竹輪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
一般的な焼き竹輪(生食用)

竹輪(ちくわ)は、魚肉すり身を竹など棒に巻きつけて焼いたもの、または蒸した加工食品。魚肉練り製品のひとつ。串を抜くと筒状になり、竹の切り口に似ているためこの名が付いた。

歴史[編集]

竹輪の起源は弥生時代とも平安時代ともいわれはっきりしないが、いくつかの室町時代以降の書物に蒲鉾という名で記されている。江戸時代前には形状がの穂に似ていたため蒲鉾と呼ばれていた。

後に、板の上にすり身をのせた形状の板蒲鉾(現代の蒲鉾)が現れ、それと区別するために竹輪蒲鉾と呼び、略して竹輪と呼ばれるようになった。江戸時代までは高級品だった。

白身の魚を原料とするため、低脂肪、高タンパクの健康的な食品として、海外でも人気が出始めている。

製法・種類[編集]

スケトウダラ(スケソウダラ)サメトビウオホッケなどの魚肉に砂糖デンプン卵白などを加えて練り、竹製や金属製の太い串に棒状に塗りつけ、焼くか蒸し上げる。焼いたものは焼き竹輪と呼ばれ、蒸したものは蒸し竹輪、白ちくわなどと呼ばれる。現代の主流は焼き竹輪であり、ほとんどの場合機械によって自動的に焼き上げられる。保存の際、冷凍される焼き竹輪は冷凍焼き竹輪と呼ばれ、冷凍しないものは生ちくわと呼ばれる。地域によって用いる魚、形、味にそれぞれ特徴がある。

各地の竹輪[編集]

  • 大手メーカーの竹輪では、煮込み用の大きいサイズ(焼色が全体に点在する)と、主に生食用の長さ太さ共に小さいサイズ(長手方向の中央付近に焼き色がつく。5本入りなどで販売される)とがある。
  • 青森県では、牡丹焼きといわれる独自の製法で製造されるぼたんちくわ(牡丹ちくわ、ぼたん焼きちくわ)がある。原料は主にスケトウダラ。焼き上がりが牡丹のような鮮やかな斑柄の仕上がりとなる。
  • 島根県の野焼きちくわ、広島県竹付き鯛ちくわ、岡山県の豆ちくわ、山陰の手握りちくわ、とうふ竹輪あご竹輪熊本県の日奈久ちくわ、愛知県の豊橋竹輪、徳島県の竹ちくわなど、日本では各地で作られる。下関市では、通常のチクワ、竹チクワのほかイワシのすり身で作る灰色のチクワがある。
  • 鳥取県東部と長崎県の一部ではすり身に豆腐を加えた豆腐ちくわが製造されている。
  • ビタミンAビタミンEなどを含んだ魚油が添加された「ビタミンちくわ」が、特に長野県ではよく消費されている。スギヨ石川県)が1952年に開発したもので(能登スギヨ、ちくわ百年物語)、愛知県ではヤマヨ食品(「丸辰」ビタミンちくわ)などが製造しており、大手の紀文食品も長野県向けに「ビタミンちくわ」を販売している。いずれも長野県外での生産であるが、生産地よりも長野県での消費が多いのが共通した特徴である。
  • 愛媛県八幡浜市の「皮ちくわ」は竹輪の魚肉を取り去った後に残る皮を10本程を竹に巻き、焼き上げたもので、味わいが異なる。
  • 愛媛県四国中央市には、魚肉以外に、エビのすり身を数%加えた「えびちくわ」がある。
  • 徳島県小松島市の名産品にに魚のすり身を巻きつけて焼き、竹を抜かない竹ちくわがある。
  • 日本以外では中華人民共和国などで製造されている。

利用[編集]

七輪で調理される竹輪
七輪で調理される竹輪
製造例
製造例
おつまみとしての販売(横浜スタジアム、2007年)
おつまみとしての販売(横浜スタジアム、2007年)
どんぐり製のちくわパン
どんぐり製のちくわパン

そのままで食用になるほか、おでん筑前煮煮物ちらし寿司うどん焼きそば野菜炒めカレーなどの具として使用されることが多い。煮物に使うとよく出汁が出る。

青海苔を加えた衣を付けて天ぷらにしたものはちくわの「磯辺揚げ」と呼ぶ。海苔弁当学校給食などで見られる。

また、穴に細切りにしたキュウリチーズソーセージマヨネーズ辛子明太子などを詰めて酒肴やおかずにすることもよく行われる。
七輪で炙り、食されることもある。

竹輪の加工品[編集]

  • 竹輪の穴にチーズを挟んだものは「チーズちくわ」と呼ばれる。
  • 竹輪の皮にチーズを挟んだものは「チーちく」(株式会社紀文食品のみ製造・販売。商品名である。)と呼ぶ。
  • 北海道では、ちくわの穴にツナマヨネーズを詰めたものをロールパンの中心部に入れて焼いた「ちくわパン」が販売される。これは、札幌市白石区のパン屋「どんぐり」が発祥で、ヒット商品となり、その後大手製パン業社でも製造され、小売店・コンビニエンスストアでも販売される。ファミリーマートでは、2009年9月にちくわの上にマヨネーズをかけて焼いたものを全国販売した。翌10月ローソンがツナマヨも入ったものを発売した。セイコーマートスパーでも販売される。
  • 熊本県などでは、竹輪の穴に切り込みを入れてポテトサラダを挟み、天ぷらにした「ちくわサラダ」が販売されている。

製造者の例[編集]

その他[編集]

  • 竹輪に似た食品にちくわぶ(竹輪麩)があるが、ちくわぶは小麦粉を原料とする麩の一種であり、魚肉練り製品ではない。
  • 「ちくわ」と読む国字和製漢字)として、「魚偏」を1字にした文字がある。この字は今昔文字鏡66807番)や、グリフウィキ該当ページ)に収録されている。
  • 穴が開いていて風通しが良いことから転じて、発言を聞き流してしまう人に対して「竹輪の耳」を持つ人と呼ぶことがある。

関連項目[編集]