コタバル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コタ・バル
Jalan Temenggong, Kota Bharu.jpg
座標 : 北緯6度08分00秒 東経102度15分00秒 / 北緯6.13333度 東経102.25000度 / 6.13333; 102.25000
行政
マレーシアの旗 マレーシア
 州 クランタン州の旗 クランタン州
コタ・バル
地理
面積  
  域 394 km2 (152.1 mi2)
人口
人口 (2005年現在)
  域 425,294人
公式ウェブサイト : http://www.mpkb.gov.my/

座標: 北緯6度8分 東経102度15分 / 北緯6.133度 東経102.250度 / 6.133; 102.250 コタ・バル (Kota Bharu) は、マレーシアの都市。マレー半島北東部のクランタン州の州都で、南シナ海タイランド湾に面する。2005年の人口は425,294人、総面積 394km²。コタ・バルとはマレー語で「新しい町」または、「新しい城」を意味する。

マレーシア国内で最もイスラム色が濃く、住民は大多数がマレー系であるが、タイ国境に近いため、タイのテレビ放送も見ることができる。ただし、街中でタイ語は通じない。数多くのモスクがあり、拡声器でコーランの詠唱を流している。

歴史[編集]

コタバルから 10km 程離れた パンタイ・ダサール・サパという地点が、1941年12月8日の日本軍によるマレー半島上陸作戦の舞台となった。

観光[編集]

  • ムルデカ広場
  • 第二次世界大戦記念館
  • イスラム博物館
  • イスタナ・バライ・ブザール
  • クランタン州立博物館
  • グランガン・セニ
  • イスタナ・ジャハール
  • イスタナ・バトゥ
  • ハンディクラフト博物館

ビーチ[編集]

  • パンタイ・チンタ・ベラヒ
  • パンタイ・イラマ
  • パンタイ・ダサール・サパ

交通[編集]

航空[編集]

バス[編集]

その他[編集]

タイ領事館があり、タイの長期滞在者がビザを取りに来ることがある。国境付近の治安が悪いため、ペナン島のタイ領事館の方が一般的であるが、イスラム色の強い街であるため、イスラム暦を採用しており、日曜日に変わり金曜日が休日となっている。そのため、領事館も日曜日に開館している。

姉妹都市[編集]

外部リンク[編集]