ブレーマーハーフェン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
塔からの眺望
Skyline

ブレマーハーフェンドイツ語: Bremerhaven)は、ブレーメン州を構成する港湾都市である。人口は約11万6千人(2006年)。街の名前はドイツ語でブレーメンの港を意味する。

地勢・産業[編集]

ブレーメン州に属するが、位置としてはニーダーザクセン州をまたいだ飛び地である。北海へと注ぐヴェーザー川の河口に位置し、ドイツ北部の代表的な貿易港、漁港として知られる。近隣の都市としては、30キロほど西に位置するヴィルヘルムスハーフェン、50キロほど南に位置するブレーメン、95キロほど東に位置するハンブルクなどが挙げられる。

歴史[編集]

1827年、ブレーメン市長のヨハン・シュミットのもとで、ブレーメンの外港として建設された。1939年に、周辺の地域と合併してヴェーザーミュンデ(Wesermünde)の一部に含まれる。第二次世界大戦では徹底的に破壊され、多くの人命が失われた。戦後、1947年に再びブレマーハーフェンと改名されて今日へと至る。

主な出身者[編集]

20世紀前半に活躍した物理学者のヴォルフガング・ゲーデがブレマーハーフェンの出身である。また、ノーベル化学賞受賞者であるアドルフ・ブーテナントも同市の出身である。

スポーツ[編集]

姉妹都市[編集]


関連項目[編集]

外部リンク[編集]