日本水産

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本水産株式会社
Nippon Suisan Kaisha, Ltd.
種類 株式会社
市場情報
東証1部 1332 1949年5月16日上場
大証1部(廃止) 1332 1949年5月14日 - 2013年7月12日
略称 日水、ニッスイ
本社所在地 105-8676
東京都港区西新橋1-3-1
西新橋スクエア[1]
設立 1943年昭和18年)3月31日
(日本海洋漁業統制株式会社)
業種 水産・農林業
事業内容 水産事業
食品事業
物流事業
ファイン事業
代表者 細見典男(代表取締役社長)
資本金 237億29百万円
売上高 連結:5,380億30百万円
単独:3,300億64百万円
純資産 連結:639億32百万円
単独:402億61百万円
総資産 連結:4,008億85百万円
単独:2,923億29百万円
従業員数 連結:10,513人 単独:1,236人
決算期 3月31日
主要株主 日本マスタートラスト信託銀行(株)(信託口) 8.67%
日本トラスティ・サービス信託銀行(株)(信託口) 5.73%
(株)みずほコーポレート銀行 3.84%
(2012年3月31日現在)
主要子会社 日水製薬(株) 56.0%
日本クッカリー(株) 100%
日水物流(株) 100%
関係する人物 田村市郎
外部リンク www.nissui.co.jp
特記事項:各種経営指標は2012年3月期のもの
テンプレートを表示

日本水産株式会社にっぽん・すいさん、英称:Nippon Suisan Kaisha, Ltd.)は、東京都港区に本社を持つ水産、食品会社。

概要[編集]

水産事業、加工事業、物流事業、医薬品事業や船舶の建造・修繕および運航とプラント機材他の販売を行っている。一般的にブランド名ニッスイの名前で知られている。

沿革[編集]

  • 1911年明治44年) - 久原房之助の兄である田村市郎が「田村汽船漁業部」を下関に創立、國司浩助らとトロール漁業経営を始める(日本水産株式会社の創業)
  • 1919年大正8年) - 「田村汽船漁業部」組織変更し、「共同漁業株式会社」となる。
  • 1920年(大正9年) - 下関に早鞆水産研究会(日本水産株式会社中央研究所の源流)を創立
  • 1926年(大正15年) - カニ母船「神宮丸」「厳嶋丸」が出漁(「カニのニッスイ」の始まり)
  • 1929年昭和4年) - 漁業根拠地を下関から戸畑へ移転
  • 1934年(昭和9年) - 「日本捕鯨株式会社」(のちの日本水産株式会社捕鯨部門)が南氷洋捕鯨に初出漁
  • 1937年(昭和12年) - 「共同漁業株式会社」から「日本水産株式会社」へ改称
  • 1942年(昭和17年) - 水産統制令に基づき「帝国水産統制株式会社」(後の株式会社ニチレイ)を設立、冷蔵・販売部門を譲渡
  • 1943年(昭和18年) - 水産統制令に基づき漁労部門を中心に「日本海洋漁業統制株式会社」を設立
  • 1945年(昭和20年) - 「日本海洋漁業統制株式会社」を水産統制令廃止に伴い「日本水産株式会社」の社名に復活す。
  • 1949年(昭和24年) - 東京証券取引所に株式を上場
  • 1974年(昭和49年) - 北米での調達・販売の拠点としてNippon Suisan(U.S.A.)社をワシントン州シアトルに設立
  • 同年 - 北米での生産・調達・販売の拠点としてUniSea社をワシントン州レドモンドに設立
  • 1976年(昭和51年) - 捕鯨部門を分離、日本共同捕鯨株式会社に統合
  • 同年 - 海運事業を日水海運株式会社に集約し、のちに「日水船舶株式会社」に改称
  • 1978年(昭和53年) - 南米のトロール漁業拠点としてEMDEPES社をチリに設立
  • 1981年(昭和56年) - 東南アジアの調達拠点としてNISSUI SINGAPORE社を設置
  • 同年 - アルゼンチン・パタゴニア沖漁業の拠点としてPESPASA社をブエノスアイレスに設立
  • 1988年(昭和63年) - アルゼンチン沖での洋上すりみ生産のため、PESANTAR社をブエノスアイレスに設立
  • 1989年平成元年) - ヨーロッパの販売拠点としてNISSUI EUROPE社をオランダ・アムステルダムに設立
  • 1995年(平成7年) - ベトナム国営企業GIRIMEXとの合弁でMINH HAI NIGICO社を設立
  • 1998年(平成10年) - コンビニエンスストアチェーン向けの米飯工場・麺工場(ニッスイの子会社4社)を再編統合し、日本クッカリー株式会社を設立
  • 2001年(平成13年)1月 - ニュージーランドの水産会社シーロード社の株式を50%を取得
  • 2006年(平成18年)3月 - 共和水産を業務提携
  • 同年4月 - デンマークのNordic Seafood社、アメリカ合衆国のF.W.BRYCE社、ブラジルのNordsee社の株式をそれぞれ取得
  • 2007年(平成19年)4月 - グループの物流機能を集約して日水物流㈱を設立
  • 2009年(平成21年)4月 - 日本化学飼料株式会社より全面的に事業譲渡を受け、受け皿となる子会社北海道ファインケミカル株式会社を設立して、ファインケミカル事業の拡大を開始
  • 2011年(平成23年)8月 - 創業100年記念事業の一環として、福岡県北九州市戸畑区に「ニッスイパイオニア館」を開設
  • 2014年(平成26年)8月 - 本社を東京都港区西新橋の西新橋スクエアへ移転[1]

関連会社[編集]

日本水産福岡支社北九州営業所(旧共同漁業ビル)
  • 株式会社北九州ニッスイ
  • ニッスイマリン工業株式会社
  • 日水物流株式会社
  • 金子産業株式会社
  • 共和水産株式会社
  • キャリーネット株式会社
  • 大分中央水産株式会社
  • 日豊食品工業株式会社
  • 長崎造船株式会社
  • 黒瀬水産株式会社
  • 株式会社北陸フレッシュフーズ
  • ケイ低温フーズ株式会社
  • 山津水産株式会社
  • 株式会社群馬フレッシュフーズ
  • 株式会社ホウスイ
  • 日水製薬株式会社
  • ニッスイ・エンジニアリング株式会社
  • ニッスイ・フード・システム株式会社
  • 株式会社チルディー
  • 横浜通商株式会社
  • 日本海洋事業株式会社
  • 日本クッカリー株式会社
  • 株式会社ハチテイ
  • 株式会社ハチカン
  • モガミフーズ株式会社
  • 株式会社北海道日水
  • 北海道ファインケミカル株式会社(北海道FC)
  • 株式会社マルサ笹谷商店
  • 西南水産株式会社
  • 株式会社東京キタイチ
  • 博多まるきた水産株式会社
  • 株式会社水産流通
  • 株式会社大水
  • 丸魚水産株式会社
  • 株式会社クラハシ
  • 広島水産株式会社
  • デルマール株式会社
  • 株式会社十味惣
  • クニヒロ株式会社
  • 株式会社金子食品
  • 東京水産運輸株式会社

提供番組[編集]

かつて保有していた船舶[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 本社移転に関するお知らせ日本水産株式会社

外部リンク[編集]