ガマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
から転送)
移動: 案内検索
ガマ
Typha latifolia 02 bgiu.jpg
ガマ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 単子葉植物綱 Liliopsida
: ガマ目 Typhales
: ガマ科 Typhaceae
: ガマ属 Typha
: ガマ T. latifolia
学名
Typha latifolia L.[1]
和名
ガマ(蒲、香蒲)

ガマ(蒲、香蒲、学名:Typha latifolia L.)は、ガマ科ガマ属多年草抽水植物である。円柱状の穂は蒲の穂と呼ばれる。

分布[編集]

北半球の温暖な地域やオーストラリアと日本の北海道から九州の広範囲に分布する[2]。池や沼などの水辺に生える。

特徴[編集]

葉は高さ1-2 mで、水中の泥の中に地下茎をのばす。夏に茎を伸ばし、円柱形の穂をつける。穂の下部は赤褐色で太く、雌花の集まりでありソーセージに似た形状である。穂の上半分は細く、雄花が集まり、開花時には黄色い葯が一面に出る。風媒花である。雄花も雌花も花びらなどはなく、ごく単純な構造になっている。雌花は結実後は、綿クズのような冠毛を持つ微小な果実になる。この果実は風によって飛散し、水面に落ちると速やかに種子が実から放出されて水底に沈み、そこで発芽する。 また、強い衝撃によって、種が飛び散ることもある。

メイガ科(あるいはツトガ科)のニカメイガ(Asiatic rice borer, Chilo suppressalis)、ヤガ科オオチャバネヨトウNonagria puengeleri)などの幼虫の食草である[3]。魚類などの産卵場所や避難場所として利用され、栄養塩類の除去などの水質浄化に役立っている[3]

利用方法[編集]

花粉には、イソラムネチン、α-ティファステローム、β-シトステロール、ブドウ糖などの成分が含まれる[2]。花粉は生薬としては「蒲黄」(ほおう)と呼ばれる。内服すると利尿作用、通経作用があるとされる。雌花の熟したものは綿状(毛の密生した棒様のブラシ状)になり、これを穂綿と呼ぶ。日本神話因幡の白兎の説話では、毛をむしり取られた兎に対して大国主は蒲黄を体につけるように助言している。しかし、唱歌の「大黒さま」の中ではそれが「がまのほわた」となっており、両者は混同されていたことがわかる(もっとも、摘みたての「がまのほ」に触ると大量の黄色い花粉がつく)。

蒲の穂を乾燥させて、蚊取り線香の代用として使われる事もある。

ガマ属の種[編集]

ガマ属(Typha)の日本で見られる主な種は以下である[4] 。これらは日本全土の池や沼に分布し、高さ1.5-2 mの多年草で、花期は6月-8月、ガマが最も早く、ヒメガマ、コガマと続くとされる。雌花序と雄花序が離れて花茎の軸が見えるのがヒメガマ、雌花序と雄花序が連続しており、雌花序の長さが10-20 cmのものがガマ、6-10 cmのものがコガマと識別できる。種によって酸素漏出速度が異なり、生育している土壌に与える影響が異なる[5]

  • ガマ(学名 Typha latifolia L.)
  • ヒメガマ(学名 Typha domingensis Presl)[6]
  • コガマ(学名 Typha orientalis L.)[7]

その他[編集]

「蒲の穂」は「かまぼこ」の語源である。当時のかまぼこは現在と形が異なり細い竹にすり身を付けて焼いた食べ物を指していた。これは現在のちくわにあたる。ちくわと蒲の穂は色と形が似ている。

関連画像[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Typha latifolia L.” (英語). ITIS. 2011年11月21日閲覧。
  2. ^ a b ガマ”. やなぎ堂薬局. 2011年11月21日閲覧。
  3. ^ a b ガマの生態 (PDF)”. 農林水産省. pp. 41. 2011年11月21日閲覧。
  4. ^ 取手市植物図鑑”. 取手市. 2011年11月21日閲覧。
  5. ^ 水辺に生きる植物たちのはたらき (PDF)”. 国立環境研究所. 2011年11月21日閲覧。
  6. ^ ヒメガマ”. 熊本大学薬学部 (2002年8月). 2011年11月21日閲覧。
  7. ^ ガマ”. 飯田市. 2011年11月21日閲覧。

関連項目[編集]