セントルイス級軽巡洋艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セントルイス級軽巡洋艦
サンペドロ湾で停泊するセントルイス(1944年)
艦級概観
種別 軽巡洋艦
艦名 都市名 一番艦はミズーリ州セントルイスに因む
建造者 {{{建造者}}}
運用者 {{{運用者}}}
建造期間 {{{建造期間}}}
就役期間 {{{就役期間}}}
同型艦 {{{同型艦}}}
前級 ブルックリン級軽巡洋艦
次級 アトランタ級軽巡洋艦
主要諸元
排水量 基準:10,000トン
全長 185.5m
全幅 18.8m
吃水 6m
深さ {{{深さ}}}
機関 水管ボイラー×4缶
蒸気タービン×4基
スクリュープロペラ×4軸
機関出力 100,000馬力
電力 {{{電力}}}
速力 33ノット
燃料 {{{燃料}}}
航続距離 15ノットで10000浬
潜航深度 {{{潜航深度}}}
乗員 888名
搭載量 {{{搭載量}}}
装甲 {{{装甲}}}
兵装 Mk.16 6インチ砲×15門
 (3連装砲塔として搭載)
Mk.12 5インチ砲×8門
 (連装砲塔として搭載)
エリコンSS 20mm機銃×12門
搭載機 水上機×4機
搭載総数 {{{総艦載機数}}}
搭載艇 {{{艦載艇}}}
C4ISTAR {{{C4I}}}
レーダー {{{レーダー}}}
ソナー {{{ソナー}}}
電子戦
対抗手段
{{{電子戦}}}
特殊装備 {{{特殊装備}}}
その他 {{{その他}}}

セントルイス級軽巡洋艦 (セントルイスきゅう けいじゅんようかん、St. Louis class) は、第二次世界大戦時に運用されていたアメリカ海軍軽巡洋艦の艦級。同型艦は2隻。

条約型軽巡洋艦のブルックリン級を小改良したものであり、副砲が12.7cm単装8基から、12.7cm連装4基に変更されている。主武装は15.2cm砲、3連装砲塔を前部に3基、後部に2基搭載している。

同型艦[編集]

  • セントルイス (USS St. Louis, CL-49) 1939年5月19日就役。1946年6月20日退役。1951年ブラジルへ売却。Tamandareと改名。除隊後1980年に沈没。
  • ヘレナ (USS Helena, CL-50) 1939年9月18日就役。1943年7月6日、クラ湾夜戦で沈没。

外部リンク[編集]