今昔文字鏡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

今昔文字鏡(こんじゃくもじきょう)は、エーアイ・ネットが開発し、販売する(単漢字15万字版までの商品・インデックスフォントについては紀伊國屋書店が販売)、Windows用の漢字検索ソフトと印字用フォントを組み合わせた入力、印字用アプリケーションソフトウェア。最新版の収録字数は17万字以上である。

概要[編集]

漢字を中心とした10万種を超える大規模文字集合をパソコンで扱うことを目的に設計したソフトウェアである。日本語Shift_JISのコードポイントに諸橋轍次編の『大漢和辞典』の全収録字、日本国字簡体字方言字甲骨文字篆書などの各種漢字、チュノム水族文字、梵字西夏文字変体仮名台湾語仮名など各種の文字グリフを割り当てたフォントを複数用意し、フォント名を切り換えながら表示をするシステムを用いている。印字に使いたい場合は、フォント指定が可能なワープロソフト上に入力して使用する。

フォント指定ができないソフトウェアで情報交換を行うために、全ての文字に一意な番号が通称「文字鏡番号」として付与しており、ISO/IEC 10036にも反映している。 これらの文字番号の内、『大漢和辞典』(修訂第二版)に収録している文字は、『大漢和辞典』とほぼ一致している。但し異なっている字形もあり、例えばMorohashi Daikanwa 00117.svg(大漢和辞典 第一巻 117)では上に「日」のような字形が乗っている字形となっている[1]。 『大漢和辞典』で重複登録している文字には番号は附さず、ダッシュ付き番号(514字)や『大漢和辞典 補巻』に収録している文字(804字)については文字番号は一致していない(ダッシュ付番号については下記リンクの大漢和辞典の文字番号を参照)。補巻に収録している文字は今昔文字鏡ではばらばらに付番している。字形が異なるものさえある。

改訂を何度か行い、削除または番号が変更した文字がある。文字鏡フォントを用いた文書はフォントの版に注意する必要がある。

明朝体フォントおよび一覧表を表示する簡易入力ソフトウェア『Mojikyo Character Map』は、当初は文字鏡フォントセンターから無償でダウンロードできたが、2008年3月に無償ダウンロードを打ち切った[2]

有償の検索ソフトでは、漢字の部品、読み、画数などを用いた検索が可能で、篆書体フォントを添付している。

別売りの楷書フォントを販売している。

有償ソフトには、その他、Unicode文字(拡張漢字Bまで対応)のみを検索・出力できる『今昔文字鏡 UnicodeEdition』もあり[3]、文字グリフがUnicodeのコードポイントと同じ位置に配置したフォントもラインナップしている。

TRONコードで一部を採用していた。現在ではライセンスの問題で削除している。

本ソフトの有償版はパソコンソフトの形で流通している。紀伊國屋書店が販売元となっていた[4]こともありこれには書籍と同様にISBNコードを付しており、書店経由でも購入することが出来るようになっている。

歴史[編集]

  • 1985年 - 古家時雄が株式会社エーアイ・ネットを設立し開発を開始
  • 1997年 - 大修館書店から『大漢和辞典』番号の使用許可を得て『今昔文字鏡』Ver.1.0を発売。収録字数は8万字弱。同年、紀伊國屋書店が販売元となる契約を締結して販売ルートが確立。
  • 1999年 - TrueTypeフォントを搭載した『今昔文字鏡』Ver.2.0を発売。
  • 2001年 - 西夏文字を収録した『今昔文字鏡 単漢字10万字版』を発売。収録字数約102,300字。同年楷書フォントも発売。Web上のデータベース『文字鏡Web』を始動。
  • 2002年 - 収録字数を126,560字に拡大(2002年10月現在)。
  • 2006年 - 漢字を15万字に拡張した『今昔文字鏡 単漢字15万字版』(Ver.4.0) を発売。また、出版物上で使用するためのフォントライセンスを付与したプロフェッショナル版『Indexfont Ver. 1.0』[5]を発売(収録文字数は16万字強)。収録文字数は174,975字(2006年9月現在)。
  • 2008年 - 3月末に『文字鏡Web』のサービスを終了[6]。6月初に文字鏡独自収録文字を除き、Unicode文字のみを検索・出力できる『今昔文字鏡 UnicodeEdition』を発表[7]
  • 2009年 - 漢字を16万字に拡張した『今昔文字鏡 単漢字16万字版』を発売。
  • 2010年3月15日 - プロフェッショナル版『Indexfont Ver. 2.0』[8]を発売。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 今昔文字鏡000117
  2. ^ 安岡孝一「失われた文字コード」、『漢字文献情報処理研究』第11号、2010年10月、pp.76-81。
  3. ^ 当初ダウンロード販売のみだったが後にパッケージ版も発売した。
  4. ^ 「インデックスフォント プロフェッショナル版」については現在も紀伊國屋書店が販売元となっている。
  5. ^ XP[32ビット版](NT5.1)・Vista(NT6.0)[32ビット版]にのみ対応。「Windows XP Mode」上での動作についてはサポート対象外。
  6. ^ 文字鏡WEB概要”. 2008年4月1日閲覧。
  7. ^ 今昔文字鏡UnicodeEdition(WindowsNT-2000-XP-Vista - 文書作成)”. 2008年11月23日閲覧。
  8. ^ XP(NT5.1)・Vista(NT6.0)[32bit版]・7(NT6.1)[32 / 64bit版]にのみ対応。XP x64 Edition(NT5.2)・Vista(NT6.0)[64bit版]および「Windows XP Mode」上での動作についてはサポート対象外。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 古家時雄「今昔文字鏡の開発と普及の経緯」『人文学と情報処理』第24号、勉誠出版、1999年9月、pp.. 74-78。
  • 谷本玲大「JIS以外の文字コード 今昔文字鏡」『bit』2001年4月号別冊、小林龍生・安岡孝一・戸村哲・三上喜貴編「インターネット時代の文字コード」東京、共立出版、2001年4月、ISBN 4-320-12038-8

関連出版物[編集]

フォントファイルなどを収録したCD-ROMを添付している。

  • パソコン悠悠漢字術(1999年4月30日、文字鏡研究会編、紀伊國屋書店発行)ISBN 4-314-10136-9
  • パソコン悠悠漢字術2001(2000年12月8日、文字鏡研究会編、紀伊國屋書店発行)ISBN 4-314-10142-3
  • パソコン悠悠漢字術2002(2002年4月25日、文字鏡研究会編、紀伊國屋書店発行)ISBN 4-314-10149-0

外部リンク[編集]