フレゼリクスハウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フレゼリスクハウンの位置
フレゼリスクハウン市の位置
17世紀に建造された火薬庫(Krudttårnet)

フレゼリクスハウン(Frederikshavn)は、デンマークユトランド半島北部に位置する港町。フレゼリクスハウンとは直訳すると「フレゼリクの港」(ハウンはデンマーク語で港の意味)。

人口は2006年現在23,636人。デンマークの地方行政区画としては、北ユラン地域フレゼリスクハウン市(市長は2010年1月よりヴェンスタのラース・モラ―(Lars Møller)が務める)に属する町となる。

大型客船が入ることができる港からは定期フェリーがスウェーデンエーテボリノルウェーオスロラルヴィク、そして近くのリゾート島レス島などに出ている。なお、エーテボリまでは通常フェリーで3時間半、高速フェリーで2時間。

1959年和歌山県沖で遭難した日本漁船の船員を救出しようとして、自らも水死した貨物会社A.P. モラー・マースククヌッセン機関長を奉る慰霊碑が郊外のバングスボー博物館に建立され、2007年8月には和歌山県から市民など関係者が訪れ、「ジャパン・フェスティバル」も開かれた。

ユトランド半島北部地域の中心都市オールボーとは車で40分、DSBデンマーク国鉄では1時間10分で行ける。また私鉄でデンマーク最北の町スケーエンにも行ける。

港の一部はデンマーク海軍基地になっている。

外部リンク[編集]