スポケーン (軽巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Spokane (CL-120).jpg
艦歴
発注
起工 1944年11月15日
進水 1945年9月22日
就役 1946年5月17日
退役 1950年2月27日
その後 1973年スクラップとして売却
除籍 1972年4月15日
性能諸元
排水量 6,000 トン
全長 165 m (541 ft)
全幅 16.21 m (53 ft 2 in)
吃水 7.90 m (25 ft 11 in)
機関 ボイラー(665 psi) 4基、蒸気タービン 2基、75,000 hp
最大速力 31.8ノット
乗員 士官、兵員801名
兵装 38口径連装5インチ砲 6基
ボフォース 4連装40mm機関砲 7基
エリコン 20 mm機関砲 16門

スポケーン (USS Spokane, CL/CLAA-120) は、アメリカ海軍巡洋艦アトランタ級軽巡洋艦(またはジュノー級軽巡洋艦)の10番艦。艦名はワシントン州スポケーンに因む。

艦歴[編集]

スポケーンはニュージャージー州カーニーフェデラル・シップビルディング社で1944年11月15日に起工した。1945年9月22日にパトリス・マンセルによって命名、進水、1946年5月17日に艦長L・E・クリスト大佐の指揮下就役する。

就役後はニュージャージー州ベイヨンニューヨーク州ブルックリンと移動し、6月24日に整調巡航のためキューバグアンタナモ湾に向けて出航し、演習および射撃訓練を行う。9月11日にニューヨークに帰還、第2艦隊に配属されたスポケーンはヨーロッパ水域での任務のため10月7日にイギリスプリマスに向けて出航した。

スポケーンは1947年1月中旬までイギリスの港から活動した。ヨーロッパでの任務期間中にスコットランドアイルランドノルウェーデンマークを訪問し、1月27日にプリマスを出航、ポルトガルジブラルタル、グアンタナモ湾を経由して帰国した。艦隊演習に参加後3月18日にバージニア州ノーフォークに到着、引き続いて同年夏はチェサピーク湾で艦砲射撃訓練を行い、その後9月22日から10月14日までブルックリン海軍工廠で信頼性試験を行う。スポケーンは10月27日、海軍記念日にノーフォークに帰還、新たな任務の準備に入る。

スポケーンは10月29日にノーフォークを出航、第2艦隊の僚艦と共にバミューダ沖で艦隊戦術訓練を行った。11月8日にイギリスへ向けて出航、16日にプリマスに到着し、大西洋東部および地中海での任務に割り当てられる。4日後、スポケーンはエリザベス王女の結婚を祝うため満艦飾となる。スポケーンは11月24日から26日までドイツブレーマーハーフェンを訪れ、その後イギリスに帰還し戦術作戦に参加する。1947年2月、オランダロッテルダムを訪問し、17日にはベルンハルト公の訪問を受けた。3月1日にスポケーンはプリマスを出航、東海岸を経由し3月11日にノーフォークに到着した。3月18日に CLAA-120 (防空軽巡洋艦)へ艦種変更された。

同年の残りは東海岸沿いの作戦活動に従事し、5月27日から9月14日まではニューヨーク海軍工廠オーバーホールが行われた。1949年1月4日、スポケーンは航空母艦フィリピン・シー (USS Philippine Sea, CV-47) 、軽巡洋艦マンチェスター (USS Manchester, CL-83) と共に地中海での任務に配属された。1月27日、アテネギリシャ国王パウロス1世と王妃フリデリキの訪問を受ける。その後スポケーンは第6艦隊と共に対抗演習に参加し、トルコイタリアフランスサルジニアチュニジアリビアアルジェリアの港を訪問、5月23日にノーフォークに帰還した。

同年夏は海軍第4管区の予備役兵のための訓練艦の任務に従事し、バージニア岬での訓練演習に参加した。

1949年10月24日、スポケーンは不活性化のためニューヨークへ向かう。1950年2月7日に退役、予備役状態でニューヨークに係留された。1966年4月1日に AG-191 (雑役艦)に艦種変更され、1972年4月15日に除籍された。スポケーンは1973年5月17日にルリア・ブラザーズ・アンド・カンパニーに売却された。

外部リンク[編集]