マンチェスター (クリーブランド級軽巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Manchester (CL-83)
艦歴
発注:
起工: 1944年9月25日
進水: 1946年3月5日
就役: 1946年10月29日
退役: 1956年6月27日
その後: 1960年にスクラップとして廃棄
除籍: 1960年4月1日
性能諸元
排水量: 10,000 トン
全長: 610 ft 1 in
全幅: 66 ft 4 in
吃水: 25 ft
機関:
最大速: 33 ノット
乗員: 士官、兵員992名
兵装: 6インチ砲12門、5インチ砲12門
40mm機銃28基、20mm機銃10基

マンチェスター (USS Manchester, CL-83) は、アメリカ海軍軽巡洋艦クリーブランド級軽巡洋艦の1隻。艦名はニューハンプシャー州マンチェスターに因む。

艦歴[編集]

マンチェスターは1944年9月25日にマサチューセッツ州クインシーベスレヘム・スチールフォアリバー造船所で起工し、1946年3月5日にアーネスト・J・グラドゥ夫人によって命名、進水、1946年10月29日に艦長ピーター・G・ヘール大佐の指揮下就役した。

整調をカリブ海で終えたマンチェスターは母港のボストンに1947年3月26日に帰還した。同地で艦橋に実験用のプラスチック・カバーを装着し、初の大西洋横断に向かう。4月18日に地中海に向けて出港し、トルーマン・ドクトリンに基づいた共産主義勢力に対する示威を行った。6月に東海岸に帰還し、続いてロードアイランド州ニューポート沖で海軍予備役兵の訓練巡航を行う。6月25日に再び地中海に向かい、11月30日にボストンに帰還した。マンチェスターは1948年2月9日から6月26日、1949年1月3日から3月4日までの2回、第6艦隊での配備を完了し、3月18日にフィラデルフィアを出航、太平洋艦隊に合流した。

4月3日にロングビーチに到着、2週間後に政治的に不安定な極東に向けて出航、5月15日に中国青島に入港した。その後黄海東シナ海南シナ海で作戦活動に従事し、11月28日にロングビーチに帰還した。

この配備の間、中国国民党軍は7月16日に台湾への撤退を始め、10月1日に中華人民共和国の成立が宣言された。共産中国の成立は他のアジア諸国における共産勢力を勢いづけ、1950年6月25日には北朝鮮による38度線以南への侵攻が始められた。国連は6月27日に「北朝鮮弾劾決議」を採択した。

当時マンチェスターはサンフランシスコでドック入りしオーバーホールの最中にあった。作業は急ピッチで進められ、8月1日に西太平洋に向けて出航した。マンチェスターは9月上旬に佐世保に到着、第77任務部隊に加わり黄海で国連軍航空部隊への支援として艦砲射撃、沿岸偵察、封鎖を行った。9月15日、仁川上陸作戦でマンチェスターは火力支援を担当した。仁川ソウル間の補給線の確保後、北朝鮮軍が集中する Tungsan Got への砲撃を行い、9月27日には艦載機が甕津の鉄道路線を破壊した。この攻撃により敵の補給線は分断され、共産軍の増強は遅滞することとなる。



マンチェスターは7月23日に横須賀に向けて韓国を出航した。27日に板門店で休戦の合意が成立し、マンチェスターは28日に母港に向かった。マンチェスターは朝鮮戦争で3度の戦闘巡航を完了し、大きな被害を受けることはなかった。

1954年から55年にかけてマンチェスターは第7艦隊で6ヶ月間の配備を2度、太平洋西部で行った。最後の帰国の航海でマンチェスターは「グローリー作戦」(朝鮮戦争で死亡した身元不明のアメリカ人50名をハワイへ運ぶ任務)に従事した。1956年1月20日に横須賀を出航し、真珠湾で儀礼のため停泊後ロングビーチに向かい、2月5日に到着した。2月末にサンフランシスコに向けて出航し、27日に予備役艦隊入りする。その後6月27日に退役し、1960年4月1日に除籍、10月31日にニコライ・ジョフェ社に売却された。

マンチェスターは朝鮮戦争の戦功で9個の従軍星章を受章した。朝鮮戦争の期間に、後にケネディ政権下で国家安全保障局局長を務めたローレンス・ヒュー・フロストが艦長として艦を指揮した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]