ドイツ・メルヘン街道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メルヘン街道のルートマップ

ドイツ・メルヘン街道(ドイツ・メルヘンかいどう、Deutsche Märchenstraße)は、ドイツ中部の街ハーナウから北部の都市ブレーメンを経てブレーマーハーフェンまでを結ぶドイツ観光街道の一つ。グリム兄弟とその童話や伝説にゆかりの地を結ぶ観光街道で、全長約600km。始点のハーナウはグリム兄弟の生誕の地、終点ブレーメンは、彼らの童話『ブレーメンの音楽隊』で名高い街である。元々、この2つの街を結ぶ街道が古くからあったわけではなく、途中の70以上の街がこの街道に参加し[1]、断片的な道路を結び合わせ観光街道として整備したもので、1975年に組織された。

行程[編集]

ハーナウ、マルクト広場のグリム兄弟像
  • ハーナウ (Hanau): グリム兄弟生誕の地。旧市庁舎前のマルクト広場に兄弟の銅像があり、その基台の銅板にここがドイツ・メルヘン街道の起点であると記されている。
シュタイナウのグリム博物館
  • シュタイナウ (Steinau an der Straße): グリム兄弟の祖父が教会の牧師を務め、兄弟の誕生後、父が判事となり赴任した町。兄弟は1791年から1803年までこの町で過ごした。当時の地方裁判所(父が亡くなる1796年までグリム一家はその1階に住んでいた)がグリム記念博物館として残されている。ハーナウからシュタイナウまではゲーテ街道と共通の行程である。また、この街はドイツ木組みの家街道にも組み込まれている。
  • シュリュヒテルン (Schlüchtern): グリム一家に関する収蔵品を展示した山村博物館がある。
  • フライエンシュタイナウ (Freiensteinau)
  • ヘルプシュタイン (Herbstein)
  • アルスフェルト (Alsfeld): 木組家屋が数多く残る美しい町。
マールブルク旧市庁舎

カッセルからメルヘン街道は、一時的に 2 つのルートに分かれる。東よりの『ホレのおばさん』ルート、西よりの『いばら姫』ルートである。

『ホレのおばさん』ルート[編集]

このルート沿いにあるゲッティンゲンは、グリム兄弟が教鞭を執った大学があるゆかりの街であるが、街としてドイツ・メルヘン街道に加盟しておらず、Göttinger Märchenland e.V. という協会が加盟している。

『いばら姫』ルート[編集]

いばら姫の城のモデルといわれるザーバブルク

合流後[編集]

2つのルートはヘクスター付近で合流する。

ブレーメン:マルクト広場の楽隊像
  • ブレーメン (Bremen): 『ブレーメンの音楽隊』で名高く、市内のマルクト広場には楽隊像があるが、この童話をよく読むと彼らは実際にはブレーメンには到着していない。ブレーメンは主要なハンザ同盟の貿易都市として古くから栄え、現在でもドイツ屈指の大都市であり、見所も多い。
  • ブレーマーハーフェン (Bremerhaven): 北海に面したブレーメンの外港として栄えた港町である。クラバウターマンという船の精の伝説がある。

ブレーメンの手前で分岐して北に向かい、ブクステフーデまで行くルートもある。

  • ブクステフーデ (Buxtehude):グリム童話『ウサギとハリネズミ』の舞台となった町である。かつてはハンザ同盟の一員として栄えた。

引用[編集]

参考図書[編集]

小澤俊夫、石川春江、南川三治郎 『グリム童話のふるさと』(新潮社、1986年) ISBN 4106019353

関連項目[編集]

外部サイト[編集]