ヴァルトカペル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
紋章 地図
(郡の位置)
Wappen Waldkappel.png Locator map ESW in Germany.svg
基本情報
連邦州: ヘッセン州
行政管区: カッセル行政管区
郡: ヴェラ=マイスナー郡
緯度経度: 北緯51度09分
東経09度53分
標高: 海抜 257 m
面積: 96.48 km²
人口:

4,482人(2013年12月31日現在) [1]

人口密度: 46 人/km²
郵便番号: 37284
市外局番: 05656
ナンバープレート: ESW
自治体コード: 06 6 36 012
行政庁舎の住所: Leipziger Straße 34
37284 Waldkappel
ウェブサイト: www.waldkappel.de
首長: ライナー・アダム (Reiner Adam)
郡内の位置
Waldkappel ESW.svg

ヴァルトカペル (Waldkappel) は、ドイツ連邦共和国ヘッセン州ヴェラ=マイスナー郡に属す小都市である。

地理[編集]

位置[編集]

ヴァルトカペルはヴェラ=マイスナー郡の、ヘッシシュ・リヒテナウ(東)とエシュヴェーゲ(西)との間に位置する。この街は北のマイスナー=カウフンゲンの森自然公園と南のシュテルツィンガー山地との間にある北ヘッセン山地内の、シェンマーバッハ川がヴェーレ川に注ぐ河口付近に位置している。

ヴァルトカペルは、ドイツの東端と西端を結んだ線と、北端と南端を結んだ線との交点にあたる。

隣接する市町村[編集]

市の構成[編集]

自治体としてのヴァルトカペルは、中核市区ヴァルトカペルの他、以下の市区からなる。

  • ビシュハウゼン
  • ブルクホーフェン
  • エルトマンゼー
  • フリーメン
  • ゲーハウ
  • ハルムートザクセン
  • ハッセルバッハ
  • ヘッツェローデ
  • キルヒホスバッハ
  • メッケルスドルフ
  • レヒテバッハ
  • ローデバッハ
  • シェンメルン
  • シュトルツハウゼン

歴史[編集]

マテウス・メーリアンの銅版画に描かれた1655年頃のヴァルトカペル

ヴァルトカペルは1226年に初めて記録され、1414年都市権を授けられた。この都市は、ヴェッテラウからテューリンゲンに至る通商路とライプツィヒに至るもう一本の通商路に面していたことから、中世後期に経済的隆盛を遂げた。かつてのこの街の裕福さを、町の中央に建つ後期ゴシック様式の教会が示している。三十年戦争はヴァルトカペルの富を急速に奪い取った。そしてこの街がかつての重要な地位を取り戻すことはなかった。

ヘッセン州の地域改革に伴って、旧エシュヴェーゲ郡のヴァルトカペル、ビシュハウゼン、ブルクホーフェン、フリーメン、ゲーハウ、キルヒホスバッハ、メッケルスドルフ、レヒテバッハ、ローデバッハ、シェンメルンは合併した。これに旧ヴィッツェンハウゼン郡からハルムートザクセンとハッセルバッハとが、旧メルズンゲン郡からシュトルツハウゼンが加わった。さらに1974年にエルトマンゼーとヘッツェローデが加わり、現在の自治体ヴァルトカペルが形成された。

行政[編集]

市議会[編集]

ヴァルトカペルの市議会は 23 議席からなる[2]

姉妹都市[編集]

経済と社会資本[編集]

交通[編集]

バルトカペルを連邦道 B7号線が通っている。アウトバーン A44号線が建設中である。

引用[編集]

外部リンク[編集]