて、前衛部隊から分離した。日が暮れようとする海原を前進すると、彼方から遠雷のような砲声を聞いた[9]。これは、先にマスティンとアンダーソンがホーネットに砲弾と魚雷を撃ち込んでいた音だったと考えられた[9]。やがて、前方の水平線上が赤味を帯びているのが見えた[9]。接近してみると炎上して漂流中のホーネットだった[9]。ホーネットはいたるところから火を噴き、艦首からは曳航されていたことを物語るロープが数本垂れ下がっていた[10]。秋雲が12.7センチ砲弾24発を水線下に命中させたものの微動だにせず[10]、魚雷での処分に切り替えられた。秋雲とともに魚雷を2本発射し、4本のうち3本が命中[11]。秋雲ではホーネットの断末魔を記録して軍令部に提出すべく、絵の上手な信号員に炎上中のホーネットを描くよう命じた[11]。秋雲の駆逐艦長相馬正平少佐はスケッチの助けにしてやろうと、ホーネットに向けて何度もサーチライトを照射したが、秋雲の突然のサーチライト照射の真意が初めは分からず、「如何セシヤ」の発光信号を送った[12]。やがてホーネットの火災は艦全体に広がった。秋雲とともに見守る中、ホーネットは10月27日午前1時35分、サンタクルーズ諸島沖に沈んでいった。日本側は連合艦隊司令部からの命令に従ってホーネットの拿捕曳航を行おうとしたが、最終的に断念している。また、秋雲の信号員がスケッチしたホーネットの最期の姿も残されている[13]。10月30日、トラックに帰投。この時、秋雲の推進器に異常が発生したため内地帰投となり、秋雲から魚雷と弾薬を譲り受けた[14]

南太平洋海戦の後、11月3日に第十駆逐隊は第二水雷戦隊田中頼三少将(海軍兵学校41期))、第七戦隊(西村祥治少将(海軍兵学校39期))とともに外南洋部隊に加勢された[15]第三次ソロモン海戦では第七戦隊、重巡洋艦摩耶鳥海衣笠からなる支援隊の直衛に就く[16]。間を置かずブナとゴナの戦いに加わり、11月29日にブナ東方で敵機の攻撃を受け、至近弾により中破し修理を実施しつつも、12月までブナ地区への兵員揚陸を行った。12月16日からはウェワク攻略作戦に参加した。

1943年(昭和18年)に入り、ガダルカナル島からの撤退作戦である「ケ号作戦」に参加。1月31日、第一次作戦でショートランドを出撃。途中で空襲に遭うも跳ね返して進撃を続けた。しかし、この空襲により「東京急行」の接近を知ったアメリカ軍は、駆逐群および機雷敷設部隊、魚雷艇群の三段構えで「東京急行」」を待ち構えようとした。このうち、駆逐群は日本機の空襲に阻止されて動けなかった[11]。残る二隊のうち、機雷敷設部隊は2月1日夕刻にエスペランス岬付近に機雷を合計255個敷設していった[11]。その約3時間後[17]、エスペランス岬沖に接近しつつあったその時に艦尾に触雷し、航行不能となった。夕雲が接近して横付け曳航法でカミンボ沖まで北上したが[18]、船体に歪みが生じてきた上に浸水がひどくなって曳航困難となったため、第十駆逐隊司令吉村真武大佐の許可を得て、駆逐艦長藤田勇中佐以下全ての乗員を夕雲に移乗させた上で、夕雲に魚雷1本を発射させて雷撃処分を行った[18]

歴代艦長[編集]

艤装員長[編集]

  1. 藤田勇 中佐:1941年12月20日 -

艦長[編集]

  1. 藤田勇 中佐:1942年3月14日 -

脚注[編集]

  1. ^ 『横須賀鎮守府戦時日誌』pp.10
  2. ^ 『栄光の駆逐艦 秋雲』32ページ
  3. ^ 木俣『日本水雷戦史』148ページ
  4. ^ 『第十一戦隊戦時日誌』C08030051400, pp.21
  5. ^ 『栄光の駆逐艦 秋雲』33ページ、木俣『日本水雷戦史』200、201ページ
  6. ^ 木俣『日本水雷戦史』200ページ
  7. ^ 『栄光の駆逐艦 秋雲』34ページ
  8. ^ 佐藤和正「南太平洋海戦/第三次ソロモン海戦」『写真・太平洋戦争(第5巻)』63ページ
  9. ^ a b c d 中島斎「南太平洋の激闘」『栄光の駆逐艦 秋雲』114ページ
  10. ^ a b 中島, 115ページ
  11. ^ a b c d 中島, 116ページ
  12. ^ 中島, 116、117ページ
  13. ^ 中島, 118ページ
  14. ^ 『栄光の駆逐艦 秋雲』35ページ
  15. ^ 『第二水雷戦隊戦時日誌』C08030098800, pp.10
  16. ^ 『第七戦隊戦時日誌』pp.8,9,13
  17. ^ 『栄光の駆逐艦 秋雲』67ページ 、木俣, 257ページ
  18. ^ a b 『栄光の駆逐艦 秋雲』67ページ

参考文献[編集]

  • 横須賀鎮守府司令部『自昭和十七年三月一日至昭和十七年三月三十一日 横須賀鎮守府戦時日誌』(昭和17年3月1日~昭和17年3月31日 横須賀鎮守府戦時日誌(3)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030316000
  • 第十一戦隊司令部『自昭和十七年八月一日至同年八月三十一日 第十一戦隊戦時日誌』(昭和17年7月14日~昭和17年11月30日 第11戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030051400
  • 第二水雷戦隊司令部『自昭和十七年十一月一日至昭和十七年十一月三十日 第二水雷戦隊戦時日誌』(昭和17年11月1日~昭和17年11月15日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030098800
  • 第七戦隊司令部『自昭和十七年十一月一日至同十一月三十日 第七戦隊戦時日誌』(昭和17年4月1日~昭和18年8月31日 第7戦隊戦時日誌戦闘詳報(5)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030047600
  • 第二水雷戦隊司令部『自昭和十八年二月一日至昭和十八年二月二十八日 第二水雷戦隊戦時日誌』(昭和18年1月1日~昭和18年5月31日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030100400
  • 木俣滋郎『日本水雷戦史』図書出版社、1986年
  • 駆逐艦秋雲会『栄光の駆逐艦 秋雲』駆逐艦秋雲会、1986年
  • 雑誌「丸」編集部『ハンディ版 日本海軍艦艇写真集17 駆逐艦 初春型・白露型・朝潮型・陽炎型・夕雲型・島風』光人社、1997年。
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。 ISBN 4-7698-1246-9
  • 海軍歴史保存会編『日本海軍史』第7巻、発売:第一法規出版、1995年。
  • 雑誌「丸」編集部編『写真・太平洋戦争(第5巻)』光人社NF文庫、1995年、ISBN 4-7698-2079-8

関連項目[編集]