台湾沖航空戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
台湾沖航空戦
Task Force 38 off the coast of Japan 1945.jpg
日本近海で行動するアメリカ軍第38任務部隊(第58任務部隊)
戦争太平洋戦争
年月日1944年10月12日 - 10月16日
場所台湾東方海域
結果:日本海軍による攻撃の失敗、アメリカ軍の勝利
交戦勢力
日本の旗 大日本帝国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
指揮官
寺岡謹平中将
福留繁中将
マーク・ミッチャー中将
戦力
航空機 1,251機 航空母艦 17隻
戦艦 6隻
重巡洋艦 4隻
軽巡洋艦 10隻
駆逐艦 58隻
損害
航空機 312機 重巡洋艦 2隻大破
航空機 89機
フィリピンの戦い

台湾沖航空戦(たいわんおきこうくうせん、1944年10月12日 - 10月16日)は、太平洋戦争における戦闘のひとつ。捷号作戦の準備中に、台湾から沖縄にかけての航空基地を攻撃したアメリカ海軍空母機動部隊を、日本軍の基地航空部隊が迎撃した。アメリカ軍の損害は軽微であったが、日本軍は戦果を誤認したまま大本営発表を行った。

経過[編集]

背景[編集]

マリアナ沖海戦に勝利を収めたアメリカ軍は絶対国防圏を突破し、強力な米機動部隊によるさらなる侵攻が予期された。日本軍は捷号作戦を企図して、その迎撃の準備を進めていた。そのため、主力として期待された第二航空艦隊は充実されていた。中でも第六基地航空部隊T攻撃部隊は、捷号作戦における夜間、不良天候に乗ずる攻撃の基幹として対機動部隊戦法の中核として期待されていた[1]

1944年7月23日図上演習で軍令部から、荒天により発着困難な昼間の攻撃を本旨として、機会がない場合は敵の活動が不十分な夜間に攻撃するT攻撃部隊案が出たが[2]、 一方で指揮権を持つ第二航空艦隊からは、飛行集団区分を任務別に定めて、T攻撃部隊による夜間攻撃を中核とし、昼間攻撃、薄暮攻撃の三者を攻撃部署として各種組み合わせによって第1から第4まで定め、状況に応じてそのいづれかを適用する戦法が示された。これは後日、第六基地航空部隊が規定した戦策に発展した[3]。また、1944年9月上旬、T攻撃の成立を疑問視していた第2航空艦隊司令長官福留繁中将は、T攻撃部隊は決戦の一撃に夜間攻撃に使用し、悪天候下に乗じるのは最後の切り札として決行すると表明した。連合艦隊司令長官豊田副武は部隊用法については第二航空艦隊司令長官福留に一任し、不能の時は無理をすることはないと話した[4]

こうして台湾沖航空戦では軍令部が提案した「T攻撃」が実施されることはなく、二航艦が図上演習で示した戦法が実施された。実際の台湾沖航空戦でも作戦実施過程は、作戦指導、報告戦果、損害など二航艦の図上演習と類似した内容となった。異なる点は、図上演習では我が索敵線の先端(600海里)で敵機動部隊を発見し、動静を把握して待つ態勢だったが、台湾沖航空戦では来襲を予期して哨戒を強化していたにもかかわらず、米機動部隊の奇襲空襲を受けて、その後も容易にその所在を突き止めえなかった点であった[5]

アメリカ軍はマリアナ諸島の占領に成功し、次の攻略目標をフィリピン奪還に定め、その進攻計画として最終的にキングII作戦を実行した。アメリカ軍の最初の上陸予定地点はレイテ島であったが、同作戦は幾つかの段階に分かれ、上陸作戦に先立って周辺空域の制空権制海権を確保するため、アメリカ海軍空母機動部隊は沖縄台湾・フィリピン北部にかけて点在していた日本軍の航空基地を空爆した。10月5日に第3艦隊司令長官ウィリアム・ハルゼー太平洋艦隊司令長官チェスター・ニミッツから受けた命令は「台湾の軍事施設と港湾施設へ恒久的損傷を与えよ」というものであった[6]

1944年10月10日、アメリカ軍第38任務部隊が沖縄本島並びに周辺の島々の日本軍拠点に対して航空攻撃を行った。このときの空襲は沖縄本島では十・十空襲として記録されている。翌10月11日、アメリカ艦隊は南下してフィリピン諸島を攻撃した。 捷号作戦に備えていた第二航空艦隊長官福留繁中将はその発動前に攻撃を決めて、11日早朝の索敵で正午に機動部隊を発見すると、18時30分に12日の作戦要領を発令した。T攻撃部隊に対しては「別令に依り黎明以後、沖縄方面に進出し台湾東方海面の敵に対し薄暮攻撃及び夜間攻撃を行う」と意図を明らかにした[7]

10月12日[編集]

10月12日、上空に低い雲が垂れ込める中、米軍の第3艦隊は台湾に延べ1,378機を投入して大空襲を行った。同日、日本軍はT攻撃部隊を投入し、アメリカ艦隊への攻撃を開始する。海軍爆撃機銀河」や艦上攻撃機天山」、陸軍爆撃機「飛龍」などからなる航空機90機余りが出撃したが、照明弾による照明が雲のためまったく不十分であり、攻撃に手間取った。そこへアメリカ軍の対空射撃を受け54機が未帰還となった。一方、第3艦隊の搭乗員は翌日の攻撃の事もあり、十分な睡眠が取れなかったと言う。 攻撃は、空母フランクリンに一発、重巡キャンベラに二発命中したが、致命的なものではなかった[8]。 カール・ソルバーグは米軍側から見た印象として12日夜の一式陸上攻撃機による攻撃を挙げ、組織的な空襲と言うよりは調整の取れない散発的なものであるというレーダー員の感想を示している[9]

10月13日[編集]

第3艦隊は延べ947機を攻撃の為出撃させた。なお、太平洋艦隊司令部にあげられたウルトラ情報を回送されたことで、第3艦隊は豊田副武連合艦隊司令長官が台湾におり、反撃を指示して兵力の集結を図っていることを察知していた。このため新竹にも攻撃が加えられた。ただし、第38任務部隊指令マーク・ミッチャーは「数が多いので全ての飛行場を破壊するのは不可能かもしれない」と述べたと言う。

10月14日[編集]

10月14日は、第3艦隊は転送されたウルトラ情報により日本軍機が集結しつつあることを知った。また、前日被害を受けた巡洋艦キャンベラの待避を掩護すると決めたため、台湾に3群、北部ルソンに1群をふり向けて早朝より攻撃を行ったが、前日より更に早く空襲を切り上げたため、出撃機は146機に減少し、喪失機の増加から日本軍の抵抗が強化されつつあると判断した。日本側は敵艦隊は前日までの攻撃によって防御力を喪失したと判断して380機による航空総攻撃を敢行し、昼間にも攻撃を行った。この攻撃は昼間に行われたため、敵艦隊の上空を守る艦載機による激烈な迎撃と対空射撃をうけ、244機が未帰還となった[10]。この日を以って第3艦隊は台湾への攻撃を打ち切った。

作戦を予定通り終えた第3艦隊は、17日頃にはレイテ島近海に集結しつつあった第7艦隊のレイテ島上陸を支援するために、14日夜にはフィリピン東方沖に南下をはじめた。ここで艦隊は2つのグループに分かれ、第4群は15日よりマニラ周辺の空襲を開始し、第2群と第3群は燃料補給の為に給油海域に後退しつつあった。第1群は台湾東方沖に踏みとどまった。アメリカ軍は戦果を赫赫と伝える日本の放送を傍受し、第3艦隊はニミッツが中継した通信傍受情報を受け取り、虚報を信じ込んでいる事を把握していた。そのため、被害を受け、味方の魚雷で処分されてもおかしくなかった2隻の巡洋艦の曳航を命じ、これを囮として、追撃をかけてくるであろう日本軍に更なる打撃を与える準備をしていた。実際、志摩清英中将率いる第五艦隊が遭難中の日本海軍操縦士の救助及び残敵掃蕩のために派遣されることが決まっていた。しかしこの掃蕩方針も、14日にはアメリカ側に漏れていた。

10月15日以降[編集]

日本軍航空隊は16日まで反復して昼夜問わず攻撃を行ったが被害は大きくなるばかりだった。しかし、航空隊からの電文は「空母を撃沈」「戦艦を撃破」といった華々しい大戦果を報告するものばかりだった。この間、大本営では前線部隊からの過大な戦果報告を信じて疑わず、そのまま集計して発表したため、大戦果を大本営発表する結果となった。10月19日、日本軍は「空母19隻、戦艦4隻、巡洋艦7隻、(駆逐艦、巡洋艦を含む)艦種不明15隻撃沈・撃破」と発表した。アメリカでは、投資家の一部が大本営発表の内容を信じたために、一時株価が大暴落するという事態も発生した。

実際の第3艦隊の物理的損害は、下記のように僅少なものに過ぎなかった。ただし、4日連続で攻撃を継続し、更にフィリピン空襲や防空戦闘も継続していたため、艦隊の将兵には疲労が蓄積しつつあり、第2群は群司令官がハルゼーに具申した窮状を認められ、空母バンカー・ヒルが後退した。これにより同群は同艦を欠いた状態でレイテ沖海戦に臨んだ。一方、第1群のワスプや第3群のレキシントンのように具申したものの後退が認められなかった例もあった。ハルゼーの脳裏には士気に及ぼす影響があった。

16日、ハルゼーはニミッツに宛てて「ラジオ東京が撃沈と報じた第3艦隊の全艦艇は、いまや海底から蘇って、目下、敵方へ向けて退去中」という電文を発信した。カール・ソルバーグによればこれはアメリカ側では有名な報告だと言う。

大本営発表[編集]

昭和19年10月12日17時20分
「本10月12日7時頃より優勢なる敵機台湾に来襲、15時半頃彼我交戦中なり。我部隊の収めたる戦果中13時までに判明せる撃墜敵機約100機なり」
昭和19年10月13日11時30分
「一、我が航空部隊は10月12日夜台湾東方海面に於て敵機動部隊を捕捉し夜半に亙り反覆之を攻撃せり。我方の収めたる戦果中現在迄に判明せるもの左の如し」
  • 撃沈 航空母艦1隻 艦種不詳1隻
  • 撃破 航空母艦1隻 艦種不詳1隻
「二、我方若干の未帰還機あり」
昭和19年10月14日17時
「我航空部隊は爾後引続き台湾東方海面の敵機動部隊を猛攻中にして現在迄に判明せる戦果(すでに発表せるものを含む)左の如し」
  • 轟撃沈 航空母艦3隻 艦種不詳3隻 駆逐艦1隻
  • 撃破 航空母艦1隻 艦種不詳1隻
昭和19年10月15日15時
「台湾東方海面の敵機動部隊は昨14日来東方に向け敗走中にして、我が部隊は此の敵に対し反覆猛攻を加へ戦果拡充中なり。現在までに判明せる戦果(既発表のものを含む)左の如し」
  • 轟撃沈 航空母艦7隻 駆逐艦1隻(註)既発表の艦種不詳3隻は航空母艦3隻なりしこと判明せり
  • 撃破 航空母艦1隻 戦艦1隻 巡洋艦1隻 艦種不詳11隻
昭和19年10月16日15時
「我部隊は潰走中の敵機動部隊を引続き追撃中にして現在迄に判明せる戦果(既発表の分を含む)左の如し」
  • 轟撃沈 航空母艦10隻 戦艦2隻 巡洋艦3隻 駆逐艦1隻
  • 撃破 航空母艦3隻 戦艦1隻 巡洋艦4隻 艦種不詳11隻
昭和19年10月17日16時
「我航空部隊は明16日台湾東方海面に於て新たに来援せる敵機動部隊を追撃し、航空母艦、戦艦各1隻以上を撃破せり」
昭和19年10月19日18時
「我部隊は10月12日以降連日連夜台湾及「ルソン」東方海面の敵機動部隊を猛攻し其の過半の兵力を壊滅して之を潰走せしめたり」
「(一)我方の収めたる戦果綜合次の如し」
  • 轟撃沈 航空母艦11隻 戦艦2隻 巡洋艦3隻 巡洋艦若(もしく)は駆逐艦1隻
  • 撃破 航空母艦8隻 戦艦2隻 巡洋艦4隻 巡洋艦若は駆逐艦1隻 艦種不詳13隻
  • 撃墜 112機
「(二)我方の損害 飛行機未帰還312機」
「(註)本戦闘を台湾沖航空戦と呼稱す」
昭和19年10月21日19時
「大元帥陛下には本日大本営両幕僚長を召させられ南方方面陸軍最高指揮官連合艦隊司令長官台湾軍司令官に対し左の勅語を賜りたり」
「勅語 朕カ陸海軍部隊ハ緊密ナル協同ノ下敵艦隊ヲ邀撃シ奮戦大ニ之ヲ撃破セリ 朕深ク之ヲ嘉尚ス 惟フニ戦局ハ日ニ急迫ヲ加フ汝等愈協心戮力ヲ以テ朕カ信倚ニ副ハムコトヲ期セヨ」

参加兵力[編集]

日本軍[編集]

日本海軍の部隊は制度上「艦隊」と称するが、このときの両部隊は陸上基地の航空機部隊である。
艦載機のみ。陸上基地より作戦。
誤報戦果により残敵掃蕩の任を帯びて日本本土より出撃したが、空振りに終わる(下記)。

アメリカ軍[編集]

損害[編集]

日本軍[編集]

  • 航空機 312機

アメリカ軍[編集]

結果[編集]

戦力

この航空戦で捷号作戦で期待されたT攻撃部隊のほとんどを消耗してしまった。それでも搭乗員80組が残っており、ただちに再編に着手するが、早くても10月末まで回復の見込みがなく、捷号作戦レイテ沖海戦で、第六基地航空部隊は精鋭のT攻撃部隊の活躍を期待できず、練度の低い混成の実働機300機にも及ばない航空兵力を主力として臨まなければならなくなった[11]。 また、T攻撃部隊の作戦として予定していた、米機動部隊が停泊して活動が不十分な夜間に奇襲する丹作戦の実行も不可能になった[12]

アメリカの戦史研究家サミュエル・モリソン『モリソン戦史』(History of United States Naval Operations in World War II)では、日本軍の空襲を最も激しい規模であると評価しつつ、「わが空母部隊の防御力が、、自らを護るのに十二分であることを、六月に続いて再度立証した」と紹介している[13]

同航空戦中、第一航空艦隊長官大西瀧治郎中将が新竹で味方の飛行機がバタバタ落とされるのを見て、技術的劣勢を知ったことが神風特攻隊創設理由の一つとする説があるが、副官の門司親徳によれば大西の見える距離でそのような展開はなかったという[14]。また、この戦いにおいて在フィリピンの第一航空艦隊(一航艦)は戦力約150機のうち約7割にあたる110機以上を失っており、連合軍艦隊との決戦のためフィリピンに突入してくる連合艦隊の上空直掩という任務を与えられていた一航艦は、この戦闘の結果その任務遂行能力を失い、日本軍の特攻戦術採用理由の一つとなった。[要出典]

戦果誤認

同航空戦では戦果を大きく誤認している。誤認の原因としては以下が挙げられる。夜間攻撃に予定されていた照明隊が吊光投弾使用の困難からほぼ実施されず、夜間索敵となったが、接触機もなく、攻撃避退、戦果確認が至難であり、自爆機の海面火災も誤認の原因となった[15]。捷号作戦では夜間攻撃が重視されていたが、元来夜間攻撃は目標戦果認識困難である上、練度も上達する時間的余裕がなかった。[16]米側のハルゼーも攻撃を受けた際に米艦隊が炎上した様子を見て大損害を受けたと誤認しており、日本の米機動部隊撃滅報告も無理のないことだった[17]

壊滅したはずの米戦力が発見されると連合艦隊(日吉)司令部で、連合艦隊航空参謀淵田美津雄中佐、軍令部航空参謀鈴木栄二郎中佐、第二航空艦隊兼T攻撃部隊航空参謀田中正臣少佐、連合艦隊情報参謀中島親孝少佐の4人で再検討が行われた。1949年7月31日に淵田美津雄マッカーサーからの質問に答えた陳述書によれば、田中を招致して、淵田と鈴木で田中の持参した資料を検討し、中島の意見も求め、その結果いくら上算しても空母4隻撃破程度で撃沈はまずあるまいと結着したという[18]。軍令部で現地に派遣調査させた三代辰吉も同様の判断をしたという[19]。連合艦隊参謀淵田美津雄大佐によれば、誤認について参謀長申進を以て注意をしており、10月17日「捷一号作戦警戒」発令で敵空母10隻健在のもと対処するように通達したため、連合艦隊、軍令部、各航空隊も敵空母健在と判断していたという[20]。戦後、田中正臣はこの再検討の際に話し合われた内容について「覚えていない。そういうこと(忘れてしまうこと)もある」と話している[21]

戦果誤認は以前から問題になっており、中澤佑軍令部部長によれば、連合艦隊司令部の報告から不確実を削除し、同司令部に戦果確認に一層配慮するように注意喚起していたが、同司令部より「大本営は、いかなる根拠をもって連合艦隊の報告した戦果を削除したのか」と強い抗議電が参謀長名で打電され、結局反論なくうやむやになっていたという[22]。軍令部参謀藤森康男によれば、疑念もあり軍令部作戦課はさらに検討を加えたが、さしあたり公的には現地部隊報告を基礎に資料作成するほか名案もなかったという[23]

陸軍では、大本営情報参謀であった堀栄三の回想によれば、台湾沖航空戦中にたまたま鹿児島に滞在していたところ、鹿屋で実際の航空兵から戦果確認方法について聞き取り調査を行い内容に疑問を持ち、「当該戦果は重巡数隻程度と推測」と戦闘中に既に陸軍参謀本部情報課に連絡し、その後情報課から作戦課へ報告がされたが、省みられることがなかったという。

陸軍は誤認戦果と知らずにルソン島での迎撃方針をレイテ島での決戦に変更し、第1師団第26師団をはじめとする決戦兵力をレイテ島へ輸送した。しかし、第1師団を除く大半が輸送途中に空襲を受け、重装備や軍需品を海上で喪失、懸命に積み上げてきた決戦準備は水の泡となった。さらに、ルソン島で兵力が引き抜かれた穴を補うため、台湾から第10師団をルソン島へ投入、玉突きで沖縄から第9師団を台湾へ移動させた。こうして結果的に沖縄戦での戦力不足の原因ともなった。 また、この戦果が虚報であることがフィリピンの山下奉文大将に出張時に報告され、現場と、虚報を前提にして作戦立案した大本営との方針対立を招く一因となった。

脚注[編集]

  1. ^ 戦史叢書37 海軍捷号作戦(1)台湾沖航空戦まで 307-309頁
  2. ^ 戦史叢書45大本営海軍部・聯合艦隊(6)第三段作戦後期 290頁、戦史叢書37海軍捷号作戦(1)台湾沖航空戦まで309-310頁
  3. ^ 戦史叢書37海軍捷号作戦(1)台湾沖航空戦まで209-210頁
  4. ^ 戦史叢書37海軍捷号作戦(1)台湾沖航空戦まで321頁
  5. ^ 戦史叢書37海軍捷号作戦(1)台湾沖航空戦まで209-210頁
  6. ^ カール・ソルバーグ『決断と異議』P94
  7. ^ 戦史叢書37海軍捷号作戦(1)台湾沖航空戦まで620頁
  8. ^ サミュエル・エリオット・モリソン『モリソンの太平洋海戦史』光人社310頁
  9. ^ 『決断と異議』P93
  10. ^ 柳田邦男『零戦燃ゆ』5巻P205
  11. ^ 戦史叢書37海軍捷号作戦(1)台湾沖航空戦まで712頁
  12. ^ 戦史叢書45大本営海軍部・聯合艦隊(6)第三段作戦後期545-547頁
  13. ^ 柳田邦男『零戦燃ゆ』5巻P223
  14. ^ 門司親徳『回想の大西滝治郎 第一航空艦隊副官の述懐』光人社25頁
  15. ^ 戦史叢書45 大本営海軍部・聯合艦隊(6)第三段作戦後期 448-449頁
  16. ^ 戦史叢書37 海軍捷号作戦(1)台湾沖航空戦まで 721-722頁
  17. ^ 戦史叢書37 海軍捷号作戦(1)台湾沖航空戦まで 722頁
  18. ^ 戦史叢書37 海軍捷号作戦(1)台湾沖航空戦まで 716頁
  19. ^ 戦史叢書45 大本営海軍部・聯合艦隊(6)第三段作戦後期 448頁
  20. ^ 戦史叢書37 海軍捷号作戦(1)台湾沖航空戦まで 728頁
  21. ^ NHK製作テレビ番組『幻の大戦果 大本営発表の真相』インタビュー
  22. ^ 戦史叢書37 海軍捷号作戦(1)台湾沖航空戦まで 726頁
  23. ^ 戦史叢書45大本営海軍部・聯合艦隊(6)第三段作戦後期 447頁

参考文献[編集]

堀の情報を握り潰した件について戦後謝罪を受けたという堀の回想が、P130付近にある。
誤認戦果について資料批判を交えつつその原因について評論。
  • 堀栄三 「Ⅳ」『大本営参謀の情報戦記』 文藝春秋〈文春文庫〉、1996年(初出1989年)、ISBN 4167274027
  • 碇義朗 「台湾沖航空戦・幻の戦果」『レイテ沖海戦(歴史群像太平洋戦史シリーズ9)』 学習研究社、1995年、ISBN 4054012655
  • カール・ソルバーグ 『決断と異議 レイテ沖のアメリカ艦隊勝利の真相』 高城肇訳、光人社、1999年(原書は1995年の単行本)、ISBN 4769809344
著者はTIME誌記者を経て軍に志願、空中戦闘情報(ACI)将校として南西太平洋軍に勤務、本海戦時は第3艦隊司令部に配属され旗艦ニュージャージーに乗組み従軍した。
同名の番組(NHKスペシャル、2002年8月13日総合テレビにて放送)を元にまとめたもの。
  • 神野正美 『台湾沖航空戦 T攻撃部隊 陸海軍雷撃隊の死闘』 光人社、2004年、ISBN 4769812159
  • 大井篤 「第7章 南方ルート臨終記」内「25 台湾沖航空戦祝盆の陰に」『海上護衛戦』 学習研究社学研M文庫〉、2001年(初出1953年、以後1975年、1983年、1992年にも再版。)、ISBN 4-05-901040-5

関連項目[編集]

外部リンク[編集]