ヴェーレタール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
紋章 地図
(郡の位置)
Wappen Wehretal.svg Locator map ESW in Germany.svg
基本情報
連邦州: ヘッセン州
行政管区: カッセル行政管区
郡: ヴェラ=マイスナー郡
緯度経度: 北緯51度09分
東経10度00分
標高: 海抜 179 m
面積: 39.20 km²
人口:

5,029人(2013年12月31日現在) [1]

人口密度: 128 人/km²
郵便番号: 37287
市外局番: 05658, 05651
ナンバープレート: ESW
自治体コード: 06 6 36 014
行政庁舎の住所: Platz der Normandie 1
37287 Wehretal
ウェブサイト: www.wehretal.de
首長: ヨーヒェン・キストナー (Jochen Kistner)
郡内の位置
Wehretal ESW.svg

ヴェーレタール (Wehretal) は、ドイツ連邦共和国ヘッセン州ヴェラ=マイスナー郡に属す町村(以下、本項では便宜上「町」と記述する)である。

地理[編集]

位置[編集]

ヴェーレタールは、北ヘッセンの大都市カッセルの南東約 50 km に位置している。この町は、北のエシュヴェーゲと南のゾントラの間に位置している。

北部には、町名の元となったヴェーレ川に沿った土地がある。この川はエシュヴェーゲ近郊でヴェラ川に注ぐ。東にはシュリーアバッハスヴァルト、南東はリングガウ、南西はシュトルツィンガー山地、西はホーアー・マイスナーがそびえる。

隣接する市町村[編集]

ヴェーレタールは、北は郡庁所在都市エシュヴェーゲ、東はヴァイセンボルン、南はリングガウゾントラ、西はヴァルトカペル、北西はマイスナーと境を接する。

自治体の構成[編集]

ヴェーレタールは、5つの地区からなる。

  • ライヒェンザクセン
  • ランゲンハイン
  • ホーエンアイヒェ
  • エトマンスハウゼン
  • フィーアバッハ

歴史[編集]

1577年、ホーエンアイヒェで、ミスゲブルト・フォン・ホーエンアイヒェとして知られる子供が生まれた。ルネサンスの芸術家ディートマール・メルルアンはこの子供の木造を製作した。

面積 3,920 haの自治体ヴェーレタールは、1971年1972年にホーエンアイヒェ、ランゲンハイン、フィーアバッハと行政中心地のエトマンスハウゼンが合併して成立した。地域再編に伴い成立したこの新しい町は「ヴェーレタール」と名付けられた。ヴェーレタールは、ヴェラ=マイスナー郡の他の市町村とは対照的に人口が増加している自治体である。

行政[編集]

議会[編集]

ヴェーレタールの町議会は、27 議席からなる。

首長[編集]

ヨーヒェン・キストナー (SPD) は2007年4月1日から、6年の任期で町長職に就いた。

姉妹都市[編集]

文化と見所[編集]

[編集]

ライヒェンザクセン地区では夏に郷土・ヴィヒテル祭(ヴィヒテルは、イタズラ好きの小鬼のこと)が伝統的に開催されており、2012年に第60回を迎える。5日間の祝祭行事のハイライトは、土曜の夜にスポーツ広場で開催されるダンスの他、日曜日の大パレードである。パレードにはライヒェンザクセンやその他の地区からの演奏者が参加して音楽隊が伴奏する。どの音楽隊もパレードの他に、多くの観客の前で演奏する機会がある。月曜日は朝からテントの中で伝統的な朝食パーティーが行われる。地元の人達はここに集まり、一緒に朝食を食べ、祝福する。期日は、普通は6月の第3週末であるが、2012年は例外的に6月第1週に開催されることになっている。

交通[編集]

この町は、連邦道 B7号線(カッセル - アイゼナハ)、連邦道 B27号線(ゲッティンゲン - バート・ヘルスフェルト)、連邦道 B452号線(エシュヴェーゲ - ヴェーレタール)を経由してヴェラ=マイスナー郡内と往来できる。また、旧南北線の一部である鉄道ゲッティンゲン - ベーブラ線沿いの駅(ヴェーレタール=ライヒェンザクセン)がある。

引用[編集]