ヘッシシュ・リヒテナウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
紋章 地図
(郡の位置)
Wappen Hessisch-Lichtenau.png Locator map ESW in Germany.svg
基本情報
連邦州: ヘッセン州
行政管区: カッセル行政管区
郡: ヴェラ=マイスナー郡
緯度経度: 北緯51度12分
東経09度43分
標高: 海抜 387 m
面積: 105.87 km²
人口:

11,922人(2013年12月31日現在) [1]

人口密度: 113 人/km²
郵便番号: 37230 - 37235
市外局番: 05602
ナンバープレート: ESW
自治体コード: 06 6 36 006
行政庁舎の住所: Landgrafenstraße 52
37235 Hessisch Lichtenau
ウェブサイト: www.hessisch-lichtenau.de
首長: ユルゲン・ヘルヴィヒ (Jürgen Herwig)
郡内の位置
Hessisch Lichtenau ESW.svg

ヘッシシュ・リヒテナウ (Hessisch Lichtenau) は、ドイツ連邦共和国ヘッセン州ヴェラ=マイスナー郡に属す小都市である。この街は2006年に第46回ヘッセンの日の会場となった。

地理[編集]

ヘッシシュ・リヒテナウの中心街

位置[編集]

ヘッシシュ・リヒテナウはヴェラ=マイスナー郡に位置し、カッセルの南東約 20 km(直線距離)にあたる。北を海抜 643.4 m のヒルシュベルクを最高峰とするカウフンゲンの森、東をホーアー・マイスナー (753.6 m)、南東をアイスベルク (583 m) を含むシュテルツィンガー山地、南西をヒンメルスベルク (563.7 m) を含むギュンスターレーダー高地に囲まれている。これらの山並みに囲まれた谷状の土地を「ヘッシシュ・リヒテナウ盆地」と称する。ヘッシシュ・リヒテナウの中心部をロッセ川が流れている。

隣接する市町村[編集]

市の構成[編集]

  • フリードリヒスブリュック
  • フュルステンハーゲン
  • ハウゼン
  • ヒルシュハーゲン
  • ホルシュタイン
  • ホプフェルデ
  • キューヒェン
  • クヴェンテル
  • ライヒェンバッハ
  • レッテローデ
  • フェルメーデン
  • ヴァルブルク
  • ヴィッカースローデ

行政[編集]

ヘッシシュ・リヒテナウ市庁舎

市議会[編集]

ヘッシシュ・リヒテナウの市議会は、37議席からなる[2]

市長[編集]

2000年2月から、直接選挙により選出されたユルゲン・ヘルヴィヒ (SPD) が主席市長を務めている。

姉妹都市[編集]

文化と見所[編集]

ルノワール財団

建造物[編集]

フュルステンハーゲン地区: ジェローム・アンリ・ルノワール財団の建築群(旧孤児院)、ペスタロッツィ記念碑、ルノワール家の廟所を含む。丘の上の池の畔に建つ。建築家ユリウス・オイベル、1903年建造。1893年に、カッセルの名誉市民ジョルジュ・アンドレー・ルノワール(1825年 - 1909年)によって創設された。隣接する農地タイヒホーフも元々はルノワール財団のものであった。

ライヒェンバッハ地区: ドイツ騎士団ヘッセン管区の教会、旧ライヒェンバッハ修道院教会は、ドイツで最も古いドイツ騎士団定住地の遺構である。ライヒェンバッハの西、海抜 522 m のシュロスベルクにライヒェンバッハ城趾が遺されている。

自然文化財[編集]

  • ライヒェンバッハ地区のグローセ・シュタイン

観光[編集]

ヘッシシュ・リヒテナウは、「ホレおばさんの国への門」としてドイツ・メルヘン街道に加盟している。

ルノワール家の廟所 
ライヒェンバッハ修道院教会 
グローセ・シュタイン 

経済と社会資本[編集]

アウトバーン A44号線のヴェーレタール橋

交通[編集]

路面電車第4系統(マッテンベルク方面)がロッセタール鉄道を経由して直接カッセル市駅に通しており、平日は 30 分間隔、月曜日から金曜日の朝は 15 分間隔、週末は 1 時間間隔で運行している。

ライヒェンバッハ地区近郊に、国際航空路のビーコン LAU がある。

ヘッシシュ・リヒテナウは、連邦道 B7号線沿いに位置している。市の東部には、ヘッシシュ・リヒテナウ中央インターチェンジとヘッシシュ・リヒテナウ東インターチェンジ(ヴァルブルク)との間の数 km だけだが、連邦アウトバーン A44号線が開通している。この区間にはヴェーレタール橋 (530 m) やヴァルベルクトンネル (280 m) がある。この道路の、カッセルまで、およびヴォンメンまでの延長区間は、建設中あるいは計画中である。

教育[編集]

市内には3つの基礎課程学校がある。

  • ヘッシシュ・リヒテナウ基礎課程学校
  • フュルステンハーゲン基礎課程学校
  • マイスナーラントシューレ・ヴァルブルク

この他に、ヘッシシュ・リヒテナウには、ギムナジウム上級学年を含む総合学校、フライヘル・フォン・シュタイン・シューレがある。

人物[編集]

出身者[編集]

ゆかりの人物[編集]

  • ハインリヒ・シェーファー(1868年 - 1957年)エジプト学者。ヘッシシュ・リヒテナウで亡くなった。

引用[編集]

外部リンク[編集]