西新橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本 > 東京都 > 港区 > 西新橋

西新橋(にししんばし)は、東京都港区の地名。住居表示実施済み区域であり、西新橋一丁目から三丁目に分かれている。当地域の人口は、1,079人(2009年4月1日現在、住民基本台帳による。港区調べ)。

概要[編集]

町域の大半はオフィスビルが立ち並ぶビジネス街となっており、会社員向けの飲食店なども集まっている。

西新橋は、1965年(昭和40年)の住居表示実施の際に、従前の芝田村町を中心とする区域に新しく命名された町名である。町名を決定する際に、港区は田村町とせず、新橋の西側に位置することから西新橋と命名した。

歴史[編集]

現在の西新橋の一帯は、1965年までは田村町と呼ばれ、それ以前には「桜田」を冠称する多くの町があった。

  • 1794年寛政2年) - 麹町から出火した大火により類焼した桜田七か町(桜田太左衛門町・久保町・善右衛門町・和泉町・鍛冶町・備前町・伏見町)が現在の西新橋の地に移転してくる。
  • 1827年文政10年) - 本郷五・六丁目が火除地として召し上げられ、一部が移転して幸橋御門外本郷六丁目代地が成立する。
  • 1868年明治元年) - 東京府成立に伴い、当地域は東京府の所属となる。
  • 1869年(明治2年) - 本郷六丁目代地が桜田本郷町と改称する。
  • 1873年(明治5年) - 佐久間小路と呼ばれていた武家地に南佐久間町一・二丁目が、田村右京太夫(田村宗良)屋敷に因み田村小路と呼ばれていた武家地に田村町が成立する。桜田本郷町が大的場跡を合併する。芝新銭座・川口町・湊町の一部が移転し、新桜田町が成立する。
  • 1878年(明治11年) - 芝区成立に伴い、当地域は東京府芝区の所属となる。
  • 1889年(明治22年)5月1日 - 東京市成立に伴い、当地域は東京市芝区の所属となる。
  • 1923年大正12年)9月1日 - 関東大震災により桜田地区はほとんど焦土と化す。
  • 1932年昭和7年)12月1日 - 関東大震災後の復興のための大規模な町名整理が行われ、桜田地区の数多くの町が消滅し、従来の田村町の隣に、新たに田村町一丁目から田村町六丁目が成立する。
  • 1947年(昭和22年) - 芝区が赤坂区麻布区と合併して新たに港区が成立。それに伴い町名に「芝」の冠称がつく。
  • 1956年(昭和31年) - この年から翌年にかけて、桜田地区の残余部分(芝新桜田町・芝桜田太左衛門町など)が芝田村町に編入され消滅する。
  • 1965年(昭和40年)7月1日 - 住居表示が実施され、芝田村町に周辺の芝南佐久間町などをあわせて現在の西新橋が成立する。

震災復興期の桜田地区(田村町)の町名の変遷[編集]

実施後 実施年月日 実施前(各町名ともその一部)
田村町一丁目 1932年12月1日 桜田本郷町、新桜田町、新幸町、外堀埋立地
田村町二丁目 桜田伏見町、桜田和泉町、桜田鍛冶町、桜田久保町、桜田備前町、
桜田善右衛門町、桜田太左衛門町、兼房町
田村町三丁目 南佐久間町二丁目
田村町四丁目 田村町
田村町五丁目 愛宕町二丁目、愛宕町三丁目
田村町六丁目 愛宕町二丁目、愛宕町三丁目

住居表示実施前後の町名の変遷[編集]

実施後 実施年月日 実施前(各町名ともその一部)
西新橋一丁目 1965年7月1日 芝田村町一丁目、芝田村町二丁目、芝南佐久間町一丁目
西新橋二丁目 芝田村町、芝田村町三丁目、芝田村町四丁目、芝南佐久間町二丁目
西新橋三丁目 芝田村町五丁目、芝田村町六丁目、芝愛宕町二丁目、芝公園

施設・名所[編集]

西新橋一丁目
西新橋二丁目
西新橋三丁目

交通[編集]

鉄道
バス

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]