ヘルザ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
紋章 地図
(郡の位置)
Wappen Helsa.png Locator map KS in Germany.svg
基本情報
連邦州: ヘッセン州
行政管区: カッセル行政管区
郡: カッセル郡
緯度経度: 北緯51度16分
東経09度41分
標高: 海抜 427 m
面積: 25.77 km²
人口:

5,576人(2012年12月31日現在) [1]

人口密度: 216 人/km²
郵便番号: 34298
市外局番: 05602, 05604, 05605
ナンバープレート: KS
自治体コード: 06 6 33 012
行政庁舎の住所: Berliner Straße 20
34298 Helsa
ウェブサイト: www.gemeinde-helsa.de
首長: ティーロ・キューテ (Tilo Küthe)
郡内の位置
Helsa in KS.svg

ヘルザ (Helsa) は、ドイツ連邦共和国ヘッセン州カッセル郡に属す町村(以下、本項では便宜上「町」と記述する)である。

地理[編集]

位置[編集]

ヘルザは、その中核地区がカッセル中心部の南東約 15 km(直線距離)のマイスナー=カウフンガー・ヴァルト自然公園内に位置している。東のカウフンゲンの森と西のゼーレ山地との間に位置しており、小川のヴェーデマン川がロッセ川に注ぐ合流点に面している。

隣接する市町村[編集]

ヘルザは、北は市町村に属さないグーツベツィルク・カウフンガー・ヴァルト、東はグロースアルメローデ、南はヘッシシュ・リヒテナウ(以上はいずれもヴェラ=マイスナー郡)、西はゼーレヴァルトおよびカウフンゲン(両町村はカッセル郡)と境を接している。

自治体の構成[編集]

自治体としてのヘルザは、エッシェンストルート(ヴァルトホーフ入植地を含む)、ヘルザ、ザンクト・オッティリーン、ヴィッケンローデの各地区からなる。

歴史[編集]

ヘルザは、おそらく1017年にカウフンゲン修道院の創設とともに皇妃クニグンデによって建設された。1353年に初めて文献にその名が明記された。1432年には初めて司祭が任命されている。ヘッセン=カッセル方伯カール1699年に55人のユグノー派信者を定住させた。ヘルザとヴィッケンローデは、1970年に自由意思によって合併し、自治体ヘルザ=ヴィッケンローデが成立した。1972年にエッシェンストルートとザンクト・オッティリーンとがこれに加わり、現在の自治体ヘルザが成立した。

行政[編集]

議会[編集]

ヘルザの町議会は 25 議席からなる[2]

姉妹都市[編集]

紋章[編集]

図柄: 向かって右三分の一側部は青地で分割線から銀のトネリコの木。向かって左三分の二は赤地で、銀のガラス製品の上に青いニワトリが描かれた鐘。この紋章には各地区の象徴が描かれている。トネリコの木はエッシェンストルート、鐘はヘルザ、ガリア風のニワトリはザンクト・オッティリーンに定住したユグノー派の入植者、ガラス製品はヴィッケンローデのガラス産業を象徴している。

文化と見所[編集]

見所としては、ヘルザ地区中心部の木組み建築がある。その一部は17世紀に建てられたものである。

ヘルザ近郊のハイキング地としては、いずれも町から西に数kmのカウフンゲンの森にあるミヒェルスコプフ山のミヒェルスコプフ湖やビールシュタイン山のビールシュタイン教会がある。これらはマイスナー=カウフンガー・ヴァルト自然公園に属す。

ヘルザの古い中心部にはかつての穀物水車(中央水車や首席司祭の水車とも呼ばれる)がある。この水車は1988年に修復・拡張され、現在は水力発電用として用いられている。

2010年6月24日、エッシェンストルート地区に「音楽と映画の博物館」が設けられた。200 m2 の展示スペースには、機械仕掛けの楽器(たとえばオルゴール時計手回しオルガンオーケストリオンなど)、1950年代から1970年代の音楽設備、カッセルの映画100年史といったテーマで展示がなされている。

人物[編集]

出身者[編集]

引用[編集]

外部リンク[編集]